70件中 51 - 60件表示
  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワークシステム

    共謀罪、住民基本台帳ネットワークシステム・住民票コードには反対で「国民共通番号制に反対する会」共同代表を務める。同会には斎藤貴男や佐高信も参加していた。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た住民基本台帳ネットワーク住民基本台帳ネットワークシステム

    池田信夫は「一種のaffirmative actionでメディアによく登場するが、中身はでたらめ」と評し、また櫻井が住民基本台帳ネットワークにおいて「国民共通番号制に反対する会」の代表になっている活動について、「システムの中身も知らないでヒステリックに騒いだため、左翼の残党がこれに乗って『監視社会』反対運動を始めた」などと自身のブログ内にて櫻井の活動をたびたび批判している。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た住基ネット住民基本台帳ネットワークシステム

    (伊藤穰一、清水勉)『「住基ネット」とは何か? ―国民と自治体のための脱「住基ネット」論―』(明石書店 2002年9月)ISBN 4750316237櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本

    2003年の日本から見た住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワークシステム

    8月25日 - 住民基本台帳ネットワークシステムが本格稼働。2003年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木俊尚

    佐々木俊尚から見た住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワークシステム

    杉並区住基ネット調査会議委員、情報ネットワーク法学会会員、朝日新聞社総合研究本部客員研究員、オーマイニュース編集委員、経済産業省情報大航海プロジェクト制度検討タスクフォース委員、成城大学文芸学部非常勤講師、早稲田大学政経大学院非常勤講師、東京大学大学院情報学環電通寄付講座「コミュニケーションダイナミクス」特任研究員。「TABI LABO」編集長。佐々木俊尚 フレッシュアイペディアより)

  • 怨み屋本舗 (テレビドラマ)

    怨み屋本舗 (テレビドラマ)から見た住基ネット住民基本台帳ネットワークシステム

    第5話の対象者。27歳。羽黒区役所住民戸籍課職員。自分をマクロイン王国の王女と思い込む変人で、戸籍課の知識を悪用して漆原をストーキングする。シュウがナンパしても避けており、彼をがっかりさせていた。十二月田が情報屋の電話で前世が夫婦だと思い込まされて追われる。最後に怨み屋により住基ネットを悪用した嫌がらせが発覚し、役所を辞めて田舎に帰るが、十二月田に地の果てまで追われる羽目になる。怨み屋本舗 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 民由合併

    民由合併から見た住基ネット住民基本台帳ネットワークシステム

    なお、1999年に自由党が政権に参加していた時期に、捜査機関による通信傍受を可能にする通信傍受法(盗聴法)や住基ネットによって住民票コードを管理するための住民基本台帳法改正で国民的議論が起こって賛否が起こる中で、与党自由党が賛成して野党民主党が反対した。通信傍受法については、民主党は従来の「廃止」から「凍結」に見解を変えている。民由合併 フレッシュアイペディアより)

  • Winny

    Winnyから見た住民基本台帳ネットワーク住民基本台帳ネットワークシステム

    また、ウイルスバスターなどのコンピュータウィルス対策ソフトを提供しているトレンドマイクロからも、社員がAntinnyに感染しWinnyへ個人情報を流出させる事故を発生し、住民基本台帳ネットワークに関する情報(パスワード・使用手順)も流出していたことが確認された。北海道警察の事例においては、警察官に個人情報を流出させられたとして個人情報を漏洩された被害者が民事裁判を起こし、実際個人情報を流出させた北海道警察側が一審で敗訴している。Winny フレッシュアイペディアより)

  • 弓削達

    弓削達から見た住民基本台帳ネットワーク住民基本台帳ネットワークシステム

    東京教育大学時代の1969年、討論会で同大の筑波大学への移転について反対を表明。筑波大学への異動を拒否し、東京大学に迎えられた。また、護憲論者・天皇制廃止論者としても知られ、1990年の天皇即位に伴う大嘗祭に反対して元右翼団体幹部に自宅を銃撃された。これに対して、上智大学(キリスト教系だが、大嘗祭に反対していない)の渡部昇一から、「反大嘗祭運動 キリスト教系私学は補助金を返上せよ 」という論文で批判される。また、首相の靖国神社参拝や住民基本台帳ネットワークを違憲と主張していた。弓削達 フレッシュアイペディアより)

  • 箕面市

    箕面市から見た住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワークシステム

    2006年11月30日に、大阪高等裁判所から控訴審で、住民基本台帳ネットワークについて、住民基本台帳から原告の住民票コードを削除するよう命じる判決があったが、市長(当時)の藤沢純一は、2006年12月7日に箕面市議会で上告を断念したと表明した。反住基ネット等の住基ネットに反対する団体から「英断を支持する」との声明が発表された一方、松田隆利総務事務次官と大阪府総務部長は、それぞれ「全国共通の本人確認ができるシステムとして、全国の地方公共団体が連携して統一的に運用しているものであり、その観点から最高裁による判断を求めるべきものと考えている。箕面市の上告断念は遺憾だ」とコメントしていることが報道された。2006年12月28日から2007年3月30日までの間、「平成18年度箕面市一般会計予算」の予備費の充当により、江澤義典関西大学教授、秋田仁志弁護士、園田寿弁護士・甲南大学法科大学院教授、黒田充自治体情報政策研究所代表による住民基本台帳ネットワークシステム検討専門員が設置され、原告の住民票コードの削除方法、原告以外の住民からの削除要求への対応が調査された。2007年3月5日に原告らの呼びかけに応じた市民8人から個人情報保護条例に基づき住民票コードの削除が請求され、藤沢は「当惑している」と報道された。2007年3月7日の専門員合議で、原告の住民票の職権消除と、住基ネットの選択制が検討されていることが報道され、2007年3月30日開催された専門員合議において、原告以外からの削除要求についても受け入れ、全国初の「選択制」を導入するよう市長に答申がなされた。2007年9月6日大阪府知事齊藤房江から、住民基本台帳法31条第2項の規定により、箕面市長に対し、「住民票コードを削除すること、すなわち住民票コードの記載を住民の選択に委ねることについては、住民基本台帳法7条13号の規定に違反するものである。」「現に区域内に住所を有する住民の住民票を、改製と称して職権で消除することは、住民基本台帳法3条1項及び8条に違反するものである。さらに、府知事に対し、職権で消除した旨を住民基本台帳ネットワークシステムにより通知するとともに、本人確認情報から住民票コードを削除したものを文書により通知することは、住民基本台帳法第30条の5第1項及び2項に違反する。」「住民基本台帳事務を適正に執行するよう法31条第2項の規定により勧告する」と3項目の勧告がされた。箕面市 フレッシュアイペディアより)

70件中 51 - 60件表示