1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
84件中 81 - 84件表示
  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た東京高等裁判所

    しかし、同年7月になって三菱東京フィナンシャル・グループとの統合を決めたUFJ側から合併を白紙撤回された。このため、住信はUFJ信託銀行の合併差し止めから三菱UFJフィナンシャル・グループへの損害賠償に切り替えて争った。第1審の東京地方裁判所は、基本合意に基づく独占交渉義務及び誠実協議義務違反を認めたものの、これらの違反と履行利益としての損害との相当因果関係を否定し、請求棄却した。しかし、第2審である東京高等裁判所の和解勧試を受け入れ、2006年11月に三菱UFJフィナンシャル・グループが25億円支払い和解した。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た60歳のラブレター

    同社主催で2000年より、長年連れ添った夫婦がしたため合った、互いへの感謝の言葉を募集すると言う、一般公募企画「60歳のラブレター」が毎年行われてきた。 同企画の9年目となった2009年には、これまでに寄せられたエピソードを基に制作した、映画「60歳のラブレター」が同社後援のもとで、制作・上映されることになった。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た優先株式

    これ以降、話題は立ち消え状態となっていたが、2009年に中央三井トラスト・ホールディングス(当時)傘下の旧中央三井信託銀行が世界金融危機による株式評価損などで多額の赤字を計上。当期に返済予定であった公的資金(優先株式)の返済(買取り)が不可能となり、同年8月に普通株式へ強制転換され、信託銀行では初となる整理回収機構が筆頭株主となった。財務面の体質改善が急務となり、中央三井が住友信託との経営統合に向けて動くようになった。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 住友信託銀行

    住友信託銀行から見た再開発

    2007年10月 - 住信東京本部ビル・東銀ビルヂング・三菱UFJ信託銀行東京ビルを一つのビルへ建て替える三菱地所の「丸の内1-4再開発計画」着手に伴い、東京本部機能をグラントウキョウ・サウスタワーへ仮移転。住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
84件中 81 - 84件表示

「住友信託銀行」のニューストピックワード