住民基本台帳ネットワーク ニュース&Wiki etc.

住民基本台帳ネットワークシステム(じゅうみんきほんだいちょうネットワークシステム、通称:住基ネット)とは、日本において、地方公共団体と行政機関で個々の日本国民を特定する情報を共有・利用することを目的として構築され稼働したシステム。市区町村の住民基本台帳に記録されている者(=日本国民)に11桁の住民票コードが割り当てられる… (出典:Wikipedia)

「住民基本台帳ネットワーク」最新ニュース

「住民基本台帳ネットワーク」Q&A

  • Q&A

    行政手続法・環境影響評価法・情報公開法とは?試験の問題が分かりません。 1990年…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月21日 13:48

  • Q&A

    マイナンバー制度は税金の無駄だよな? 転載しておくよ 国民にとっての利益など、ほと…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年10月19日 18:13

  • Q&A

    パスポートを申請しようとしています。 兵庫県に住んでいて実家なのですが 本籍は父方の…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月7日 03:57

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「住民基本台帳ネットワークシステム」のつながり調べ

  • 専用線

    専用線から見た住民基本台帳ネットワーク

    2000年代に入り、通信事業者の専用イーサネット網を利用した広域イーサネット、インターネットを利用して仮想的に専用線を構築するVirtual Private Network (VPN) など、より安価な仮想専用線サービスが利用されるようになっている。暗号化・カプセル化などのセキュリティ向上、通信速度の高速化による遅延(ディレイ)の減少により、適用できる範囲が拡大したためである。(例 : 住民基本台帳ネットワーク・銀行のオンラインシステムなど)(専用線 フレッシュアイペディアより)

  • 社会的責任を考えるコンピュータ専門家の会

    社会的責任を考えるコンピュータ専門家の会から見た住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステム (住基ネット) に対しては批判的な立場で活動している。(社会的責任を考えるコンピュータ専門家の会 フレッシュアイペディアより)

「住民基本台帳ネットワークシステム」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ