393件中 61 - 70件表示
  • 核情報資料サービス

    核情報資料サービスから見た太陽光発電太陽光発電

    NIRSは核エネルギー、放射性廃棄物、放射、持続可能エネルギーなどの課題に関連する、市民や団体のための情報ネットワークセンターとして設立された。NIRSはエネルギーの効率的使用、太陽光発電、風力発電、プラグインハイブリッドなどの安全で持続可能な解決方法の実現を提唱している。核情報資料サービス フレッシュアイペディアより)

  • ローヂャナ・アユタヤ工業団地

    ローヂャナ・アユタヤ工業団地から見た太陽光発電太陽光発電

    2011年ローヂャナ工業団地社と住金物産の合弁会社ローヂャナ・エナジーがアユタヤの工業団地内77万?に最大出力2万4,000kWの大型太陽光発電プラントの設置を計画した。2012年末に稼動予定。総事業費70億円。電力はタイ地方電力公社(PEA)に売却する計画。ローヂャナ・アユタヤ工業団地 フレッシュアイペディアより)

  • X-Seed 4000

    X-Seed 4000から見た太陽光発電太陽光発電

    太陽光発電を設置したり、光、気温、大気圧などを外部に合わせる機能を持たせる。その規模から建設地は東京湾上が想定され、工費150兆円工期30年が見積もられている。しかし、建設の困難さはきわめて高く、今まで確実な施工が検討されたことはない。X-Seed 4000 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌第1合同庁舎

    札幌第1合同庁舎から見た太陽光発電太陽光発電

    その他、建物内に位置する北海道開発局の営繕部では、官庁施設における総合的環境対策を推進、官公庁施設のほか公共建築物にも環境対策を遂行するように定めた、「北海道開発局営繕グリーン化推進計画」を掲げた。各官庁施設が機能する時間を考慮して、省エネルギーなど環境負荷削減を推進するこの計画には、最も規模の大きい一般事務を行う庁舎、及び北海道の中心となる庁舎の一つである、札幌第1合同庁舎もグリーン化を実施する官公庁の建築物の一つに含まれた。庁舎の屋上に太陽光発電装置を設置して年間の電力を削減するなど、札幌第1合同庁舎は環境負荷を低減する庁舎グリーン化改修の先導的役割を担った。札幌第1合同庁舎 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の航空

    2011年の航空から見た太陽光発電太陽光発電

    (太陽光発電運用開始) 九州電力(福岡県福岡市中央区)グループのキューデン・エコソル(福岡県福岡市中央区)は、福岡空港(福岡県福岡市博多区)の国際線ターミナルビルで太陽光発電設備の運用を開始。この設備は、207kwの発電が可能で、空港としては、東京国際空港(羽田空港)(東京都大田区)、中部国際空港(セントレア)(愛知県常滑市)に次ぐ規模の発電となる。2011年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • 自然エネルギー協議会

    自然エネルギー協議会から見た太陽光発電太陽光発電

    2011年3月11日の東日本大震災を起因とする福島第一原子力発電所事故で、太陽光発電や風力発電をはじめとする自然エネルギーの必要性が高まったため、その普及促進を目的として設立された。自然エネルギー協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 人力発電

    人力発電から見た太陽光発電太陽光発電

    またある程度の電力を必要とするものでは足漕ぎ式のものも考えられるが、こちらは余り多く出まわっておらず、そのような用途には専ら太陽光発電(太陽電池)や風力発電、あるいは小型の水力発電機のような、他のエネルギーに電力を求める様式が一般的である。人力発電 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井淳

    桜井淳から見た太陽光発電太陽光発電

    森永晴彦については『原子炉を眠らせ、太陽を呼び覚ませ』の書評で現存の原子力発電を活用しながら太陽光発電を立ち上げていくという姿勢を評価している。なお、桜井自身も長期的観点では太陽光発電のポテンシャルには期待を持っている旨を表明している。また、核融合炉の開発を中止し太陽光発電の開発にリソースを振り向ける旨主張していることに対して「私よりもはるかにきびしい」脱原発路線であるとしている。桜井淳 フレッシュアイペディアより)

  • 環境デザイン

    環境デザインから見た太陽光発電太陽光発電

    こうした概念の範疇にハードやソフトの両面で調査研究することを指すが その範囲は地域や都市、社会基盤から建築、ランドスケープ、インテリアなどの場所、空間などが含まれ、対象は家具などから、山野の自然、農山村、広場、公園などの地域対象そのものおよび相互の関係性を理解分析しデザインすることである。そして地図等で土地のもつ特徴を全体的に理解し、マスタープランを通じて一定の広がりをもつ地域の計画・設計立案を行うこと、地区の課題を分析し、計画を導くこと、自然資源をいかした生活基盤整備(風力発電、太陽光発電等)、都市緑化、自然保全などによる都市と自然との調和を保つこと、文化、歴史、自然資源と観光、都市機能拡大等の地域間開発の調和をとること、地域、都心、街区等の景観形成を行うこと、個々の建築や空間の外装、内装をデザインするなどである。また、人の技術醸成、教育も環境デザインの範疇であり、計画のマネジメント・プロデュースを行うことも含まれる。個別のデザインに留まることなく、それを取り巻く周辺環境にも考慮する点が特徴である。環境デザイン フレッシュアイペディアより)

  • フランスのエネルギー政策

    フランスのエネルギー政策から見た太陽光発電太陽光発電

    再生可能エネルギー源としては風力発電や太陽光発電、バイオマスが提唱されており、2001年にフランスはEU15か国の生産量の20%を占める再生可能エネルギーを生産した。フランスのエネルギー政策 フレッシュアイペディアより)

393件中 61 - 70件表示

「住宅用太陽光発電」のニューストピックワード

  • Outdoor Recorder(アウトドアレコーダー)EX−FR110H

  • Outdoor Recorder EX−FR110H

  • 米カリフォルニア州