393件中 91 - 100件表示
  • アレクサンドル・エドモン・ベクレル

    アレクサンドル・エドモン・ベクレルから見た太陽光発電太陽光発電

    太陽光発電に関する代表的な国際会議であるEU-PVSECは、彼にちなんでベクレル賞(European Becquerel Prize)を設けている。アレクサンドル・エドモン・ベクレル フレッシュアイペディアより)

  • 海流発電

    海流発電から見た太陽光発電太陽光発電

    風力発電や、太陽光発電のように天候に左右されない。また、空気と比べると海水の密度は1000倍近く大きいため、発電源として比較的安定している。海流発電 フレッシュアイペディアより)

  • 竜飛ウィンドパーク

    竜飛ウィンドパークから見た太陽光発電太陽光発電

    ホテル竜飛にも風車が1基あり、ホテルで利用する電気を太陽光発電と併用して供給している。また、展示館は隣接する青函トンネル記念館と廊下でつながっており、閉館となった現在も記念館の展示室を経由して入ることはできる。しかし、展示設備の中には既に正常に稼働しないものがある。竜飛ウィンドパーク フレッシュアイペディアより)

  • 夕張岳

    夕張岳から見た太陽光発電太陽光発電

    田中澄江は夕張岳を代表する花として、『花の百名山』の著書でウルップソウの変種であるユウバリソウを紹介し、『新・花の百名山』ではサクラソウ属のユウバリコザクラなどを紹介した。他にはスミレ属シソバキスミレ、リンドウ科ユウバリリンドウ、マンネングサ属ユウパリミセバヤ、ツガザクラ属ユウバリツガザクラ、キク科ユキバヒゴタイ、タンポポ属ユウバリタンポポなどもこの山を代表する花である。またバラ科エゾノシモツケソウ、シナノキンバイ、ネギ属シロウマアサツキ、シラネアオイなどの633種の高山植物の豊庫となっている。雪田ではアオノツガザクラやイワイチョウなどがみられる。絶滅の恐れがある希少な高山植物をエゾシカなどの食害から守るため、「エゾシカネットワーク」が太陽光発電を使った電気柵を設置する対策事業を行っている。各々固有種の生育地が限られた狭い面積であることが特徴で、踏み受けや盗掘などにようる減少が危惧されている。夕張岳 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県民総合運動公園屋内運動広場

    熊本県民総合運動公園屋内運動広場から見た太陽光発電太陽光発電

    加圧用のファンは太陽光発電による電力を利用し、また屋根からの自然採光を積極的に用いることで屋内照明を減らすなど、省エネルギーも考慮した設計になっている。熊本県民総合運動公園屋内運動広場 フレッシュアイペディアより)

  • ソーラーアーク

    ソーラーアークから見た太陽光発電太陽光発電

    ソーラーアーク(Solar Ark)は、三洋電機が2002年に開館した太陽光発電施設である。ソーラーアーク フレッシュアイペディアより)

  • 構造改革特別区域

    構造改革特別区域から見た太陽光発電太陽光発電

    エコロジー関連 : 風力発電や太陽光発電などの新エネルギー利用や、リサイクルの効率化を行い、快適な街作りとともにエコロジー生活を送りやすい地域性で、住人を集める。また原付バイクの二人乗り規制緩和による自家用車の利用削減や電動スクーター(立ち乗りスクーター)などの導入による排気ガス排出量削減(加えて渋滞の解消)を目論む地域も出ている。構造改革特別区域 フレッシュアイペディアより)

  • シティ・ホール (ロンドン)

    シティ・ホール (ロンドン)から見た太陽光発電太陽光発電

    ニューヨークのソロモン・R・グッゲンハイム美術館のそれを思わせる、長さ500m の螺旋状の通路が建物の最上部まで昇っている。10階建ての建物の最上階は "London's Living Room"(ロンドンのリビングルーム)と呼ばれる展示・会議スペースとなっており、開放的な展望デッキを備えていることもあって、時折、一般開放されている。通路からは建物内部を眺める渡すことが出来、その透明性を象徴付けている。設計者のフォスターは、ドイツの国会議事堂の改修(1999年)の際にも、似たような設計を施している。2006年、建物に太陽光発電装置を取り付けることがロンドン気候変動局により発表された。シティ・ホール (ロンドン) フレッシュアイペディアより)

  • Business i. ENECO

    Business i. ENECOから見た太陽光発電太陽光発電

    一方で1990年代以降、徐々に太陽光発電、風力発電、地熱発電など新エネルギーについても取り上げる機会が増えていった。『アドインテリジェンス』のインタビュアーがこの点に触れた際、当時の編集長であった神は「東西冷戦時代は、日本は米国の庇護の下、国としての安全保障はある程度は約束されていました。しかし、冷戦が終結した今は、米国はいざというとき何もしてくれないでしょう。国が自立する上ではエネルギーや食料を自力で確保することが大切です。勿論コストの問題はありますが。」と回答している。Business i. ENECO フレッシュアイペディアより)

  • バンダイホビーセンター

    バンダイホビーセンターから見た太陽光発電太陽光発電

    世界観へのこだわりだけでなく、環境対策にもこだわった造りとなっており、壁面に太陽光発電パネルが埋め込まれて施設の電力の一部を賄っているほか、雨水や地下水の再利用システム、ゼロ・エミッションの実践など徹底して環境負荷低減に取り組んでいる。バンダイホビーセンター フレッシュアイペディアより)

393件中 91 - 100件表示