89件中 51 - 60件表示
  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た火薬

    熱に感じ易い火薬を用い、爆発音にて知らせるもの、ゼンマイと形状記憶合金を用いベルを鳴らす物がある。何れも熱式の亜系である。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た不動産会社

    配線器具や照明器具などと同様の電気設備であるため、住宅の一部としてハウスメーカー、不動産会社・デベロッパー、工務店などから購入することになる。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た

    住宅用火災警報器(じゅうたくようかさいけいほうき)は、火災報知機の一種で、主に一般住宅に設置され、火災の際煙やを感知して音声やブザー音で警報する警報器である。住警器(じゅうけいき)とも略される。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た自治体

    既存住宅についても、戸建住宅や、自動火災報知設備が付いていない共同住宅は、最短で2008年5月中まで、遅くとも2011年5月中までに設置することが義務付けられている。既存住宅の設置期限は市町村条例で制定され、地域により異なるため、各地の自治体や消防署で確認が必要である。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律

    放射性物質アメリシウム241を用い、放射線の電離作用を利用して煙による電離電流の変化を感知する方式である。他の方式よりも高感度である為、費用対効果に優れている面などから諸外国では主流であるが、日本では放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の改正で放射性同位元素装備機器に該当するために寝室には設置できず、また、不要になった場合の廃棄に際して注意が必要なことから、住宅用にはほとんど製造されていない。日本火災報知機工業会では製造メーカーまたは日本アイソトープ協会(製造メーカが現存しない場合)に廃棄を依頼するよう呼びかけている。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見たアメリカ保険業者安全試験所

    他の認定機関として東京消防庁やULマークを取得した製品もあり、自治体によってはこれも含めているところもある。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た電源

    電波などのワイヤレス信号で相互連動を行い、電源を電池式にすることにより、配線不要で連動型の機能を実現したもの。電池交換が必要である、機器の登録作業が必要であるなど、有線式の連動型に対して劣る点はあるものの、先行配線のない既存住宅でも連動型が採用できるメリットは大きい。価格は単独タイプより割高になる。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た調理

    調理などで煙や水蒸気が発生する台所で、非火災報を懸念する場合に適している。一方、熱式は火(熱源)がある程度の大きさになり、感知器の周囲温度が上がらないと反応しないため、煙式と比較すると火災の発見が遅くなるという点では諸刃の剣である。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た消防庁

    総務省消防庁が省令で定める技術上の基準に適合している事を確認するため、第三者機関である日本消防検定協会が構造、材質、性能等についての試験を行い、適合した製品に表示が認められるマークである。取得は義務ではないが、購入の目安として、NSマークがついた製品を推奨する自治体が多い。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た性能

    総務省消防庁が省令で定める技術上の基準に適合している事を確認するため、第三者機関である日本消防検定協会が構造、材質、性能等についての試験を行い、適合した製品に表示が認められるマークである。取得は義務ではないが、購入の目安として、NSマークがついた製品を推奨する自治体が多い。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

89件中 51 - 60件表示

「住宅用火災警報器」のニューストピックワード