前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
393件中 1 - 10件表示
  • 再生可能エネルギー

    再生可能エネルギーから見た太陽光発電太陽光発電

    太陽光発電(光 → 電気)再生可能エネルギー フレッシュアイペディアより)

  • グリーンテック

    グリーンテックから見た太陽光発電太陽光発電

    グリーンテック株式会社(英称:GREEN TEC CO.,LTD.)は、京都市中京区に本社を置く、太陽光発電システムの設計、施工および販売を行う企業である。グリーンテック フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電のコスト

    太陽光発電のコストから見た太陽光発電太陽光発電

    太陽光発電のコストは、運転に燃料費は不要であるため、設備と設置工事費および長寿命化のためのメンテナンス費用でほぼ決まる。開発当初は非常に高価であり用途が限られたが、工業製品として典型的な価格低減を続け、現在では一般家庭でも導入可能な水準(コスト回収可能性有り)に低減してきている。昼間のみ発電する特性から、系統連系して用いる場合は昼間の電力需要ピーク時のコストで論じられる。現時点でのコストは既存電源よりも高価であるが、既に条件の良い国や地域では既存の電源と同等、もしくはより安くなり始めている。また蓄電して独立型のシステムとして用いる場合は、蓄電池や他の電源を組み合わせた場合のコストで論じられる。一方、途上国で送電網が未整備な場合、消費電力に比して燃料輸送費や保守費が高い場所など(山地、離島、砂漠、宇宙等)では、現段階でも他方式に比較して最も安価な電源として用いられる。今後もさらなるコスト低減が見込まれており、中長期的にはコストが最も安い発電手段の一つになると予測する報告もある。太陽光発電のコスト フレッシュアイペディアより)

  • サンビスタ (シャープ)

    サンビスタ (シャープ)から見た太陽光発電太陽光発電

    サンビスタ(SUNVISTA)は、シャープの住宅用太陽光発電システムの名称。称呼はスンビスタでも間違いではない。サンビスタ (シャープ) フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術

    地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術から見た太陽光発電太陽光発電

    再生可能エネルギーの普及…特にバイオマスエネルギー、風力発電、太陽光発電・太陽熱発電・太陽熱利用、地熱発電・地熱などの普及可能性が指摘されている。それぞれ有効な分野は異なる。地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽電池

    太陽電池から見た太陽光発電太陽光発電

    太陽電池を用いた発電は、太陽光発電と呼ばれる。電源としての特徴などについては、太陽光発電の項を参照されたい。太陽電池 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電の資源量

    太陽光発電の資源量から見た太陽光発電太陽光発電

    地表面に到達する太陽光のエネルギーは人類のエネルギー消費量に比べて桁違いに大きく、砂漠などの陸地のごく一部に太陽光発電設備(もしくは太陽熱発電設備)を設置するだけで全世界のエネルギー需要量を上回るエネルギーが得られるとされる。また太陽電池の製造に必要なシリコンなどの資源も人類の全エネルギー需要を供給するに足りるだけの量があり、事実上無限とされる。太陽光発電の資源量 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電の環境性能

    太陽光発電の環境性能から見た太陽光発電太陽光発電

    太陽光発電も他の発電方式(電源)同様、その設備(モジュールやパワーコンディショナーなど)の生産時にはある程度の温室効果ガス (GHG) の排出を伴う。しかし化石燃料に基づくエネルギー源と異なり、太陽光発電は運転中に温室効果ガスや有害物質を含む排出ガスを出さない(動作原理については太陽電池を参照)。一般にライフサイクル中の全排出量を全発電量で平均すると、太陽光発電のGHG排出量は化石燃料による電源の排出量より桁違いに少なく、利用することで化石燃料の消費量を削減し、全体的な排出量を削減できる。太陽光発電の環境性能 フレッシュアイペディアより)

  • 固定価格買い取り制度

    固定価格買い取り制度から見た太陽光発電太陽光発電

    地球温暖化への対策やエネルギー資源の確保のため、枯渇性燃料への依存度を下げて再生可能エネルギーを導入する際は、価格的競争力が大きな障害となる。この価格が下がるためには、大量普及によって生産コストや流通コストを低減させると同時に、技術開発を促すのが望ましい。これまでの実績から、バイオマス、風力発電、太陽光発電などの価格は経験曲線(もしくは学習曲線)に従い、普及量の増大と共に、法則性を持って低減することが知られており、そこから将来の価格低減速度を予測できるとする論者もいる。(但し、「高コストの劣った方式のサプライヤーを甘やかす」と言う批判もある)固定価格買い取り制度は前者の主張に基づき、電気料金に少額の上乗せをして得られた資金を用いて普及を助成する方式の1つである。固定価格買い取り制度の特徴は、個々の発電所に対するエネルギーの売り渡し価格(タリフ)を設置時点で長期間固定する一方、発電所の設置時期が後になるほど、(価格低減に従って)助成額を減らすことである。固定価格買い取り制度 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化への対策

    地球温暖化への対策から見た太陽光発電太陽光発電

    再生可能エネルギーの普及…特にバイオマスエネルギー、風力発電、太陽光発電・太陽熱発電・太陽熱利用、地熱発電・地熱などの普及可能性が指摘されている。それぞれ有効な分野は異なる。地球温暖化への対策 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
393件中 1 - 10件表示

「住宅用太陽光発電」のニューストピックワード