141件中 11 - 20件表示
  • ライフカード

    ライフカードから見た住友信託銀行住友信託銀行

    「ライフカード」ブランドのクレジットカードを発行する。提携国際ブランドはVISA(当初は国際カードビジネス協会、後にすみしんライフカードのライセンスで発行)、MasterCard(直接加盟)、JCB(ジェーシービーとの加盟店開放契約)の三種類。クレジットカード加盟店開拓業務は旧ライフ時代に住友信託銀行と合弁で設立した「すみしんライフカード株式会社」が担当している。ライフカード フレッシュアイペディアより)

  • UFJ信託銀行

    UFJ信託銀行から見た住友信託銀行住友信託銀行

    2004年(平成16年)3月期の決算でUFJホールディングスが大幅な赤字を計上。これを補うためにUFJ信託銀行を住友信託銀行に売却することで基本合意するも、同年7月14日に、UFJホールディングスが三菱東京フィナンシャル・グループ・MTFGへ経営統合を申し入れ、住友信託銀行への売却を白紙撤回した。UFJ信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 丸の内永楽ビルディング

    丸の内永楽ビルディングから見た住友信託銀行住友信託銀行

    丸の内一丁目4番(評定所があった江戸城辰ノ口)の、現在の丸の内永楽ビルディングに相当する敷地には、東銀ビルヂング(一丁目4番2号、1960年竣工)、三菱UFJ信託銀行東京ビル(一丁目4番3号、東洋信託銀行本店として1979年竣工)、住友信託銀行東京ビル(一丁目4番4号、1985年竣工)の3棟のビルがあった。2006年4月時点では三菱地所と三菱東京UFJ銀行が共同で東銀ビル1棟を建て替える計画であったが、1年後の2007年4月には三菱UFJ信託銀行と住友信託銀行(現 三井住友信託銀行)も本計画に加わり、3棟を一括して建替えることが発表された。2009年9月17日に着工、2年4ヶ月の工期ののち、2012年1月19日に竣工した。民間都市再生事業計画認定事業。丸の内永楽ビルディング フレッシュアイペディアより)

  • 住友グループ

    住友グループから見た住友信託銀行住友信託銀行

    住友銀行がさくら銀行と合併した際は、住友と三井の合併が進むかに見えた。しかし、住友化学と三井化学のように、住友系企業と三井系企業の合併が白紙撤回になるケースもある。また、三井住友銀行となって、設立した三井住友フィナンシャルグループには同じ住友の金融系である住友信託銀行は参加しないなど、業界における住友系企業が結束するとは限らない。なお住友信託銀行は、2011年に中央三井トラスト・ホールディングス(傘下に旧中央三井信託銀行と旧中央三井アセット信託銀行の2行を有した)との株式交換により経営統合した三井住友トラスト・ホールディングスの傘下となった後、2012年4月1日には、持株会社傘下の3信託銀行が合併し、三井住友信託銀行が発足した(存続行は住友信託銀行)。住友グループ フレッシュアイペディアより)

  • ファーストクレジット

    ファーストクレジットから見た住友信託銀行住友信託銀行

    旧日本長期信用銀行系列であったが、長銀解体後、新生銀行となった元親会社から会社更生法を申立てられ、破綻。米投資ファンドローンスターの買収後、住友信託銀行に約1300億円で売却され、現在に至る。2007年4月6日にJCRの長期優先債務各付「A+」を取得した。ファーストクレジット フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託

    住友信託から見た住友信託銀行住友信託銀行

    住友信託 フレッシュアイペディアより)

  • 住信

    住信から見た住友信託銀行住友信託銀行

    住信 フレッシュアイペディアより)

  • 基本合意書

    基本合意書から見た住友信託銀行住友信託銀行

    独占的交渉権にかかる条項が問題となった事例としては、住友信託銀行による旧UFJホールディングスに対する仮処分申立事件が有名である。基本合意書 フレッシュアイペディアより)

  • 環境コミュニケーション大賞

    環境コミュニケーション大賞から見た住友信託銀行住友信託銀行

    環境報告優秀賞 - アスクル、九州電力、住友信託銀行、東京地下鉄、東芝環境コミュニケーション大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州銀行構想

    北九州銀行構想から見た住友信託銀行住友信託銀行

    信用金庫から銀行に転換した事例は、現在住友信託銀行傘下となった八千代銀行しかない。北九州銀行構想 フレッシュアイペディアより)

141件中 11 - 20件表示

「住友信託銀行」のニューストピックワード