89件中 11 - 20件表示
  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た東京消防庁

    他の認定機関として東京消防庁やULマークを取得した製品もあり、自治体によってはこれも含めているところもある。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た価格

    電器店、家電量販店、ホームセンター、ガス販売店、警備業者、通信販売業者などから購入できる。価格は1台あたり2,000円前後 - 16,000円前後と幅広い。自治会(町内会)などで地域の電器店や設備業者などから共同購入できる場合もあるが共同購入の価格が高い場合があり注意が必要である。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た総務省

    総務省消防庁が省令で定める技術上の基準に適合している事を確認するため、第三者機関である日本消防検定協会が構造、材質、性能等についての試験を行い、適合した製品に表示が認められるマークである。取得は義務ではないが、購入の目安として、NSマークがついた製品を推奨する自治体が多い。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見たワサビ

    警報音に連動して特徴的な強い臭気を発生させるタイプ。主に聴覚障害者向けのほか視覚障害者向けにも設計されている。現在のところ、日本で株式会社シームスが製造・販売しイグノーベル賞を受賞したワサビの刺激臭成分「アリルイソチオシアネート」を発生させる物が唯一である。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た賃貸住宅

    賃貸住宅の場合、公営住宅では管理する自治体(貸主)が設置するケースが多い一例。民間の賃貸住宅の場合も貸主側が設置する場合が多いが、個々の内容については貸主あるいは管理会社に確認する必要がある。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た照明

    配線器具や照明器具などと同様の電気設備であるため、住宅の一部としてハウスメーカー、不動産会社・デベロッパー、工務店などから購入することになる。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た高齢者

    「火事です」などと音声で知らせるタイプ。ブザー音も併用されるものが多い。他の家電機器のブザー音にまぎれることなく、火災であることを知らせるため、子供や高齢者にとってより安全であり、普及が進んでいる。(特に、高齢者と若年者では耳に良く感知する音の周波数帯域が異なるため、低音から高音をスイープさせた音や、交互に男女の声で警報するなど、各製品に工夫がなされている。)住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た電波

    電波などのワイヤレス信号で相互連動を行い、電源を電池式にすることにより、配線不要で連動型の機能を実現したもの。電池交換が必要である、機器の登録作業が必要であるなど、有線式の連動型に対して劣る点はあるものの、先行配線のない既存住宅でも連動型が採用できるメリットは大きい。価格は単独タイプより割高になる。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た条例

    既存住宅についても、戸建住宅や、自動火災報知設備が付いていない共同住宅は、最短で2008年5月中まで、遅くとも2011年5月中までに設置することが義務付けられている。既存住宅の設置期限は市町村条例で制定され、地域により異なるため、各地の自治体や消防署で確認が必要である。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た通信販売

    電器店、家電量販店、ホームセンター、ガス販売店、警備業者、通信販売業者などから購入できる。価格は1台あたり2,000円前後 - 16,000円前後と幅広い。自治会(町内会)などで地域の電器店や設備業者などから共同購入できる場合もあるが共同購入の価格が高い場合があり注意が必要である。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

89件中 11 - 20件表示

「住宅用火災警報器」のニューストピックワード