89件中 71 - 80件表示
  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た火災報知機

    住宅用火災警報器(じゅうたくようかさいけいほうき)は、火災報知機の一種で、主に一般住宅に設置され、火災の際煙や熱を感知して音声やブザー音で警報する警報器である。住警器(じゅうけいき)とも略される。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見たリチウム電池

    電気配線工事が不要であるため、既存住宅に適している。リチウム電池で5年や10年間動作するものが主流となっており、電池寿命を音声やブザー音で知らせるものもある。電池交換が可能なタイプと、不可能なタイプがあり、電池交換不可能なタイプは機器寿命と共に警報器自体を取り替える必要がある。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見たセンサー

    燃焼に伴って発生する一酸化炭素をセンサーで検出する。他の方式と比較して換気不足による不完全燃焼等も検知できる。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た電気設備

    配線器具や照明器具などと同様の電気設備であるため、住宅の一部としてハウスメーカー、不動産会社・デベロッパー、工務店などから購入することになる。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た放射性同位元素

    放射性物質アメリシウム241を用い、放射線の電離作用を利用して煙による電離電流の変化を感知する方式である。他の方式よりも高感度である為、費用対効果に優れている面などから諸外国では主流であるが、日本では放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の改正で放射性同位元素装備機器に該当するために寝室には設置できず、また、不要になった場合の廃棄に際して注意が必要なことから、住宅用にはほとんど製造されていない。日本火災報知機工業会では製造メーカーまたは日本アイソトープ協会(製造メーカが現存しない場合)に廃棄を依頼するよう呼びかけている。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た家電量販店

    電器店、家電量販店、ホームセンター、ガス販売店、警備業者、通信販売業者などから購入できる。価格は1台あたり2,000円前後 - 16,000円前後と幅広い。自治会(町内会)などで地域の電器店や設備業者などから共同購入できる場合もあるが共同購入の価格が高い場合があり注意が必要である。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た電器店

    電器店、家電量販店、ホームセンター、ガス販売店、警備業者、通信販売業者などから購入できる。価格は1台あたり2,000円前後 - 16,000円前後と幅広い。自治会(町内会)などで地域の電器店や設備業者などから共同購入できる場合もあるが共同購入の価格が高い場合があり注意が必要である。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た西多摩郡

    設置義務化に伴い、東京都西多摩郡檜原村では2008年10月15日に、全国に先駆けて世帯全戸に設置を完了した。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た階段

    火災をより早期に発見するために有効であり、寝室、階段、廊下に設置される。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た電気工事

    基本的には説明書に従って、購入者自身で取り付けるが、電気工事業者、消防設備業者などに取付け工事を含めて依頼できる場合もあり、個人での取り付に不安がある場合は便利である。電池式のものは配線がないため個人で取り付けやすい。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

89件中 71 - 80件表示

「住宅用火災警報器」のニューストピックワード