前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
97件中 1 - 10件表示
  • 太陽光発電

    太陽光発電から見た太陽電池

    太陽光発電(たいようこうはつでん、、Solar photovoltaics、略してPVとも)は、太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換する発電方式である。ソーラー発電とも呼ぶ。再生可能エネルギーである太陽エネルギーの利用方法の1つである。この項では発電方式としての太陽光発電について記載する。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見た人工衛星

    制約が少なく腕時計から人工衛星まで様々な場所で用いられる。地上に直接設置でき、太陽光を十分に受けられパネル重量に耐えられる場所であれば屋根や壁など様々な場所に設置可能である。軽量柔軟なフレキシブル太陽電池では、重量や接地面形状の制約も減少する。剛性があるパネルであっても通常の半分程度まで軽量化し、耐荷重の制約を減らした製品も開発されている。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見たアルバック

    2008年の世界市場の太陽電池セル製造装置売上高トップはアプライド・マテリアルズであった。以下Roth & Rau、Centrotherm、OC Oerlikon Balzers、アルバックと続く。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見た日本郵船

    2008年から日本郵船・新日本石油(現:JXエネルギー)が自動車運搬船で実証試験を行った。2012年には商船三井・三菱重工業・パナソニックがリチウム蓄電池付きシステムを搭載した自動車運搬船を進水させた。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見た新日本石油

    2008年から日本郵船・新日本石油(現:JXエネルギー)が自動車運搬船で実証試験を行った。2012年には商船三井・三菱重工業・パナソニックがリチウム蓄電池付きシステムを搭載した自動車運搬船を進水させた。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見た商船三井

    2008年から日本郵船・新日本石油(現:JXエネルギー)が自動車運搬船で実証試験を行った。2012年には商船三井・三菱重工業・パナソニックがリチウム蓄電池付きシステムを搭載した自動車運搬船を進水させた。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見た三菱重工業

    2008年から日本郵船・新日本石油(現:JXエネルギー)が自動車運搬船で実証試験を行った。2012年には商船三井・三菱重工業・パナソニックがリチウム蓄電池付きシステムを搭載した自動車運搬船を進水させた。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見たパナソニック

    2008年から日本郵船・新日本石油(現:JXエネルギー)が自動車運搬船で実証試験を行った。2012年には商船三井・三菱重工業・パナソニックがリチウム蓄電池付きシステムを搭載した自動車運搬船を進水させた。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見たスマートグリッド

    発電設備自体のコスト以外では火力発電や原子力発電の発電量の削減を進めるに伴い、需要と供給の各種変動ギャップを埋める費用発生も見込まれる。風力発電等の電源も関連する。スマートグリッド等の総合的な対策が各国で検討推進されている。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見た温室効果ガス

    技術的特徴として、発電量が日照に依存し不随意に変化する一方、昼間の電力需要ピークを緩和し温室効果ガス排出量を削減できる。設備は太陽電池、必要な電圧や周波数に変換するインバータ(パワーコンディショナー)、用途により蓄電池も組み合わせて構成される。開発当初は極めて高価で宇宙開発等限られた用途に用いたが、近年発電コストの低減が進み、多くの発電方法と比較して高コストながら年間数十ギガワット単位で導入されるようになった(太陽光発電の市場動向を参照)。今後コスト低減や市場拡大が続くと見込まれ、各国で普及政策が進められると同時に、貿易摩擦に発展する例や価格競争で倒産する企業が見られる。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
97件中 1 - 10件表示

「住宅用太陽光発電」のニューストピックワード