80件中 21 - 30件表示
  • ダンロップスポーツ

    ダンロップスポーツから見た住友ゴム工業住友ゴム工業

    ダンロップスポーツ株式会社()は、住友ゴム工業傘下のスポーツ用品企業である。本社を神戸市に置く。ゴルフクラブの製造・販売で国内首位。テニス用品の製造・販売も行う。ダンロップスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • コジマエンジニアリング

    コジマエンジニアリングから見た住友ゴム工業住友ゴム工業

    1976年10月のF1世界選手権イン・ジャパンに出場したF1マシン。設計は小野昌朗。フォード・コスワース・DFVエンジン (3,000cc) を搭載。タイヤは日本ダンロップ。ドライバーは長谷見昌弘。コジマエンジニアリング フレッシュアイペディアより)

  • 戸張捷

    戸張捷から見た住友ゴム工業住友ゴム工業

    東京都港区高輪生まれ。父の影響で慶應義塾高1年生の時にゴルフを始め、高校、大学とゴルフ部に所属。1968年慶應義塾大学商学部を卒業し住友ゴム工業入社。その5年後の1973年にゴルフトーナメントをプロデュースする目的で同社子会社として設立されたダンロップスポーツエンタープライズの設立に携わる。戸張捷 フレッシュアイペディアより)

  • ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント

    ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントから見た住友ゴム工業住友ゴム工業

    ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント(ミヤギテレビはいダンロップじょしオープンゴルフトーナメント)とは、日本女子プロゴルフ協会公認の女子ゴルフトーナメント・ツアーの1つである。毎年9月の第3週に、ミヤギテレビ主催、ダンロップスポーツ(住友ゴム工業グループ)の特別協賛(1998年より)により宮城県にて開催されている。ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 名取静

    名取静から見た住友ゴム工業住友ゴム工業

    2004年、青山知佳、石橋麻実、大坪紗耶と共にDUNLOPのキャンペーンガール「DIGICCO」のメンバーに就任。2005年から2006年にかけては池見典子、栗原海、岡元愛美と共に活動していた。名取静 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年F1世界選手権イン・ジャパン

    1976年F1世界選手権イン・ジャパンから見た住友ゴム工業住友ゴム工業

    地元日本のコンストラクター、チーム、タイヤメーカー、ドライバーがスポット参戦でエントリーした。コジマはこの1戦に照準を合わせてKE007を開発し、富士で事前走行を重ねた。タイヤは日本ダンロップ、ドライバーは長谷見昌弘。マキはF102Aを製造し、ホットスタッフレーシングに運営を任せた。ヒーローズレーシングはティレルの中古マシン007を購入し、ブリヂストンタイヤを使用して星野一義をエントリーした。ヒーローズのティレルには、ムーンクラフトが作製したスポーツカー・ノーズが取り付けられた。1976年F1世界選手権イン・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 1977年日本グランプリ (4輪)

    1977年日本グランプリ (4輪)から見た住友ゴム工業住友ゴム工業

    前年スポット参戦した日本勢は、体制を変更してこの1戦に臨んだ。コジマはエントリーを2台に増やし、星野一義(ヒーローズレーシング)と高原敬武(高原レーシング)という国内トップドライバーコンビが新車KE009に乗る。タイヤは前年ヒーローズが使用したブリヂストンタイヤ。また、前年ヒーローズが購入したティレル・007をメイリツレーシングが使用し、ベテラン高橋国光がF1デビューした。こちらは前年コジマが使用した日本ダンロップタイヤを履く。1977年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • REGNO

    REGNOから見た住友ゴム住友ゴム工業

    レグノ (REGNO) とはブリヂストンが販売するフラッグシップタイヤブランド名称。ラテン語で王者という意味がある。競合モデルはミシュランの「Primacy」シリーズ、住友ゴムのダンロップ「VEURO」横浜ゴムの「ADVAN」などである。REGNO フレッシュアイペディアより)

  • クラブ (ゴルフ用具)

    クラブ (ゴルフ用具)から見た住友ゴム工業住友ゴム工業

    SRIスポーツ - 住友ゴムの子会社で、名義上はダンロップとする。CI刷新の一環で派生ブランドとして新設したXXIO(ゼクシオ)を主力ブランドとする。クラブ (ゴルフ用具) フレッシュアイペディアより)

  • 古川能章

    古川能章から見た住友ゴム工業住友ゴム工業

    なおこの間、社会人リーグ昇格を急いだのは古川が全国リーグである日本サッカーリーグ(JSL)創設の構想を早くから知っていたからである。これには、古川が早稲田OBで東京の事情に詳しかったことと、JSL創設に尽力した長沼は古川の学生時代の同期で長沼からJSLの可能性と価値を聞いて理解していた事も大きな要因の一つであった。古川は長沼から逐一最新の情報を入手し、参入のために必要な条件を把握、会社にも早くから根回しをし、「1年目にリーグに入らなければ、どんどん差が広がってしまう」と必死に会社を口説いた。当時の関西には田辺製薬という名門の他、湯浅電池・大日日本電線・電電近畿・日本ダンロップなどの歴史のあるチームがひしめいていたが、それらはJSLの価値と成功の可能性に大きな疑念を抱き、参加を見送った。結果、創部10年にも満たないヤンマーが関西唯一のチームとしてJSL第1回からの参加となった。古川能章 フレッシュアイペディアより)

80件中 21 - 30件表示

「住友ゴム工業」のニューストピックワード