1391件中 61 - 70件表示
  • ナレッジライフ

    ナレッジライフから見た住宅住宅

    ナレッジライフ(なれっじらいふ、英文社名:knowledgeLife Co.,Ltd )は、新潟県新潟市中央区に本社を置く木造注文住宅を建設する住宅メーカーである。国産材と「NAP工法」(ナチュラルエアーパックの略:自然の空気で家を包み込む工法)のエコ住宅が特徴である。ナレッジライフ フレッシュアイペディアより)

  • ペット共生

    ペット共生から見た住宅住宅

    ペット共生(ペットきょうせい)とは、一般的に、ペット共生住宅、ペット共生アパート・マンションなどを指し、居住者が犬や猫などの小動物(ペット)と共に健康生活をおくれるよう住宅設備に配慮した住居のことをいう。ペット共生 フレッシュアイペディアより)

  • 衛生動物

    衛生動物から見た住宅住宅

    シロアリは、病気を媒介するわけではなく家屋の木材のみを加害する家屋害虫と見なされることが多いため、衛生動物には入れない場合が多い。衛生動物 フレッシュアイペディアより)

  • フライズアイ・ドーム

    フライズアイ・ドームから見た住宅住宅

    フライズアイ・ドーム(Fly’s Eye Dome)とは、バックミンスター・フラーが発明した、「生活器」としての移動式住居のモデル。分解・組立が容易で、完成後もヘリコプターで吊り下げ空輸での移送もできる。フライズアイ・ドーム フレッシュアイペディアより)

  • 勤労者財産形成貯蓄制度

    勤労者財産形成貯蓄制度から見た住宅住宅

    財形住宅貯蓄は、勤労者が住宅を取得する目的で、金融機関等に貯蓄するもの勤労者財産形成貯蓄制度 フレッシュアイペディアより)

  • 宅地造成事業

    宅地造成事業から見た住宅住宅

    似た事業名称に住宅地造成事業があり、住宅地造成事業に関する法律で定義されている「住宅地造成事業」とは、政令で定める規模以上の一団の土地について行なう住宅地の造成に関する事業をいうとし、「住宅地の造成」とは、主として住宅建設の用に供する目的で一団の土地について行なう土地の区画形質の変更をいうとしている。宅地造成事業 フレッシュアイペディアより)

  • ポッピンシティ

    ポッピンシティから見た住居住宅

    住居からは人口が生み出される。ポッピンシティ フレッシュアイペディアより)

  • ニューステートメナー

    ニューステートメナーから見た戸建住宅

    ニューステートメナー(New State Mener)は、東京都渋谷区代々木に存在する企業の名称。マンション、戸建等の受託販売、不動産の総合賃貸管理を業務としている。ニューステイトメナー竣工当時より一階でニューステイトメナーを専門として売買、賃貸の仲介、管理などを展開していたが、1990年(平成2年)より他の物件に関する業務も行う不動産会社となっている。主な取り扱い物件であるニューステイトメナーについても本項で記述する。ニューステートメナー フレッシュアイペディアより)

  • FASIT

    FASITから見た住宅住宅

    組成されたFASITは、投資家に対して、住宅、自動車、クレジットなどのローン債権を担保とする証券を販売し、投資家には利子を支払う。また、ポートフォリオで得られた利益から投資家への支払利子を控除した残額はFASITの所有者に対してパススルーする。FASIT フレッシュアイペディアより)

  • 胎内川ダム

    胎内川ダムから見た住宅住宅

    そんな中、1967年(昭和42年)8月、新潟県下越地方から山形県にかけての地域を集中豪雨が襲った。これに端を発する災害は羽越水害と呼ばれ、胎内川流域である胎内市(当時・北蒲原郡中条町および黒川村)に大きな被害を及ぼした。河川の氾濫、土石流の発生により、住宅313棟が全壊もしくは半壊、6,000棟が床上もしくは床下浸水、死傷者は300人以上を数えた。胎内川上流に建設された水力発電所への被害も甚大であった。胎内川では新潟県企業局の胎内第一発電所・胎内第二発電所が1962年(昭和37年)までに完成し、合計最大1万4,600キロワットの電力を発生させていた。羽越水害の際には取水先である胎内第一ダムにおける24時間降水量がゆうに600ミリを超え、下流の胎内第二ダムともどもダムから水があふれ出る異常事態に陥り、発電所が水没してしまった。胎内川ダム フレッシュアイペディアより)

1391件中 61 - 70件表示

「住まい」のニューストピックワード