87件中 11 - 20件表示
  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見たSBIホールディングス

    2006年4月 - 従来の住信の顧客層と棲み分けを図り若年層をターゲットとする目的で、SBIホールディングスと合弁により、住信子会社・住信オフィスサービス株式会社を社名変更と同時に業態転換した準備会社として、株式会社SBI住信ネットバンク設立準備調査会社を発足。2007年9月24日にインターネット専業銀行として「住信SBIネット銀行(すみしんSBI)」を開業。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た日興アセットマネジメント

    2009年10月1日 - 日興アセットマネジメントの株式98.55%を日興コーディアルグループから1124億円で取得。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見たパナソニック

    2005年4月 - 松下電器産業傘下の「松下リース・クレジット」に資本参加し、合弁会社とする(後に子会社となる)。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見たあおぞら銀行

    2007年11月 - あおぞら銀行との業務提携を公表。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た住友林業

    1991年(平成3年)に細川デザイン事務所によるコーポレート・アイデンティティを導入し、行名のロゴタイプが細ゴシック体表記となった。正式には住友の井桁マークと和文行名の間に2段表記で「SUMITOMO TRUST」が併記されたものとなっている。カラーは主にセルリアンブルー(三井広報委員会と同色)か黄緑色に近い緑色を中心に使用し、同じような色を使用する住友林業・住友商事および後年発足した三井住友銀行と区別している。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た大和証券グループ本社

    2000年4月28日 - すみぎん信託銀行株式会社の全株式を住友銀行から、大和インターナショナル信託銀行株式会社の全株式を大和証券グループ本社から、それぞれ取得し、両行を完全子会社化。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見たイオン銀行

    2011年1月時点で、イオン銀行とは接続されていない(4大信託銀行では唯一の非接続)。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た三菱地所

    2007年10月 - 住信東京本部ビル・東銀ビルヂング・三菱UFJ信託銀行東京ビルを一つのビルへ建て替える三菱地所の「丸の内1-4再開発計画」着手に伴い、東京本部機能をグラントウキョウ・サウスタワーへ仮移転。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た住友生命

    CI導入以前は井桁マークは、旧住友銀行・住友生命などと同じく赤色で、ロゴタイプは太明朝体表記でやはり、旧住友銀行とは区別していた。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た三井住友フィナンシャルグループ

    「メガ信託」構想が頓挫したことにより、三井トラスト・ホールディングス(後の中央三井トラスト・ホールディングス)や三井住友フィナンシャルグループなどとの統合計画が注目された。報道等によれば、2004年8月から三井トラスト・ホールディングスとの経営統合交渉を開始し、2005年2月には合意寸前まで進んだが、この時は合併比率(この時点の時価比率は、三井トラスト 1:住友信託 0.6となる)を巡り紛糾し最終合意に至らなかったという。しかし、”信託業界は規模のメリットが顕著な業界であることは、両トップは百も承知”のため、”(住信・中央三井)両行内には「いずれ統合するのでは」との見方があるのも事実”とされていた。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

87件中 11 - 20件表示