84件中 71 - 80件表示
  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見たグラントウキョウ

    2007年10月 - 住信東京本部ビル・東銀ビルヂング・三菱UFJ信託銀行東京ビルを一つのビルへ建て替える三菱地所の「丸の内1-4再開発計画」着手に伴い、東京本部機能をグラントウキョウ・サウスタワーへ仮移転。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た三井広報委員会

    1991年に細川デザイン事務所によるコーポレート・アイデンティティを導入し、行名のロゴタイプが細ゴシック体表記となった。正式には住友の井桁マークと和文行名の間に2段表記で「SUMITOMO TRUST」が併記されたものとなっている。カラーは主にセルリアンブルー(三井広報委員会と同色)か黄緑色に近い緑色を中心に使用し、同じような色を使用する住友林業・住友商事および後年発足した三井住友銀行と区別している。同事務所は後年、住信の統合相手となる旧中央三井信託銀行および旧中央三井トラスト・ホールディングスのCIも手がけた。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見たMICS

    いずれの場合も、旧中央三井信託銀行及び八千代銀行のキャッシュカードを「コンビニATM『イーネット』」にて出金の場合は、イーネット管理銀行機にかかわらず提携外行(MICS)扱いとなった(『イーネット』内では住友信託銀行のみが参加)。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た和解

    しかし、同年7月になって三菱東京フィナンシャル・グループとの統合を決めたUFJ側から合併を白紙撤回された。このため、住信はUFJ信託銀行の合併差し止めから三菱UFJフィナンシャル・グループへの損害賠償に切り替えて争った。第1審の東京地方裁判所は、基本合意に基づく独占交渉義務及び誠実協議義務違反を認めたものの、これらの違反と履行利益としての損害との相当因果関係を否定し、請求棄却した。しかし、第2審である東京高等裁判所の和解勧試を受け入れ、2006年11月に三菱UFJフィナンシャル・グループが25億円支払い和解した。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た新たな形態の銀行

    9月24日 - インターネット専業銀行として「住信SBIネット銀行(すみしんSBI)」を開業。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た抵当

    10月 - 旧長銀系の不動産担保(抵当)ノンバンク会社「ファーストクレジット(FC)」を保有する米ローンスターから買収し、連結子会社化。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た相当因果関係

    しかし、同年7月になって三菱東京フィナンシャル・グループとの統合を決めたUFJ側から合併を白紙撤回された。このため、住信はUFJ信託銀行の合併差し止めから三菱UFJフィナンシャル・グループへの損害賠償に切り替えて争った。第1審の東京地方裁判所は、基本合意に基づく独占交渉義務及び誠実協議義務違反を認めたものの、これらの違反と履行利益としての損害との相当因果関係を否定し、請求棄却した。しかし、第2審である東京高等裁判所の和解勧試を受け入れ、2006年11月に三菱UFJフィナンシャル・グループが25億円支払い和解した。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た日本経済新聞

    中途採用は、大手銀行にとって一般的ではなかった1980年代から行っており、近年は特に若手層の人材不足解消のために開始したキャリア採用制度を行っており、日本経済新聞日曜版求人広告の常連になっていた。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た商号

    1948年8月 - 信託銀行に転換、富士信託銀行株式会社に商号変更(富士銀行が設立した同名の信託子会社とは無関係)。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た信託銀行

    住友信託銀行株式会社(すみともしんたくぎんこう)は、三井住友トラスト・ホールディングス傘下の、かつて存在した信託銀行。略称は住信・すみしんなど。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

84件中 71 - 80件表示

「住友信託銀行」のニューストピックワード