前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
150件中 1 - 10件表示
  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た総務省

    住民基本台帳ネットワークシステム(じゅうみんきほんだいちょうネットワークシステム、通称:住基ネット)とは、日本において、地方公共団体と行政機関で個々の日本国民を特定する情報を共有・利用することを目的として構築され稼働したシステム。市区町村の住民基本台帳に記録されている者(=日本国民)に11桁の住民票コードが割り当てられる。準備期間の間に総務省によるe-Japan重点計画の一環と位置付けられて稼働開始した。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た吹田市

    2006年11月30日、前記の大阪訴訟の控訴審判決として大阪高等裁判所は、住基ネットは個人情報保護対策に欠陥があり、拒否する人への運用はプライバシー権を著しく侵害し憲法13条に違反する、として箕面市、守口市、吹田市に原告の住民票コードの削除を命じる原告勝訴判決を言い渡した。なお、同訴訟の裁判長を務めた竹中省吾判事は、同年12月3日、自宅で首吊り自殺をしているところを発見された。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た松沢成文

    完全に接続していない市区町村は違法状態であり、それら職務に従事する職員にも地方公務員法違反ではないかとの疑義もある。また、横浜方式の接続も一方的に始めたものであり、上記の未接続自治体と同様に違法状態であることには変わりはない。現に、札幌市も市民選択制度を取ろうとしたが違法状態を作り出すことになるとして断念しているし、住基ネット反対をマニフェストに掲げ当選した、埼玉県の上田清司知事、神奈川県の松沢成文知事も当選後に方針を翻している。その他、埼玉県志木市、北海道ニセコ町など同様に断念しているケースは多い。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た原口一博

    2010年1月、名古屋市長の河村たかしが住基ネットの安全性に対する懸念を理由に、名古屋市を離脱させる意向であると報じられ、1月19日に原口一博総務大臣に対し、ネット切断を含めた対応を検討中であることを伝えたが、同年2月2日には1年間かけて安全性などを検証・議論し、即時の離脱はしない方針を表明した。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た山田宏

    杉並区は、区長の山田宏が個人情報保護法成立後に横浜方式の市民選択制度を求めていたが実現しなかったため、法の下の平等に反する等として2004年8月24日に国及び東京都に対して訴えを起こした(プライバシー侵害については、神奈川県藤沢市、東京都目黒区などの個人情報保護審査会でも選択制の導入などを求める答申が出された)。2008年7月8日、東京都の杉並区が国に求めていた「区民選択方式」の上告が最高裁で却下され敗訴が確定した。これを受けて、区は住基ネットへの全面参加を明らかにし、2009年1月5日から業務を開始した。これにより、国立市と福島県の矢祭町の2自治体のみが不参加となった。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た村井仁

    2008年1月7日、長野県はそれまで田中康夫前知事が費用対効果や安全性に対して疑問を指摘し利用していなかったが、知事が村井仁となり、市町村からの要望等を踏まえ、32の法律に係わる事務処理のうち5つの法律に係わるものから利用を開始した。利用状況を見ながら事務の利用の拡大を計る。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た年金

    パスポート申請や年金の請求、各種検定試験の申し込みに住民票の写しの添付が不要となる。(年間約460万件の添付が省略されている。平成20年度実績。総務省公表値)住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た矢祭町

    かつて接続していなかった自治体も順次接続しているが、現在でも福島県矢祭町は、接続していない。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見たアイネス

    これにより箕面市は判決に従って勝訴した原告(1人)の住民票コードを削除する「為す給付債務」を負うことになった。箕面市役所の総務部情報政策課では、アイネスが提供する現行システムではデータを削除できるのは住民が死亡した場合か、日本国籍を離脱した場合だけであるところ、どちらの入力もないまま1人少ないデータで府のサーバと交信すると、市のサーバがダウンしてしまうおそれがある。また、市のサーバ内のデータだけでなく、府や国のサーバ内のデータも削除する必要がある。さらに、削除できたとしても、その後の運用方法は原告のデータを削除して原告だけ文書で管理するか、原告を除く全市民のシステムを作り直し改めて接続する、の2通りであり、前者では住民票や納税通知書の交付について原告の分だけ手作業で行う必要があるし、後者ではシステム再構築に1500万円から3500万円の費用が発生する、と主張している(読売新聞12月9日)。なお、藤沢市長は12月12日に、高裁判決後、原告とは別の市民2人からコード削除を求められていることを明らかにしたうえで「こうした人たちの意に沿うため選択制導入の可能性について検討したい」と述べた(読売新聞12月12日)。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た田中康夫

    住基ネットは既存のインターネットと同一の技術で構成されていながらも、かなりの精度で孤立したネットワークとなっているが、導入に前後して思想・信条の枠を超えてセキュリティやプライバシーの不安が取りざたされた。長野県はネットワークへの侵入実験を実施し、田中康夫知事(当時)は侵入可能であると公表した。実際には住基ネット内部に侵入することはできず、住基ネットに接続された庁舎内ネットワークに侵入したに過ぎなかったことが後日発表された資料により明らかとなった。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
150件中 1 - 10件表示