89件中 61 - 70件表示
  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た省令

    総務省消防庁が省令で定める技術上の基準に適合している事を確認するため、第三者機関である日本消防検定協会が構造、材質、性能等についての試験を行い、適合した製品に表示が認められるマークである。取得は義務ではないが、購入の目安として、NSマークがついた製品を推奨する自治体が多い。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見たホームセンター

    電器店、家電量販店、ホームセンター、ガス販売店、警備業者、通信販売業者などから購入できる。価格は1台あたり2,000円前後 - 16,000円前後と幅広い。自治会(町内会)などで地域の電器店や設備業者などから共同購入できる場合もあるが共同購入の価格が高い場合があり注意が必要である。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た安全

    「火事です」などと音声で知らせるタイプ。ブザー音も併用されるものが多い。他の家電機器のブザー音にまぎれることなく、火災であることを知らせるため、子供や高齢者にとってより安全であり、普及が進んでいる。(特に、高齢者と若年者では耳に良く感知する音の周波数帯域が異なるため、低音から高音をスイープさせた音や、交互に男女の声で警報するなど、各製品に工夫がなされている。)住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た間取り

    設置場所は就寝に使う寝室や階段、廊下が指定されている(間取りにもよるので、具体的には自治体や消防署に確認されたい)。自治体によっては台所への設置も義務付けているところもあり、義務ではなくても台所への設置を推奨する自治体が多い。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た日本アイソトープ協会

    放射性物質アメリシウム241を用い、放射線の電離作用を利用して煙による電離電流の変化を感知する方式である。他の方式よりも高感度である為、費用対効果に優れている面などから諸外国では主流であるが、日本では放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の改正で放射性同位元素装備機器に該当するために寝室には設置できず、また、不要になった場合の廃棄に際して注意が必要なことから、住宅用にはほとんど製造されていない。日本火災報知機工業会では製造メーカーまたは日本アイソトープ協会(製造メーカが現存しない場合)に廃棄を依頼するよう呼びかけている。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た聴覚障害者

    警報音に連動して高輝度の点滅光を発生させるタイプ。警報音を聞き取りづらい高齢者が居住する一般家庭向けのほか、聴覚障害者の居住する(消防法で自動火災報知設備が義務設置対象とならない)小規模多機能型居宅介護施設向けなどに設計されている。日本国内ではパナソニック電工や日本フェンオールが一体型の物を製造・販売しているほか、株式会社東京信友も連動型の発光器を製造・販売している。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た消防設備

    基本的には説明書に従って、購入者自身で取り付けるが、電気工事業者、消防設備業者などに取付け工事を含めて依頼できる場合もあり、個人での取り付に不安がある場合は便利である。電池式のものは配線がないため個人で取り付けやすい。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見たデベロッパー (開発業者)

    配線器具や照明器具などと同様の電気設備であるため、住宅の一部としてハウスメーカー、不動産会社・デベロッパー、工務店などから購入することになる。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見たビルディング

    基本的な動作原理はビル等に設置する自動火災報知設備と同じであるが、自動火災報知設備が感知器、受信機、ベルなどの構成機器を配線して動作させるシステムであるのに対し、住宅用火災警報器は感知器そのものが音声やブザー音を発し、単体で動作するものである。なお、連動型の機種も存在する。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見たアメリシウム

    放射性物質アメリシウム241を用い、放射線の電離作用を利用して煙による電離電流の変化を感知する方式である。他の方式よりも高感度である為、費用対効果に優れている面などから諸外国では主流であるが、日本では放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の改正で放射性同位元素装備機器に該当するために寝室には設置できず、また、不要になった場合の廃棄に際して注意が必要なことから、住宅用にはほとんど製造されていない。日本火災報知機工業会では製造メーカーまたは日本アイソトープ協会(製造メーカが現存しない場合)に廃棄を依頼するよう呼びかけている。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

89件中 61 - 70件表示

「住宅用火災警報器」のニューストピックワード