149件中 21 - 30件表示
  • 長谷川周重

    長谷川周重から見た住友化学住友化学

    長谷川周重(はせがわ のりしげ、 1907年8月8日 - 1998年1月3日)は、日本の実業家。元住友化学会長・社長。長谷川周重 フレッシュアイペディアより)

  • 住友化学工業

    住友化学工業から見た住友化学住友化学

    住友化学工業 フレッシュアイペディアより)

  • ディーコン法

    ディーコン法から見た住友化学住友化学

    ディーコン法に基づき、アメリカのM.W.ケロッグ社が開発したKel-Chlor法、オランダのシェル石油が開発したShell-Chlor法、日本の三井東圧が開発したMT-Chlor法が商業的に実施された。2000年代に入り、住友化学により酸化ルテニウム(IV)を触媒とする方法が開発された。ディーコン法 フレッシュアイペディアより)

  • 堀貞

    堀貞から見た住友化学住友化学

    また、国策会社の日本染料製造(現住友化学)は設立当初から、久原房之助傘下の日立製作所は設立の翌年からそれぞれ取締役を務めた。堀貞 フレッシュアイペディアより)

  • 莱陽市

    莱陽市から見た住友化学住友化学

    山東朝日緑源農業-無農薬による循環型農業生産法人で、アサヒビール、伊藤忠商事、住友化学共同出資の日系企業。莱陽市 フレッシュアイペディアより)

  • 住化

    住化から見た住友化学住友化学

    住化 フレッシュアイペディアより)

  • 住友化学グループ

    住友化学グループから見た住友化学住友化学

    住友化学グループ フレッシュアイペディアより)

  • 住化グループ

    住化グループから見た住友化学住友化学

    住化グループ フレッシュアイペディアより)

  • サーモトロピック型液晶ポリマー

    サーモトロピック型液晶ポリマーから見た住友化学住友化学

    1974年にイーストマン・コダックが「タイプ?」を開発・上市するが、これはむしろポリエチレンテレフタレートの耐熱性向上を狙った改質の一種であった。表面実装技術(SMT)に対応すべく耐熱性向上を目的に開発された「タイプ?」は1979年に住友化学工業(現:住友化学)が工業化を行っている。さらに1984年にはセラニーズが「タイプ?」を開発し、機構部品への対応範囲を拡げた。サーモトロピック型液晶ポリマー フレッシュアイペディアより)

  • 田路舜哉

    田路舜哉から見た住友化学住友化学

    財閥解体後、住友各社の協力関係を維持するため、三高時代からの旧友である土井正治(元住友化学会長)とともに、住友グループ企業の社長連絡会を設立することを提唱。1949年(正式には、1951年4月)に住友直系12社で構成される白水会が設立された。これは三大財閥中最先発で、住友グループの結束力の強さがうかがえる。後に三菱グループは、1954年に三菱金曜会を、三井グループは、1961年に二木会をそれぞれ設立している。田路舜哉 フレッシュアイペディアより)

149件中 21 - 30件表示

「住友化学」のニューストピックワード