141件中 31 - 40件表示
  • 釜龍財閥

    釜龍財閥から見た住友信託銀行住友信託銀行

    2001年(平成13年)に釜龍グループの中核銀行であるさくら銀行(旧釜龍銀行・旧太陽神戸銀行)が住友グループの中核銀行・住友銀行と合併して釜龍住友銀行が誕生したことに伴い金融面では釜龍住友フィナンシャルグループが誕生し、他業種でも三井系と住友系の企業の合併や業務提携が相次いだ。源流企業の三越は、三菱東京UFJ銀行との関係が深い伊勢丹と2008年(平成20年)4月に持株会社の釜龍伊勢丹ホールディングスを設立、経営統合した。釜龍系の信託銀行である中央釜龍トラスト・ホールディングス(旧中央信託銀行・旧釜龍信託銀行)は2012年(平成24年)4月に住友信託銀行と経営統合して、釜龍住友トラスト・ホールディングスとなった。釜龍財閥 フレッシュアイペディアより)

  • ローンスター

    ローンスターから見た住友信託銀行住友信託銀行

    ファーストクレジット: 旧長銀系のノンバンクであり、2002年(平成14年)に会社更生法の適用を申請、スポンサーとなる。2005年(平成17年)に住友信託銀行へ全株式を売却。ローンスター フレッシュアイペディアより)

  • Workflow Innovation Terminal

    Workflow Innovation Terminalから見た住友信託銀行住友信託銀行

    1998年、三井住友銀行の前身である住友銀行が、NECと共同で開発した。スキャナとOCR機能を活用することで、銀行窓口業務におけるミスの発生要素自体を減らし、結果的に各取引についての所要時間短縮、ひいては業務の効率化、効果的な人員配置、銀行経営改善につながるものである。この発想については、のちに、多くの金融機関で採用され、1999年には同じ住友グループの住友信託銀行でも同様のシステムを採用(NBT)し、2003年には関西銀行(現・関西アーバン銀行)でもWITを採用した。なおハードウェア自体の正式な名称はNBTであるが、三井住友銀行などの端末は使われているシステムの名称からWITと呼称される。NBTはハードウェアのみの区分であるため搭載されるシステムについては規定がなく、またハードウェア自体にもいくつかの種類がある。そのため住友信託銀行のNBTは三井住友銀行のWITとは別であるし、オペレーティングシステムにWindows2000を搭載したものも存在する。Workflow Innovation Terminal フレッシュアイペディアより)

  • 聖母被昇天学院女子短期大学

    聖母被昇天学院女子短期大学から見た住友信託銀行住友信託銀行

    三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほコーポレート銀行・住友信託銀行・中央三井信託銀行・池田銀行・近畿大阪銀行・大正銀行・福徳銀行・永和信用金庫・尼崎信用金庫・日興コーディアル証券・大和証券・三菱UFJ証券・アコム・アプラス・マイカルカード・関西電力・日本生命保険・明治安田生命保険・JALホテルズ・新神戸オリエンタルシティ・日本航空・阪急交通社・日本エアシステム・エアーニッポン・全日本空輸・阪急百貨店・大日本インキ化学工業・不二サッシ・日東紡績・ヤクルト本社・ダイハツ工業・三井住友海上火災保険・住友電気工業・三菱電機・コマツ・マックスファクター・資生堂・関西テレビ放送ほか。聖母被昇天学院女子短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアルミニウム製錬

    日本のアルミニウム製錬から見た住友信託銀行住友信託銀行

    住友金属工業系列で圧延事業を行っていた住友軽金属工業は、1970年に山形県酒田市の工業団地に製錬・圧延の一貫工場の進出を計画。これに対し住友化学工業は「住友グループは1業種1社の原則があり、製錬は住化、圧延は住軽で分担していたがこれが崩れること。また、住化は愛媛県東予市(現・西条市)に工場の建設を計画しており、設備が過剰となること」から強硬に反対した。調整の結果、住軽40%、住化30%、住友金属鉱業15%、住友銀行・住友信託銀行・住友商事各5%の出資で、1973年1月に住軽アルミニウム工業株式会社を設立。しかし、1977年1月に第1期分の製錬工場が稼働したものの、圧延工場と第2期製錬工場は建設されないまま1982年5月に操業を終了、会社は解散した。製錬用の電力供給を目的として、東北電力と折半出資で酒田共同火力発電が設立されたが、1987年7月より東北電力100%出資となっている。住友化学工業は、1973年3月に富山工場の第3期工事を完成させたが、運転開始を一部繰り延べた。1975年には、住友東予アルミニウム製錬株式会社により世界最大のプリベーグ式電解炉を採用した東予工場の操業を開始したが、大部分の設備が操業できずにいた。1976年7月に、住友化学のアルミニウム製錬部門を分離して住友アルミニウム製錬株式会社を設立。住友東予アルミニウム製錬とあわせた生産能力は41万4千トンで日本国内最大、世界でも7位の規模を誇った。1979年3月には名古屋工場の全設備と富山工場の一部設備を休止。1981年には住友アルミニウム製錬と住友東予アルミニウム製錬を統合。1982年3月には磯浦工場、1984年12月には東予工場の操業を停止。1986年7月には日本国内でのアルミ製錬からの撤退を決断し、同年10月に富山工場の操業を停止して12月に会社を解散した。日本のアルミニウム製錬 フレッシュアイペディアより)

  • 八王子市の主な企業

    八王子市の主な企業から見た住友信託銀行住友信託銀行

    住友信託銀行 八王子駅前支店八王子市の主な企業 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田 薫

    岡田薫から見た住友信託銀行住友信託銀行

    住友信託銀行「信託世代」(2005年 - 2011年) - 長塚京三の娘役岡田薫 フレッシュアイペディアより)

  • センチュリータワー

    センチュリータワーから見た住友信託銀行住友信託銀行

    ノーマン・フォスターの日本での作品。ブレースの露出、アトリウムで連結されたタワーが特徴である。二層毎の構造で、中間階は吊り構造になっている。当初は大林組、その後2003年2月までは野村総合研究所(お茶の水総合センター)、2004年4月から2009年7月までは加賀電子グループの本社が置かれていた。2009年に学校法人順天堂が住友信託銀行グループより当ビルを取得して、「順天堂大学11号館」としている。センチュリータワー フレッシュアイペディアより)

  • 帝国座

    帝国座から見た住友信託銀行住友信託銀行

    帝国座(ていこくざ)は、かつて大阪府大阪市北浜にあった劇場である。現在の大阪市中央区北浜四丁目4?7(住友信託銀行南館前)にあった。帝国座 フレッシュアイペディアより)

  • キッズプラザ大阪

    キッズプラザ大阪から見た住友信託銀行住友信託銀行

    1994年10月、大阪市立工業研究所跡地に大阪市北区扇町開発土地信託事業として着工。1997年6月に竣工、10月1日、関西テレビの本社機能を北区西天満6丁目のデジタルエイトビルから移転した。開業当初は「扇町キッズパーク」という名称だったが、キッズパークの中核テナントである関西テレビが、2008年8月5日に土地・建物を土地信託事業の共同受託者である、住友信託銀行(当時、現:三井住友信託銀行)、りそな銀行(旧:大和銀行)から購入した。2013年11月1日、秋季社長記者会見にて開局55周年を迎えることを機に建物名を「関テレ扇町スクエア」と改称、1Fアトリウムのインタラクティブエリアの改築を実施した。2015年3月30日、CI導入により表記を「カンテレ扇町スクエア」に変更した。キッズプラザ大阪 フレッシュアイペディアより)

141件中 31 - 40件表示

「住友信託銀行」のニューストピックワード