52件中 41 - 50件表示
  • 住友商事

    住友商事から見た第一勧銀グループ

    伊藤忠商事 - 住友銀行の融資系列先であり、戦前は実質的に住友財閥の商社機能を担っていた。戦後、住友商事の成長にともない住友系列から離脱し第一銀行グループ(第一原子力グループ)の中核商社へ移行。現在はみずほフィナンシャルグループに親密。住友商事 フレッシュアイペディアより)

  • 住友商事

    住友商事から見た戦後

    戦前の住友には独立した商事部門がなく、住友商事は、戦後発足した商事会社であることから「遅れてきた商社」と呼ばれていた時代があった。これは、住友第三代総理事鈴木馬左也によって1921年(大正10年)に言い渡された「商社設立禁止宣言」のためで、これ以降、住友では「商社の開設」は禁句となった。住友商事 フレッシュアイペディアより)

  • 住友商事

    住友商事から見たTOPIX Large70

    住友商事株式会社(すみともしょうじ、)は、住友グループの大手総合商社である。同社はTOPIX Large70の構成銘柄の一つでもある。住友商事 フレッシュアイペディアより)

  • 住友商事

    住友商事から見た株主代表訴訟

    1996年(平成8年)6月 - トレーダーの非鉄金属部長の浜中泰男が銅地金の不正取引で同社に2,850億円の損害を与えたことが発覚。さらに直後の株主総会では役員退職慰労金に関する株主の質問をさえぎって議事進行を強行。そのため株主代表訴訟および総会決議取消訴訟に発展した。住友商事 フレッシュアイペディアより)

  • 住友商事

    住友商事から見た資産

    しかし、第二次世界大戦の敗戦で住友本社の解体が決定的となり、住友本社職員および日本各地、外地からの引揚者のために職場を開設することが緊急課題となり、さし当たって大資本を必要とせず、大量雇用も可能な商事会社の設立案が浮上した。しかし、戦後の経済情勢で独立の商社設立が困難なため、不動産・建設会社で資産内容が良好な住友土地工務に商事部門を併設することになった(このため、住友商事の法人設立日は、住友土地工務の前身である大阪北港の設立日である)。住友商事 フレッシュアイペディアより)

  • 住友商事

    住友商事から見た一ツ橋

    2001年(平成13年)5月 - 千代田区一ツ橋から中央区晴海一丁目に本社移転。住友商事 フレッシュアイペディアより)

  • 住友商事

    住友商事から見たベトナム

    2007年(平成19年)10月 - ベトナム住友商事を設立。住友商事 フレッシュアイペディアより)

  • 住友商事

    住友商事から見た東区 (名古屋市)

    中部支社 - 名古屋市東区東桜1丁目1番6号 住友商事名古屋ビルディング住友商事 フレッシュアイペディアより)

  • 住友商事

    住友商事から見た不動産

    しかし、第二次世界大戦の敗戦で住友本社の解体が決定的となり、住友本社職員および日本各地、外地からの引揚者のために職場を開設することが緊急課題となり、さし当たって大資本を必要とせず、大量雇用も可能な商事会社の設立案が浮上した。しかし、戦後の経済情勢で独立の商社設立が困難なため、不動産・建設会社で資産内容が良好な住友土地工務に商事部門を併設することになった(このため、住友商事の法人設立日は、住友土地工務の前身である大阪北港の設立日である)。住友商事 フレッシュアイペディアより)

  • 住友商事

    住友商事から見た常務取締役

    佐高信『逆命利君』(講談社文庫、1993年(平成5年)) - 1987年(昭和62年)10月2日に死去した鈴木朗夫(当時:常務取締役業務本部長)と伊藤正(当時:社長)を描く。住友商事 フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示

「住友商事」のニューストピックワード