前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
434件中 1 - 10件表示
  • 商社

    商社から見た住友商事住友商事

    住友商事 - 売上高 7兆5,027億円:「住商」商社 フレッシュアイペディアより)

  • 田路舜哉

    田路舜哉から見た住友商事住友商事

    田路 舜哉(とうじ しゅんや、1893年11月12日 - 1961年7月5日)は、日本の実業家。住友商事の創業者。「ケンカ田路」・「ムラマサ(名刀村正の意)」の異名をもち、住友商事の「建業の大宗」と称された。田路舜哉 フレッシュアイペディアより)

  • フィードパス

    フィードパスから見た住友商事住友商事

    2006年6月 - 米国Zimbra Inc.の「Zimbra Collaboration Suite」を日本展開することを住友商事とともに発表。住友商事が資本参加フィードパス フレッシュアイペディアより)

  • 本條猛二

    本條猛二から見た住友商事住友商事

    本條猛二(ほんじょう たけじ、1902年4月19日 - 1968年9月18日)は大正、昭和の実業家。本條商店主、山陽自動車工業、宅洋海運、山陽自動車運送元社長。実兄の田路舜哉は住友商事の創業者。本條猛二 フレッシュアイペディアより)

  • 安宅産業

    安宅産業から見た住友商事住友商事

    1966年には住友商事との合併話があった。戦後にスタートした住友商事は当時まだ規模が小さく、メインバンクが安宅と同じ住友銀行であったことから、住友銀行主導で話が進んだ。猪崎社長は乗り気で話を進め、合併比率1:1、社名は「住友安宅商事」、社長は住友の津田久、会長は猪崎久太郎と合併覚書調印寸前まで漕ぎつけたが、最終的に「相談役社賓」英一の反対で流れることになった。英一の反対の理由は、「君は、『安宅』を潰す気か」というもので、要するに住友商事と合併したのでは息子の昭弥を社長にできないということであった。それまで英一の支持をバックに社内では絶対的なワンマンとして君臨していた猪崎社長は、この件がきっかけとなって同年末に会長に祭り上げられた。安宅産業 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢丹

    伊勢丹から見た住友商事住友商事

    6月 - 株式会社バーニーズジャパンの全株式を、住友商事と東京海上キャピタルに譲渡。伊勢丹 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド・シネマ

    ユナイテッド・シネマから見た住友商事住友商事

    安定した出店先と資金の確保のため、同社は国内各社との合弁提携を模索した。結果的にはUCI(50%)、住友商事(40%)、角川書店(10%)の3社で1999年10月に日本で新しい合弁会社ユナイテッド・シネマ株式会社を設立。以降に開業したサイトは同社での経営となった。ユナイテッド・シネマ フレッシュアイペディアより)

  • 冨樫和久

    冨樫和久から見た住友商事住友商事

    冨樫 和久(とがし かずひさ、1951年8月30日- )は、日本の実業家。神奈川県出身。住友商事株式会社元特別顧問・代表取締役副社長執行役員。冨樫和久 フレッシュアイペディアより)

  • 浜中泰男

    浜中泰男から見た住友商事住友商事

    浜中泰男は元住友商事非金属部門部長。通称「世界の銅地金の5パーセントを取引する男」として知られていた。1997年に2852億円の損失を東京地裁に懲役8年の実刑判決を言い渡された。浜中泰男 フレッシュアイペディアより)

  • サミットウインドパワー鹿嶋発電所

    サミットウインドパワー鹿嶋発電所から見た住友商事住友商事

    住友商事の展開する再生可能エネルギー事業の一環として子会社のサミットウインドパワー株式会社により建設された発電所である。発電所は鹿島灘に面した埋立地一帯に立地しており、10基の風車は平井浜(1号機)、鹿嶋市北海浜工業団地(2?5号機)、新日鐵住金鹿島製鐵所(6?9号機)、鹿島市営北海浜多目的球技場(10号機)に設置されている。風車のタワーには、住友金属工業蹴球団が前身となった鹿島アントラーズロゴ(1号機、6?10号機)、および工業団地に入居する各企業のロゴ(2?5号機)が掲示されている。サミットウインドパワー鹿嶋発電所 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
434件中 1 - 10件表示

「住友商事」のニューストピックワード