84件中 41 - 50件表示
  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た三菱UFJ信託銀行

    2007年10月 - 住信東京本部ビル・東銀ビルヂング・三菱UFJ信託銀行東京ビルを一つのビルへ建て替える三菱地所の「丸の内1-4再開発計画」着手に伴い、東京本部機能をグラントウキョウ・サウスタワーへ仮移転。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た中央三井カード

    4月 - 子会社の住信カードが中央三井カードに吸収合併され、「三井住友トラスト・カード」に社名変更。同様に、中央三井信託銀行と重複する事業子会社は合併のうえ、「三井住友トラスト」を冠した商号へ変更される。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た住信カード

    4月 - 子会社の住信カードが中央三井カードに吸収合併され、「三井住友トラスト・カード」に社名変更。同様に、中央三井信託銀行と重複する事業子会社は合併のうえ、「三井住友トラスト」を冠した商号へ変更される。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見たコーポレート・アイデンティティ

    1991年に細川デザイン事務所によるコーポレート・アイデンティティを導入し、行名のロゴタイプが細ゴシック体表記となった。正式には住友の井桁マークと和文行名の間に2段表記で「SUMITOMO TRUST」が併記されたものとなっている。カラーは主にセルリアンブルー(三井広報委員会と同色)か黄緑色に近い緑色を中心に使用し、同じような色を使用する住友林業・住友商事および後年発足した三井住友銀行と区別している。同事務所は後年、住信の統合相手となる旧中央三井信託銀行および旧中央三井トラスト・ホールディングスのCIも手がけた。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た三井住友トラスト・パナソニックファイナンス

    4月 - 住信リースを松下リース・クレジットに吸収合併させ、「住信・パナソニックフィナンシャルサービス」と改称する。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見たUFJ信託銀行

    2004年4月、大幅な赤字に陥った旧UFJホールディングスから旧UFJ信託銀行を買収することで合意。これが実現すると、当時の三菱信託銀行を抜いて信託銀行トップの資産規模を持つ「メガ信託」となるはずであった。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た整理回収機構

    これ以降、話題は立ち消え状態となっていたが、2009年に中央三井トラスト・ホールディングス(当時)傘下の旧中央三井信託銀行が世界金融危機による株式評価損などで多額の赤字を計上。当期に返済予定であった公的資金(優先株式)の返済(買取り)が不可能となり、同年8月に普通株式へ強制転換され、信託銀行では初となる整理回収機構が筆頭株主となった。財務面の体質改善が急務となり、中央三井が住友信託との経営統合に向けて動くようになった。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た三井住友トラスト・カード

    4月 - 子会社の住信カードが中央三井カードに吸収合併され、「三井住友トラスト・カード」に社名変更。同様に、中央三井信託銀行と重複する事業子会社は合併のうえ、「三井住友トラスト」を冠した商号へ変更される。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た住信オフィスサービス

    4月 - 従来の住信の顧客層と棲み分けを図り若年層をターゲットとする目的で、SBIホールディングスと合弁により、住信子会社・住信オフィスサービス株式会社を社名変更と同時に業態転換した準備会社として、株式会社SBI住信ネットバンク設立準備調査会社を発足。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た東日本銀行

    不良債権問題で1999年(平成11年)3月に投入された公的資金2000億円は2004年1月に完済。財務体質は優良とされ、それまで融資先業種に過ぎなかったノンバンクのアイフルやファーストクレジットに出資して事業提携を図るなどした。アイフルはライフ (信販)をはじめ、複数の消費者金融や東日本銀行などに大株主として出資していた。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

84件中 41 - 50件表示

「住友信託銀行」のニューストピックワード