70件中 21 - 30件表示
  • 清水勉

    清水勉から見た住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワークシステム

    住基ネットとは何か』(明石書店):伊藤穣一、櫻井よしこらと共著清水勉 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワークシステム

    1997年以降、住基ネットを活用して20歳到達者の把握を行い、年金手帳を送付し、強制的に適用していくという仕組み(職権適用)はできていた。しかし、その後に種別(第1号・第2号・第3号被保険者)の変更が生じたときに十分に記録を追い切れず、場合によっては、強制徴収までつながるような仕組みはできていなかった。また、未納等の要因に応じた効率的・効果的な徴収対策も不十分であった。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 情報提供ネットワークシステム

    情報提供ネットワークシステムから見た住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワークシステム

    日本では、2002年(平成14年)から住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)が稼働している。住基ネットを使うと、国の行政機関、都道府県、市町村などの端末から、全国の市町村の住民基本台帳(住民票)の記録のうち本人確認情報(氏名、生年月日、性別、住所など)をオンラインで照会できる。このため、日本国内に住民票がある個人が住基ネットの対象の手続をする際には、住民票の写しの提出が省略できることになった。情報提供ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • ペネトレーションテスト

    ペネトレーションテストから見た住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワークシステム

    ネットワークに接続されているコンピュータシステムは絶えず外部から攻撃の危険を孕んでおり、実際に攻撃された場合はどのようにシステムが乗っ取られるのか、侵入に対してどこまでセキュリティツールが耐えうるのか、など実際にシステムが稼動する前に幅広いテストを行う。日本国内では、住民基本台帳ネットワークシステムが稼動する前に、住基ネットシステムに対してペネトレーションテストが行われ、「侵入可能である」とする長野県と「侵入は不可能である」とする総務省とで見解が分かれている。ペネトレーションテスト フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳

    住民基本台帳から見た住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)住民基本台帳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢純一

    藤沢純一から見た住民基本台帳ネットワーク住民基本台帳ネットワークシステム

    2006年11月30日に、大阪高等裁判所から控訴審で、住民基本台帳ネットワークについて、住民基本台帳から原告の住民票コードを削除するよう命じる判決があったが、同年12月7日に箕面市議会で上告を断念したと表明した。藤沢純一 フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢純一

    藤沢純一から見た住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワークシステム

    2006年12月28日から2007年3月30日までの間、「平成18年度箕面市一般会計」予備費の充当により、江澤義典関西大学教授、秋田仁志弁護士、園田寿弁護士・甲南大学法科大学院教授、黒田充自治体情報政策研究所代表による住民基本台帳ネットワークシステム検討専門員が設置され、原告の住民票コードの削除方法、原告以外の住民からの削除要求への対応が2007年3月31日までを目途に調査された。藤沢純一 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生年金基金

    厚生年金基金から見た住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステム - 厚生年金基金や公的年金の年金記録問題などの解決のための照合または突合せ作業に利用される。厚生年金基金 フレッシュアイペディアより)

  • 井戸謙一

    井戸謙一から見た住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワークシステム

    井戸は、裁判長として、住民基本台帳ネットワークシステム差止等請求事件(金沢地方裁判所平成14年(ワ)第836号等、2005年(平成17年)5月30日判決言い渡し)や志賀原子力発電所2号原子炉運転差止請求事件(同裁判所平成11年(ワ)第430号、2006年(平成18年)3月24日判決言い渡し)といった著名事件の判決に関与した。井戸謙一 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年横浜市長選挙

    2002年横浜市長選挙から見た住基ネット住民基本台帳ネットワークシステム

    当選した中田は市政改革に取り組み、ゴミ分別回収や保育所の民営化、横浜市立大学改革や住基ネットの任意参加など、独自の政策を行った。2006年の市長選挙で83.68%の得票を得て再選し、任期途中の2009年7月28日に辞任を表明し、同年8月17日付で辞職した。2002年横浜市長選挙 フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示