652件中 61 - 70件表示
  • サウス・アフリカン・ソーラー・チャレンジ

    サウス・アフリカン・ソーラー・チャレンジから見た太陽光発電太陽光発電

    再生可能エネルギー技術。(とくに太陽光発電/太陽電池技術)サウス・アフリカン・ソーラー・チャレンジ フレッシュアイペディアより)

  • ハンツィ

    ハンツィから見た太陽光発電太陽光発電

    ハンツィにはじめてやってきたヨーロッパ人はアフリカーナーのヘンドリック・ヴァン・ジルで、1870年にこの地に小さな狩猟や交易の拠点を構えた。しかし、1897年から1898年にその拠点は消失した。その後、ハンツィにはいくつかの農場が建設され、カラハリ・アームズ・ホテルやバークレイズ銀行の支店などが建設され、この地方の経済や観光の拠点として発展してきた。1989年には太陽光発電によって電話サービスが開始され、1999年にはJICAの支援による円借款などによって全線舗装のトランスカラハリハイウェイが開通し、ハンツィと首都ハボローネ、ナミビアの首都ウィントフックが結ばれた。これによりハボローネとの間にバス路線が運行開始し、所要時間の大幅な短縮によって観光や産業の開発が進んだ。2008年には新たなショッピングモールがオープンした。ハンツィ フレッシュアイペディアより)

  • リュネル

    リュネルから見た太陽光発電太陽光発電

    2008年9月、太陽光発電所がヴァレコ・グループに業務委託された。この発電所は220万ユーロが投資された、フランス本土の太陽光発電所で重要なものである。リュネル フレッシュアイペディアより)

  • Evno

    Evnoから見た太陽光発電太陽光発電

    家庭用燃料電池や太陽光発電といった個人保有のエネルギーを仮想的に結んだ仮想発電所をつくり、送電を行う電力会社と、電力配分を行う事業会社(EVNO)とにわけて管理する。スマートグリッドは、ある閉じられた地域の電力網において、複数の地点から発電し、複数の地点で消費する。この場合、総発電量と総消費量は同時同量で同一に制御されている。EVNOは、各家庭の発電量と消費量を監視し、需要に対して周辺の電源からの効率的な配分を行うことで、電力の地産地消を目指す。電力会社は、電力の売買にかかわる事業を分離することにより、経済原理に基づいた柔軟な単価か設定が可能となる。また、地産地消により、既存の電力インフラを効率的に利用することが可能になる。一方、利用者は単価の異なる電力を時間などの個々の事情に応じて使い分けることが可能になる。Evno フレッシュアイペディアより)

  • 機械化

    機械化から見た太陽光発電太陽光発電

    効率の面でも仕事量の面でも人間は機械に太刀打ちできず、経営者が単純労働に機械の方を選ぶことは明らかである。人間は少なくとも労働で消費したカロリーと同じだけの経済的補償がなければ生きていけないし、多くの場合それ以上の賃金を要求する。労働者の賃金をたとえ1日1ドルと仮定したとしても、1kWhの仕事に4ドルのコストがかかる。これは例えば太陽光発電パネルのエネルギーコストよりも高くつく。機械化 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市立南長崎小学校

    長崎市立南長崎小学校から見た太陽光発電太陽光発電

    3月6日 - 太陽光発電パネルを設置。長崎市立南長崎小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 人口過多

    人口過多から見た太陽光発電太陽光発電

    現在、農山村は過疎化しており、農地などの土地資源は余剰気味である(耕作放棄地)。しかし今後新興国の経済発展・気候変動などによって資源価格が高騰し、日本が国内需要分の食糧、木材、エネルギー資源などの自給を強いられるようになれば、農地や太陽光発電用地などの需要で土地不足が生じ、人口過多問題が再燃する可能性も否定できない。人口過多 フレッシュアイペディアより)

  • メガソーラー大牟田発電所

    メガソーラー大牟田発電所から見た太陽光発電太陽光発電

    2004年4月に廃止された港発電所跡地を活用し、九州電力では初となる大規模太陽光発電システムを採用した発電所として、2010年11月に運転を開始した。メガソーラー大牟田発電所 フレッシュアイペディアより)

  • ローヂャナ・アユタヤ工業団地

    ローヂャナ・アユタヤ工業団地から見た太陽光発電太陽光発電

    2011年ローヂャナ工業団地社と住金物産の合弁会社ローヂャナ・エナジーがアユタヤの工業団地内77万?に最大出力2万4,000kWの大型太陽光発電プラントの設置を計画した。2012年末に稼動予定。総事業費70億円。電力はタイ地方電力公社(PEA)に売却する計画。ローヂャナ・アユタヤ工業団地 フレッシュアイペディアより)

  • 新歩行者主義

    新歩行者主義から見た太陽光発電太陽光発電

    新歩行者主義の理想形としては消費量減少と再生可能エネルギーを利用することで、石油や他の限られたエネルギー源の必要性を減らすことである。特に高起電性細胞の価格が下がるにつれて、個々の住宅はソーラーパネルと太陽光給湯器が装備され、太陽光発電公園が地域全体のエネルギーを作り出すことが今後予測されている。エネルギーの必要性を減らし石油依存から遠ざかることで、健康・社会・経済・環境問題に対処していくことができるであろう。新歩行者主義 フレッシュアイペディアより)

652件中 61 - 70件表示

「住宅用太陽光発電」のニューストピックワード