799件中 51 - 60件表示
  • 湯川 (上田市)

    湯川 (上田市)から見た住宅住宅

    BOD(生物化学的酸素要求量)は1987年(昭和62年)以降、3から4 mg/Lを推移している。しかし、それ以前は4から6 mg/Lと、上田市の基準値である3 mg/Lを上回っていた。温泉街や川沿いの住宅からの生活排水が流入していることが水質汚濁の原因であったことから、上田市の指導のもと、地域一丸となって排水処理に取り組んだ結果、改善に転じたのである。1995年(平成7年)には公共下水道の使用が開始され、1997年(平成9年)度末までに別所温泉街にあるすべての旅館が下水道に接続。流域の一般家庭についてもその86パーセントが下水道に接続している。湯川 (上田市) フレッシュアイペディアより)

  • PHスタジオ

    PHスタジオから見た住宅住宅

    1984年、川俣正の初期のプロジェクトのアシスタントメンバーが独立し、結成される。同年、個展「家具φ展」(ヒルサイドギャラリー:東京)でデビュー。作品の範囲は、家具製作や住宅設計、ランドスケープ、アート・プロジェクトなど多岐にわたる。メンバーは、池田修、中川達彦、細淵太麻紀、小杉浩久。PHスタジオ フレッシュアイペディアより)

  • 中津峡 (埼玉県)

    中津峡 (埼玉県)から見た住宅住宅

    樹木はウルシノキ、ナナカマド、モミジなどが観賞できる。埼玉県指定名勝であり、観光地として、渓流釣り(イワナ、マス、ヤマメなど)、山菜採り、紅葉狩り、栗拾いが楽しめる。キャンプ場、サッカーやソフトボールが出来るグラウンド、日帰り温泉入浴施設(遊湯館)などがある。平賀源内設計の住居「源内居」、体験型学習施設「彩の国ふれあいの森」(宿泊施設あり、炭焼きなどを体験できる)などがある。中津峡 (埼玉県) フレッシュアイペディアより)

  • 山陽団地

    山陽団地から見た住宅住宅

    山陽団地(さんようだんち)は、岡山県赤磐市山陽にある住宅団地。山陽団地 フレッシュアイペディアより)

  • 動線

    動線から見た住宅住宅

    交差:異なる動線が交わることである。たとえば病院などでは、動線の交差を極力なくすことが利便性の向上・事故や院内感染の防止・機密の保持などにつながる。また、デパートで客の目の前をせわしなくスタッフが行き交ったり商品が頻繁に搬送されるようなことは避けるべきであるし、テーマパークで裏方が露出しては興醒めである。その一方で、学校や住宅などでは、敢えて利用者同士が対面しやすくする場を設けることでコミュニケーションを円滑にするなどの工夫もなされる。動線 フレッシュアイペディアより)

  • インテリアデザイン科

    インテリアデザイン科から見た住居住宅

    インテリアデザイン科は、日本の学校等にある学科の名称。主には専修学校に設置され、建築と住居や乗物のインテリア・内装などのデザインを習得する。インテリアデザイン科 フレッシュアイペディアより)

  • 河越館

    河越館から見た住居住宅

    川越市教育委員会による1971年(昭和46年)から1975年(昭和50年)にかけての発掘調査によって、平安時代末期から戦国時代にかけての堀や井戸、住居などの遺構が検出され、『新編武蔵風土記稿』が上戸村常楽寺の挿絵として描いた河越館跡のほぼ全容が解明されるに至った。河越館 フレッシュアイペディアより)

  • 御所野遺跡

    御所野遺跡から見た住居住宅

    御所野遺跡は、一戸町の農工団地造成計画にともない1989年(平成元年)から町教育委員会によって事前調査が開始された。その結果、遺跡の重要性が認められ、翌平成2年(1990年)度から平成4年(1992年)度まで、遺跡保存も考慮に入れて遺跡範囲やその内容を確認するための発掘調査が実施された。調査の結果、配石遺構を中心として掘立柱建物群、さらにその外環に住居群が配置された大規模な集落跡であることが明らかになり、町では開発か保存かの論議に二分されたが、1992年に遺跡を保存し史跡公園として活用することを決断した。御所野遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 若小玉古墳群

    若小玉古墳群から見た住居住宅

    特徴として、この地域にあった面積の狭いローム台地の上に、住居跡などと共に密集して築かれていることがある。三宝塚古墳は住居跡の上に築造されていた。若小玉古墳群 フレッシュアイペディアより)

  • 長島 (岡山県)

    長島 (岡山県)から見た住宅住宅

    この2つの療養所の施設として、病棟、患者・職員の住宅、作業場、慰安・娯楽施設、看護学校などが建設された。また、以前からの農耕地が患者の農園となった。水道水は本土の吉井川から水道管で送られている。本土からわずか200mの距離にありながらハンセン病への差別・誤解によって隔絶されていたが、全長185mの邑久長島大橋が1988年5月9日に開通して本土と陸続きになった。1996年のらい予防法改正によって患者の入所は義務ではなくなったが、長期間の隔離によって出所は困難になっており2005年現在で合計685名が入所している。長島 (岡山県) フレッシュアイペディアより)

799件中 51 - 60件表示

「住まい」のニューストピックワード