218件中 31 - 40件表示
  • 住友化学グループ

    住友化学グループから見た住友化学住友化学

    住友化学グループ フレッシュアイペディアより)

  • 住化グループ

    住化グループから見た住友化学住友化学

    住化グループ フレッシュアイペディアより)

  • サーモトロピック型液晶ポリマー

    サーモトロピック型液晶ポリマーから見た住友化学住友化学

    1974年にイーストマン・コダックが「タイプ?」を開発・上市するが、これはむしろポリエチレンテレフタレートの耐熱性向上を狙った改質の一種であった。表面実装技術(SMT)に対応すべく耐熱性向上を目的に開発された「タイプ?」は1979年に住友化学工業(現:住友化学)が工業化を行っている。さらに1984年にはセラニーズが「タイプ?」を開発し、機構部品への対応範囲を拡げた。サーモトロピック型液晶ポリマー フレッシュアイペディアより)

  • ニューファーム

    ニューファームから見た住友化学住友化学

    ニューファーム(Nufarm;ヌファームとも表記する)は、オーストラリア・メルボルンに本部を置く化学メーカー。特に世界的な大手農薬メーカーとして知られ、除草剤などの農薬を販売している。他に化学工業向け基礎化学品を製造している。現在住友化学が筆頭株主で、両社は農薬販売で提携している。ニューファーム フレッシュアイペディアより)

  • ディーコン法

    ディーコン法から見た住友化学住友化学

    ディーコン法に基づき、アメリカのM.W.ケロッグ社が開発したKel-Chlor法、オランダのシェル石油が開発したShell-Chlor法、日本の三井東圧が開発したMT-Chlor法が商業的に実施された。2000年代に入り、住友化学により酸化ルテニウム(IV)を触媒とする方法が開発された。ディーコン法 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ポリスチレン

    日本ポリスチレンから見た住友化学住友化学

    日本ポリスチレン株式会社(にほんポリスチレン、英文名称Japan PolyStyrene Inc.)は、住友化学と三井化学のポリスチレン事業を統合して設立された合成樹脂メーカー。市場動向の変動により、2009年秋に操業を停止した。かつて存在した日本ポリスチレン工業(略称NPS、2001年に親会社の昭和電工と合併)は別会社であり、直接のつながりはない。日本ポリスチレン フレッシュアイペディアより)

  • ナガオ (岡山県)

    ナガオ (岡山県)から見た住友化学住友化学

    1976年 - 大協石油(現・コスモ石油)、日本鉱業(現・ジャパンエナジー→JX日鉱日石エネルギー)、三菱化成(現・三菱化学)、住友化学工業(現・住友化学)の出資を受け、東曹化成株式会社を株式会社硫曹ケミカルへ社名変更。ナガオ (岡山県) フレッシュアイペディアより)

  • ベノミル

    ベノミルから見た住友化学住友化学

    デュポン社が開発した殺菌剤で、日本では1971年4月21日に農薬登録を受けた。1999年の実績では、日本は原体29トン・製剤243トンを輸入している。商品名は「ベンレート」など。リンゴ・ナシ・ブドウのうどんこ病や黒星病、柑橘類のそうか病、テンサイの褐斑病、稲の種子病に有効で、種子・球根の消毒や、ミカンの青カビなど貯蔵時の病害防除にも用いられる。現在は住友化学が生産・販売(家庭園芸用は住友化学園芸が販売)している。ベノミル フレッシュアイペディアより)

  • シアテック

    シアテックから見た住友化学住友化学

    株式会社シアテック(Ciatec,Ltd、略称:CTL)は、愛媛県新居浜市に本社を置く建設コンサルタント会社。住友化学のグループ会社。シアテック フレッシュアイペディアより)

  • 海田悠

    海田悠から見た住友化学住友化学

    トヨタ自動車(株) 張富士夫、パナソニック(株) 中村邦夫、武田薬品工業(株) 長谷川閑史、キヤノン(株) 御手洗冨士夫、キッコーマン(株) 茂木友三郎、住友化学(株) 米倉弘昌など。「百年に一度」の大不況といわれる時代を、日本の経営者はどのように受け止め、もの作りの原点に戻り激動のときを乗り越えようとするのか。100名の経営者の、優しさと厳しさが刻まれた、まさに愛に満ちた『慈父』のような顔をカメラに収めた作品展。海田悠 フレッシュアイペディアより)

218件中 31 - 40件表示

「住友化学」のニューストピックワード

  • 日本ラグビー界の大事な一人を失ってしまった。

  • (五郎丸のことは)ラグビーファンに限らず、新しいファンも知っている。

  • ベネズエラ大統領国連演説