139件中 81 - 90件表示
  • フジスタッフ

    フジスタッフから見た住友信託銀行住友信託銀行

    主取引行は、三井住友銀行で、このほか足利銀行・三菱東京UFJ銀行・栃木銀行・住友信託銀行・商工組合中央金庫をその他取引行としていた。フジスタッフ フレッシュアイペディアより)

  • 東京海上日動フィナンシャル生命保険

    東京海上日動フィナンシャル生命保険から見た住友信託銀行住友信託銀行

    グッドニュース?(住友信託銀行、地銀・信用金庫各行庫で販売)東京海上日動フィナンシャル生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見た住友信託銀行住友信託銀行

    なお、旧長銀系の不動産担保融資大手のファーストクレジット (FC) は、同じローンスター傘下として同行と提携関係にあったが、ローンスターが2006年(平成18年)12月にFCの全株式を住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)へ譲渡したため、FCはローンスターの傘下を離れた。FCは現在、三井住友トラスト・グループの一員として、同社と提携関係にある。なお、現・代表執行役社長の入江優は旧住信出身である。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 第二高等学校 (旧制)

    第二高等学校 (旧制)から見た住友信託銀行住友信託銀行

    今村幸雄 - 住友信託会長第二高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 阪急阪神東宝グループ

    阪急阪神東宝グループから見た住友信託銀行住友信託銀行

    中核企業である阪急阪神HD、H2Oリテイ、東宝の3社はいずれも旧三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)をメインバンクとしていた関係で、三和グループの企業から構成されるみどり会に属する。阪急阪神HDは分社化前の(旧)阪急電鉄時代から旧三和グループの社長会である三水会に所属していたことから、旧阪急東宝グループは三菱UFJグループ(三菱グループではない)内の企業集団と看做されることが多かった。一方の阪神電気鉄道は、歴史的経緯から旧住友銀行(現三井住友銀行)や旧住友信託銀行(現三井住友信託銀行)をメインバンクとし、住友色が強い企業であった。阪急阪神東宝グループ フレッシュアイペディアより)

  • ローンスター

    ローンスターから見た住友信託銀行住友信託銀行

    ファーストクレジット: 旧長銀系のノンバンクであり、2002年(平成14年)に会社更生法の適用を申請、スポンサーとなる。2005年(平成17年)に住友信託銀行へ全株式を売却。ローンスター フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の経済

    2011年の経済から見た住友信託銀行住友信託銀行

    住友信託銀行と中央三井トラスト・ホールディングスが経営統合し「三井住友トラスト・ホールディングス」が発足。2011年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • KG情報

    KG情報から見た住友信託銀行住友信託銀行

    本社機能は岡山市にあるが、創業の地は対岸の高松市であり、登記上の本店も高松本店にあるなど現在でも高松市を地盤とした繋がりが深い。そのため、主要取引銀行は順に百十四銀行、香川銀行、中国銀行、伊予銀行、住友信託銀行となっているなど香川県系の第一・第二地銀が上位を占めている。また、主要株主も筆頭株主である社長以下は百十四銀行が大株主、役員など自社内の保有者を除くと香川銀行も外資系や岡山県系の保有者の中で比較的上位に位置している。KG情報 フレッシュアイペディアより)

  • 宇部興産ビル

    宇部興産ビルから見た住友信託銀行住友信託銀行

    当ビルは、2001年(平成13年)に宇部興産の資産証券化の一環として住友信託銀行に信託され、それにより得られる第一受益権はオリックスに売却されている。これに伴い宇部興産は住友信託銀行との間でマスターリース契約を締結し、当ビルに入居する各テナントに対して転貸を行っている。宇部興産ビル フレッシュアイペディアより)

  • 辻堂元町

    辻堂元町から見た住友信託銀行住友信託銀行

    2009年までに撤退が完了しているパナソニック(旧松下電器産業)グループの工場跡地(辻堂元町六丁目4-1)にて、太陽光発電システムや家庭用蓄電池などを街全体に大規模配備し、各家庭にはネットワーク家電を一元管理するスマートエナジーゲートウェイ(SEG)などを導入した1,000世帯規模の新しい街を作る「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン構想」(Fujisawa SST)が計画されている。総事業費は約600億円を予定しており、藤沢市とパナソニックが主体となって他にアクセンチュア、オリックス、日本設計、三井不動産、三井物産、住友信託銀行、東京ガス、パナホームの8社が参加を表明している。街開きは2013年度を予定、全世帯の入居は2018年度となる予定である。パナソニックでは今回のプロジェクトにおける成果を「藤沢モデル」として世界に売り込んでいく考え。辻堂元町 フレッシュアイペディアより)

139件中 81 - 90件表示