84件中 31 - 40件表示
  • 太陽光発電

    太陽光発電から見た省エネルギー

    米国国立再生可能エネルギー研究所 (National Renewable Energy Laboratory, NREL) 公式サイト …再生可能エネルギーや省エネルギー技術全般を扱う米国の研究所。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見た2009年

    世界全体の太陽電池生産量は指数関数的に拡大し続ける。PV NEWSの集計は2010年の生産量が2009年に比べ111%増加し23.9GWp(ギガ・ワットピーク)となった(値は調査会社で異なりPhoton Internationalは27.2GWpとする)。地域シェアは中国台湾合計59%、欧州13%、日本9%、北米5%、他14%である。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見たユナクシス

    2008年の世界市場の太陽電池セル製造装置売上高トップはアプライド・マテリアルズであった。以下Roth & Rau、Centrotherm、OC Oerlikon Balzers、アルバックと続く。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見たアプライド・マテリアルズ

    2008年の世界市場の太陽電池セル製造装置売上高トップはアプライド・マテリアルズであった。以下Roth & Rau、Centrotherm、OC Oerlikon Balzers、アルバックと続く。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見たQセルズ

    固定価格買い取り制度(フィードインタリフ制度)で法的に電力買取価格を保証する国が増加し、普及促進効果が報告された。普及量世界一のドイツでは国内の設備導入費用が2006年から5年間で半額以下になった。一方で供給過剰と価格低下でQセルズ、ソロン、ソーラー・ミレニアムが破綻した。また電気料金への転嫁による消費者負担も問題となり、2012年6月ドイツ連邦議会は買い取り価格の20?30%の引き下げに同意し同年4月に遡って適用された。。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見たタミヤ製作所

    セルとセルの間に隙間を作り光を透過させる機能も併せ持つもの(タミヤ製作所太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見たギガ

    技術的特徴として、発電量が日照に依存し不随意に変化する一方、昼間の電力需要ピークを緩和し温室効果ガス排出量を削減できる。設備は太陽電池、必要な電圧や周波数に変換するインバータ(パワーコンディショナー)、用途により蓄電池も組み合わせて構成される。開発当初は極めて高価で宇宙用等限られた用途に用いたが、近年発電コストの低減が進み、多くの発電方法と比較して高コストながら年間数十ギガワット単位で導入されるようになった。今後コスト低減や市場拡大が続くと見込まれ、各国で普及政策が進められると同時に、貿易摩擦に発展する例や価格競争で倒産する企業が見られる。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見たワットピーク

    グリッドパリティ達成はモジュール価格で1ドル/Wp以下が目安とされた。2012年時点でパネルの種類によっては0.5?0.9ユーロ/Wp前後になっている。更なるコスト低減を表明する企業もある。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見たグリッドパリティ

    開発当初は高価で用途も人工衛星等に限られたが経験曲線効果に従い価格が低下した。現時点でもコストが比較的高く普及促進に助成が必要であるが、条件の良い地域では既にグリッドパリティが達成されたと報告されている。中長期的にはコストが最も安い発電手段の一つになると予測されている。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見た太陽光発電協会

    太陽光発電基礎知識(太陽光発電協会太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

84件中 31 - 40件表示

「住宅用太陽光発電」のニューストピックワード