80件中 11 - 20件表示
  • Sタイヤ

    Sタイヤから見た住友ゴム工業住友ゴム工業

    ヨコハマタイヤの他にも、ブリヂストン、住友ゴム工業(ダンロップ、ファルケン)などから同じようなタイヤが発売されており、スリック同様になるのを防止するために、ランド比(タイヤ面に対するランド部、いわゆる溝以外の山部分が占める比)が一定の値以下にならないよう設計・製造されている。Sタイヤ フレッシュアイペディアより)

  • 神戸市王子スタジアム

    神戸市王子スタジアムから見た住友ゴム工業住友ゴム工業

    フィールド部分は2003年(平成15年)にそれまでの天然芝から人工芝に変更した。人工芝は住友ゴムとその子会社・SRIハイブリッドが開発した天然芝に近い感触を保つことが可能な「ハイブリッドターフ」を敷設し、アメリカンフットボールやサッカー、ラグビーなどの試合・練習に対応可能となった。これと前後して、2002年(平成14年)で営業を終了した西宮球技場で使われていたアメリカンフットボール用のスコアボードを阪急電鉄からの譲渡を受けて、スタンド西側に設置した。2005年(平成17年)には照明塔も設置され、同年秋からは日没後の稼動も可能となった。アメリカンフットボールの関西学生リーグの場合、熱中症の予防策の一環として、秋季リーグ戦開幕当初の期間(8月末 - 9月中頃まで)は夕方からのキックオフとなる場合が増えている。神戸市王子スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 仙台市民球場

    仙台市民球場から見た住友ゴム住友ゴム工業

    内外野:ロングパイル人工芝(住友ゴム製 ハイブリッドターフ XP-65)仙台市民球場 フレッシュアイペディアより)

  • 石屋川車庫

    石屋川車庫から見た住友ゴム工業住友ゴム工業

    震災前の高架下は住友ゴム工業の倉庫として使用していた。震災復旧後はコーナンが出店していたが、撤退してしばらくは空きスペースとされていた。のちにコジマが出店していたが、それも撤退した後はコーナンの倉庫として使用している。石屋川車庫 フレッシュアイペディアより)

  • 競走車

    競走車から見た住友ゴム工業住友ゴム工業

    タイヤはダンロップ製のバイアスタイヤ、KR-73S を統一使用する。これはかつてのレース向けタイヤとして使われていた KR73 をオートレース仕様にしたもので、市販のタイヤと異なり外周部のゴムを増やしたためトレッド中央部が厚く、断面が三角形で2つの頂点がリムに嵌り辺が接地する極端な形状となっていて、車体を傾斜させたときに接地面積が広くなるように作られており、オーバルコースをより効率よく走行することができる。タイヤは左右対称かつ前後輪共用で、ある程度の使い回しにも対応している。寒冷期には、トレッドパターンは同じであるがコンパウンドが低い気温に対応した KR-73W を前輪に使用している。競走車 フレッシュアイペディアより)

  • ダンロップファルケンタイヤ

    ダンロップファルケンタイヤから見た住友ゴム工業住友ゴム工業

    ダンロップファルケンタイヤ株式会社は、かつて存在した住友ゴム工業の子会社で、「ダンロップ」と「ファルケン」のタイヤブランドを取り扱う販売会社であった。ダンロップファルケンタイヤ フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山県立日高高等学校・附属中学校

    和歌山県立日高高等学校・附属中学校から見た住友ゴム工業住友ゴム工業

    野口紀之 - 住友ゴム工業株式会社代表取締役和歌山県立日高高等学校・附属中学校 フレッシュアイペディアより)

  • ラジアルタイヤ

    ラジアルタイヤから見た住友ゴム工業住友ゴム工業

    日本でも1980年にブリヂストンが全日本F2選手権で中嶋悟の車にラジアルタイヤを投入。これにダンロップ(住友ゴム工業)やADVAN(横浜ゴム)も追随し激しいタイヤ戦争が起こるなど、複数のタイヤメーカーがしのぎを削るカテゴリーが相次いでラジアルタイヤ化されていった。ラジアルタイヤ フレッシュアイペディアより)

  • 第41回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第41回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た日本ダンロップ住友ゴム工業

    日本ダンロップ神戸(関西、初出場)第41回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 筒井町 (神戸市)

    筒井町 (神戸市)から見た住友ゴム工業住友ゴム工業

    住友ゴム工業技術研究センター筒井町 (神戸市) フレッシュアイペディアより)

80件中 11 - 20件表示

「住友ゴム工業」のニューストピックワード