89件中 21 - 30件表示
  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た台所

    調理などで煙や水蒸気が発生する台所で、非火災報を懸念する場合に適している。一方、熱式は火(熱源)がある程度の大きさになり、感知器の周囲温度が上がらないと反応しないため、煙式と比較すると火災の発見が遅くなるという点では諸刃の剣である。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た消火器

    消火器同様、消防署員や市役所といった自治体関係を装って高額で販売するかたり商法や悪徳訪問販売が出現しているため注意が必要である。消防署や自治体では販売は行わない(住民からの問い合わせがあった場合に販売業者の紹介は行っている)。消防署や自治体では、訪問販売が来た場合、消防署や自治体へ確認する、はっきり「要りません」と断るといった対応を呼びかけている。商品についてその場でインターネットで検索して機能や価格等を調べることも不当に高い商品を買わないためには有効である。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た子供

    「火事です」などと音声で知らせるタイプ。ブザー音も併用されるものが多い。他の家電機器のブザー音にまぎれることなく、火災であることを知らせるため、子供や高齢者にとってより安全であり、普及が進んでいる。(特に、高齢者と若年者では耳に良く感知する音の周波数帯域が異なるため、低音から高音をスイープさせた音や、交互に男女の声で警報するなど、各製品に工夫がなされている。)住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見たLPガス

    都市ガスやLPガスのガス漏れ警報器と火災警報器が一体化となったもので、基本的に一酸化炭素の検知(不完全燃焼)にも対応している。新築・既存の住宅問わず、ガス契約時などに一緒に購入できるガス販売業者もある。都市ガスは空気より軽いという煙や熱と似た性状を持つため、都市ガス対応タイプは新コスモス電機や矢崎総業、ホーチキなど各社から天井取付型と壁取付型の両タイプが出されており、さらにそれぞれ熱感知式と煙感知式のタイプがある。LPガスは空気より重いという煙や熱とは性状が異なるため、LPガス対応タイプは現在のところ新コスモス電機製の熱感知式のみであり、天井付近の壁に取り付けた本体から有線で伸びているガス漏れ検知部を床面近くの壁に別途取り付けなければならない。なお、複合型警報器で床面または床面近くの壁に取り付けるタイプの物は煙や熱の性質上作られていない。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見たニッタン

    ニッタン1住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た東芝ライテック

    東芝ライテック1住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見たヤマトプロテック

    ヤマトプロテック1住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見たハウスメーカー

    配線器具や照明器具などと同様の電気設備であるため、住宅の一部としてハウスメーカー、不動産会社・デベロッパー、工務店などから購入することになる。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た配線

    基本的な動作原理はビル等に設置する自動火災報知設備と同じであるが、自動火災報知設備が感知器、受信機、ベルなどの構成機器を配線して動作させるシステムであるのに対し、住宅用火災警報器は感知器そのものが音声やブザー音を発し、単体で動作するものである。なお、連動型の機種も存在する。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た自動火災報知設備

    基本的な動作原理はビル等に設置する自動火災報知設備と同じであるが、自動火災報知設備が感知器、受信機、ベルなどの構成機器を配線して動作させるシステムであるのに対し、住宅用火災警報器は感知器そのものが音声やブザー音を発し、単体で動作するものである。なお、連動型の機種も存在する。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

89件中 21 - 30件表示

「住宅用火災警報器」のニューストピックワード