前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示
  • 住民基本台帳カード

    住民基本台帳カードから見た住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳カード(じゅうみんきほんだいちょうカード、略称 : 住基カード)とはその者に係る住民票に記載された氏名及び住民票コード等が記録されたICカードである。写真付きのものは身分証明書としても利用される。交付を希望した住民に対し、市町村が有償又は無償で交付する。住民基本台帳ネットワークシステムの第2次サービスの一つ。住民基本台帳カード フレッシュアイペディアより)

  • 住民記録システム

    住民記録システムから見た住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワークシステム

    住民記録システム(じゅうみんきろくシステム)とは地方自治体が導入している住民票の管理や発行等の処理を行うシステムである。住民基本台帳システム(じゅうみんきほんだいちょうシステム)と呼ばれることもあり、略して住記システム、住基システム(じゅうきシステム)と呼ばれることもある。なお、住民基本台帳ネットワークシステムとは、ネットワークを介して通信はするが、常時接続は行っていない。住民記録システム フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢純一

    藤沢純一から見た住基ネット住民基本台帳ネットワークシステム

    一般的に大きく意見が分かれており、高裁レベルでも判決が定まらない状況にもかかわらず、将来の予測や実現手段の具体根拠もなしに藤沢市長が独断で決めた住基ネット訴訟の最高裁判所への上告放棄藤沢純一 フレッシュアイペディアより)

  • 異体字セレクタ

    異体字セレクタから見た住民基本台帳ネットワーク住民基本台帳ネットワークシステム

    このような字形の区別にかかわる需要は、Unicodeの漢字統合の規則が国内での運用の実情に沿っていない日本では特に顕著であり、JIS漢字やUnicodeで満たせない需要に対応するため、官庁では戸籍統一文字や住民基本台帳ネットワーク統一文字など、民間では今昔文字鏡やGT書体、TRONコードなど独自の文字コード体系が繰り返し作成され、一部で運用されてきた。しかしそれらは独自であるがゆえに、Unicodeを使用している既存の大多数のPC環境と相互運用性がない。異体字セレクタ フレッシュアイペディアより)

  • 公的個人認証サービス

    公的個人認証サービスから見た住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワークシステム

    申請に必要な費用は一般的に500円。有効期間は発行日より3年間。ただし有効期間内でも、本人が死亡した場合、電子証明書の記載事項に変更(住所や氏名の変更など)が生じた場合、鍵の紛失などにより本人が希望した場合は、その時点で無効となる。(住民基本台帳ネットワークシステムより情報が提供されるため、異動の事実が生じると共に公的個人認証サービスの電子証明書も失効する) なお、住民基本台帳ネットワークシステムに不参加の地方公共団体内に住所のある者は公的個人認証サービスを利用することはできない。公的個人認証サービス フレッシュアイペディアより)

  • 箕面市

    箕面市から見た住民基本台帳ネットワーク住民基本台帳ネットワークシステム

    2006年11月30日に、大阪高等裁判所から控訴審で、住民基本台帳ネットワークについて、住民基本台帳から原告の住民票コードを削除するよう命じる判決があったが、市長(当時)の藤沢純一は、2006年12月7日に箕面市議会で上告を断念したと表明した。反住基ネット等の住基ネットに反対する団体から「英断を支持する」との声明が発表された一方、松田隆利総務事務次官と大阪府総務部長は、それぞれ「全国共通の本人確認ができるシステムとして、全国の地方公共団体が連携して統一的に運用しているものであり、その観点から最高裁による判断を求めるべきものと考えている。箕面市の上告断念は遺憾だ」とコメントしていることが報道された。2006年12月28日から2007年3月30日までの間、「平成18年度箕面市一般会計予算」の予備費の充当により、江澤義典関西大学教授、秋田仁志弁護士、園田寿弁護士・甲南大学法科大学院教授、黒田充自治体情報政策研究所代表による住民基本台帳ネットワークシステム検討専門員が設置され、原告の住民票コードの削除方法、原告以外の住民からの削除要求への対応が調査された。2007年3月5日に原告らの呼びかけに応じた市民8人から個人情報保護条例に基づき住民票コードの削除が請求され、藤沢は「当惑している」と報道された。2007年3月7日の専門員合議で、原告の住民票の職権消除と、住基ネットの選択制が検討されていることが報道され、2007年3月30日開催された専門員合議において、原告以外からの削除要求についても受け入れ、全国初の「選択制」を導入するよう市長に答申がなされた。2007年9月6日大阪府知事齊藤房江から、住民基本台帳法31条第2項の規定により、箕面市長に対し、「住民票コードを削除すること、すなわち住民票コードの記載を住民の選択に委ねることについては、住民基本台帳法7条13号の規定に違反するものである。」「現に区域内に住所を有する住民の住民票を、改製と称して職権で消除することは、住民基本台帳法3条1項及び8条に違反するものである。さらに、府知事に対し、職権で消除した旨を住民基本台帳ネットワークシステムにより通知するとともに、本人確認情報から住民票コードを削除したものを文書により通知することは、住民基本台帳法第30条の5第1項及び2項に違反する。」「住民基本台帳事務を適正に執行するよう法31条第2項の規定により勧告する」と3項目の勧告がされた。箕面市 フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た住基ネット住民基本台帳ネットワークシステム

    右派、国家主義者の代表格と一部からは見られているが共謀罪、住基ネットの政府案に猛反対し市民団体の集会で講演する等内政においてはかならずしも保守色一偏倒ではない所を見せている。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 住民票

    住民票から見た住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムの開始により、2003年8月25日から(本人または同一世帯の者に限り)住民登録地以外の市区町村役場で、戸籍の表示を省略した住民票の写しの交付を受けることができるようになった。これを通称「広域交付住民票」と呼ぶ。ただし、住民基本台帳ネットワークシステムに不参加の地方自治体の住民はこの制度を利用することはできず、当然不参加の自治体においては参加自治体の住民も、同システムの利用ができない。住民票 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た住民基本台帳ネットワーク住民基本台帳ネットワークシステム

    名古屋高等裁判所、住民基本台帳ネットワーク運用がプライバシー権を侵害し違憲であるとして、愛知県の住民が国と愛知県を訴えた裁判で、一審判決を支持、住民の訴えを棄却。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワーク

    住民基本台帳ネットワークから見た住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワーク フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示