住宅用火災警報器 ニュース&Wiki etc.

住宅用火災警報器(じゅうたくようかさいけいほうき)は、火災報知機の一種で、主に一般住宅に設置され、火災の際煙や熱を感知して音声やブザー音で警報する警報器である。住警器(じゅうけいき)とも略される。 (出典:Wikipedia)

「住宅用火災警報器」Q&A

  • Q&A

    特定小規模施設用自動火災報知設備の感知器はどこで買えますか? 当方山小屋を営むもので…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月17日 05:55

  • Q&A

    至急※パナソニックドアホンVL-SWD302KLに連動できる火災報知器を教えて下さい…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年4月25日 13:34

  • Q&A

    地区の集会所に使用期限が何年も過ぎた住宅用消火器があります 使用期限が切れてから年数…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年3月12日 01:31

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「住宅用火災警報器」のつながり調べ

  • ニッタン

    ニッタンから見た住宅用火災警報器

    ニッタン株式会社(ニッタン、NITTAN COMPANY, LIMITED)は、自動火災報知設備や消火設備、住宅用火災警報器等を扱うセコムグループの防災メーカーである。(ニッタン フレッシュアイペディアより)

  • パナソニック電工

    パナソニック電工から見た住宅用火災警報機

    品番については、他のパナソニックグループ製品と異なり、アルファベットと数字の間にハイフン (-) が入らないのが特徴であったが、ポンプ(2008年(平成20年)3月31日にテラルに売却)やビルトイン型IHクッキングヒーター、エコキュートなど松下電器グループから営業が移管された商品は当初からハイフンが入っており、2008年(平成20年)7月1日以降の製品からはパナソニック電工が製造する製品のうち美容・健康機器などパナソニック ウェルネスマーケティング本部(旧・松下電器産業 ナショナルウェルネスマーケティング本部)が発売する白物家電商品にも順次ハイフンが挿入されている。(ただし、住宅用火災警報機などの一部製品は、今までどおりハイフンを挿入しない代わりに、品番の後ろにパナソニックブランドであることを意味する“P”を付けている)(パナソニック電工 フレッシュアイペディアより)

「住宅用火災警報器」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「住宅用火災警報器」のニューストピックワード