87件中 51 - 60件表示
  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た三菱東京フィナンシャル・グループ

    しかし、同年7月になって三菱東京フィナンシャル・グループとの統合を決めたUFJ側から合併を白紙撤回された。このため、住信はUFJ信託銀行の合併差し止めから三菱UFJフィナンシャル・グループへの損害賠償に切り替えて争った。第1審の東京地方裁判所は、基本合意に基づく独占交渉義務及び誠実協議義務違反を認めたものの、これらの違反と履行利益としての損害との相当因果関係を否定し、請求棄却した住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た完全子会社

    2011年(平成23年)4月に、中央三井トラスト・グループとの経営統合により、中央三井トラスト・ホールディングスから改称した三井住友トラスト・ホールディングスの完全子会社となった。この再編が行われるまで単独で残った最後の信託銀行であった。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た住信SBIネット銀行

    2006年4月 - 従来の住信の顧客層と棲み分けを図り若年層をターゲットとする目的で、SBIホールディングスと合弁により、住信子会社・住信オフィスサービス株式会社を社名変更と同時に業態転換した準備会社として、株式会社SBI住信ネットバンク設立準備調査会社を発足。2007年9月24日にインターネット専業銀行として「住信SBIネット銀行(すみしんSBI)」を開業。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た住信カード

    2012年4月 - 子会社の住信カードが中央三井カードに吸収合併され、「三井住友トラスト・カード」に社名変更。同様に、中央三井信託銀行と重複する事業子会社は合併のうえ、「三井住友トラスト」を冠した商号へ変更される。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た三菱信託銀行

    2004年4月、大幅な赤字に陥った旧UFJホールディングスから旧UFJ信託銀行を買収することで合意。これが実現すると、当時の三菱信託銀行を抜いて信託銀行トップの資産規模を持つ「メガ信託」となるはずであった。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見たSBI住信ネットバンク設立準備調査会社

    2006年4月 - 従来の住信の顧客層と棲み分けを図り若年層をターゲットとする目的で、SBIホールディングスと合弁により、住信子会社・住信オフィスサービス株式会社を社名変更と同時に業態転換した準備会社として、株式会社SBI住信ネットバンク設立準備調査会社を発足。2007年9月24日にインターネット専業銀行として「住信SBIネット銀行(すみしんSBI)」を開業。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見たコーポレート・アイデンティティ

    1991年(平成3年)に細川デザイン事務所によるコーポレート・アイデンティティを導入し、行名のロゴタイプが細ゴシック体表記となった。正式には住友の井桁マークと和文行名の間に2段表記で「SUMITOMO TRUST」が併記されたものとなっている。カラーは主にセルリアンブルー(三井広報委員会と同色)か黄緑色に近い緑色を中心に使用し、同じような色を使用する住友林業・住友商事および後年発足した三井住友銀行と区別している。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た富士銀行

    1948年8月 - 信託銀行に転換、富士信託銀行株式会社に商号変更(富士銀行が設立した同名の信託子会社とは無関係)。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た三井住友トラスト・パナソニックファイナンス

    2010年4月 - 住信リースを松下リース・クレジットに吸収合併させ、「住信・パナソニックフィナンシャルサービス」と改称する。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見たライフカード

    2005年4月 - アイフル傘下のカード会社ライフ(現:ライフカード)と提携。合弁で「すみしんライフカード(すみしんライフ)」を設立し、VISAの発行権をライフに供与すると共に同社のカード加盟店開拓業務を移管。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

87件中 51 - 60件表示