393件中 21 - 30件表示
  • 太陽光発電協会

    太陽光発電協会から見た太陽光発電太陽光発電

    一般社団法人太陽光発電協会(たいようこうはつでんきょうかい、Japan Photovoltaic Energy Association; JPEA)は、日本の太陽光発電産業の業界団体である。太陽光発電の普及促進活動のほか、統計作成、技術開発促進、需要家や消費者の相談窓口業務などを行う。太陽光発電協会 フレッシュアイペディアより)

  • コスモパーク加太

    コスモパーク加太から見た太陽光発電太陽光発電

    入居企業の少ない状況下で新たな動きとなったのは2012年(平成24年)7月1日に施行された再生可能エネルギーの固定価格買取制度である。これにさきがけて大規模太陽光発電所(メガソーラー)構想が持ち上がり、和歌山県によると、2011年(平成23年)7月に同制度の審議以降に20件を超える企業から問い合わせがあったという。最終的には造成地南側の企業立地に適さない28度の傾斜地に28,000 mの太陽電池の設置用地を確保し、事業者側はトヨタタービンアンドシステムが技術提供し、ウエストホールディングスが中心となって太陽光発電に取り組むこととなり、2012年4月4日に和歌山県と事業者との調印がなされた。コスモパーク加太 フレッシュアイペディアより)

  • 宇田川石油

    宇田川石油から見た太陽光発電太陽光発電

    2009年 - 太陽光発電システム、エネファームなどの新エネルギーシステム販売に参入。宇田川石油 フレッシュアイペディアより)

  • 国際航業ホールディングス

    国際航業ホールディングスから見た太陽光発電太陽光発電

    当グループは、創業以来60年以上にわたり、日本の国土形成や国内外の公共インフラストラクチャー整備事業に幅広く関わってきた。 現在は、グローバル規模で成長している環境・エネルギー分野への事業拡大に注力している。特に太陽光発電事業は、ドイツを拠点とするGEOSOLグループを傘下に収め、欧州における大規模太陽光発電所開発の実績から得られたノウハウや技術をもとに、2010年4月には、宮崎県都農町に大規模太陽光発電所のテストプラントである都農第1発電所(50kW)を竣工。2010年9月に都農第2発電所(1MW)の建設を開始し、2011年3月に国内ではグループ初の大規模太陽光発電所が本格的に稼働を開始した。この都農第1・第2発電所は、リニアモーターカー実験施設の高架を活用し、12,962枚の太陽電池を幅約4m、長さ約3.9kmに渡って配置した南北に細長い形状で、特徴ある太陽光発電所である。国際航業ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 地熱発電

    地熱発電から見た太陽光発電太陽光発電

    地熱発電は、地熱という再生可能エネルギーを活用した発電であるため、運転に際していわゆる温室効果ガスの二酸化炭素の発生が火力発電に比して少なく、燃料の枯渇や高騰の心配が少ない。また太陽光発電や風力発電といった他の主要な再生可能エネルギーを活用した発電と異なり、天候、季節、昼夜によらず安定した発電量を得られる。資源量も多く、特に日本のような火山国においては大きなポテンシャルを有すると言われる(再生可能エネルギーを参照)。地熱発電 フレッシュアイペディアより)

  • UN-GO

    UN-GOから見た太陽光発電太陽光発電

    現状の太陽光発電利権にJJシステムが乗り出すことを警戒したため、フルサークルに協力し政府系の情報を引き出していた。但し、海勝が着手したのは現状の太陽光発電とは無縁の太陽熱発電ゲマソーラーであった。UN-GO フレッシュアイペディアより)

  • スマートグリッド

    スマートグリッドから見た太陽光発電太陽光発電

    元々、米国の脆弱な送配電網を、新たに登場したコンピュータ技術によって低コストで安全に運用する手法を模索する過程で生まれた構想であり、電力供給者と需要者をデジタル通信線によって結ぶアイデアに、家庭電化製品のネットワーク化推進に失敗していた高機能家電への進出を狙うメーカーやデジタル通信用のデバイス・メーカー、さらにはITネットワークを主導している企業までが、家庭へデジタル回線を引き込む良い機会と捉えて大きな関心を寄せるようになった。また、欧米や日本で電気自動車、太陽光発電などが推進され始めたのも、米国が官民を挙げて次世代の送配電網の必要性を論じるきっかけになった。スマートグリッド フレッシュアイペディアより)

  • 新エネルギー

    新エネルギーから見た太陽光発電太陽光発電

    新エネルギー(しんえねるぎー)とは、公的には日本における新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法(新エネルギー法)において「新エネルギー利用等」として定義され、同法に基づき政令で指定されるもののことを指す。現在、政令により指定されている新エネルギーは、バイオマス、太陽熱利用、雪氷熱利用、地熱発電、風力発電、太陽光発電などであり、すべて再生可能エネルギーである。ほぼ日本だけで用いられる用語(分類)である。海外では代替エネルギー(alternative energy)と呼ばれる分野と重なる。新エネルギー フレッシュアイペディアより)

  • 発電所

    発電所から見た太陽光発電太陽光発電

    3と4は合わせて「再生可能エネルギー」と呼ばれる。「自然エネルギー」という用語は、核分裂反応や燃焼などの化学反応を伴わず、そのまま利用できるものだけを示す場合と、自然界に存在するエネルギーという意味で1から4までのすべてを含む場合がある。1は20世紀末から現在も、近い未来に枯渇することが世界的な問題となっており、4に属する新たな自然エネルギーや2の核分裂エネルギーの安全な利用が21世紀初頭の現在求められており、長期的には4に近い核融合エネルギー技術の開発も模索されている。1の化石燃料によるガスタービン発電を除けば、1と2による発電の多くがボイラーで高温高圧の蒸気を作ってタービンを回す、「汽力発電」である。ガスタービン発電やディーゼル発電は内燃機関であり、「内燃力発電」と呼ばれる。汽力発電の内でも1の化石燃料を燃やすものと、やはり化石燃料を燃やす全ての内燃力発電は、合わせて「火力発電」と呼ばれる。2のウランやウランから生まれるプルトニウムの核分裂時に生じる核エネルギーを使うものは、原子力発電と呼ばれ、化石燃料を燃やすものとは別の汽力発電である。1から4まで含めてほとんどが、放射性物質の核分裂エネルギーまたは太陽の核融合エネルギー由来であり、核エネルギーと無縁なのは天体の公転・自転エネルギーが由来の潮力発電くらいしかない。現在、放射能が問題になるのは原子力発電のみだが、将来的には、たとえ再生可能エネルギーであっても宇宙空間での太陽光発電などでは放射線が問題になる。発電所 フレッシュアイペディアより)

  • サンヨーホームズ

    サンヨーホームズから見た太陽光発電太陽光発電

    クボタハウス時代から続く鉄骨構造のプレハブ住宅事業では、三洋電機傘下に入ってから電機メーカーの特長を活かして太陽光発電住宅や24時間空調システムなどを商品化している。三洋ホームズ設立以降、それまで事業展開していた北越などでは事業が行われなくなった。ベターリビングが提唱しているCHS住宅販売では、2002年に供給実績がトップになった。2007年には太陽光発電、オール電化、制震、緊急地震速報を全商品に標準搭載している。企業コンセプトは社長個人の意向で「ECO&SAFETY」である。サンヨーホームズ フレッシュアイペディアより)

393件中 21 - 30件表示

「住宅用太陽光発電」のニューストピックワード