168件中 11 - 20件表示
  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た厚生年金

    日本国旅券申請や国民年金・厚生年金の請求、各種検定試験の申し込みに住民票の写しの添付が不要となる(年間約460万件の添付が省略されている。平成20年度(2008年度)実績。総務省公表値)。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た杉並区

    東京都杉並区は、山田宏区長(当時)が個人情報保護法成立後に横浜方式の市民選択制度を求めていたが実現しなかったため、法の下の平等に反する等として2004年(平成16年)8月24日に国及び東京都に対して訴えを起こした(プライバシー侵害については、神奈川県藤沢市、東京都目黒区などの個人情報保護審査会でも選択制の導入などを求める答申が出された)。2008年(平成20年)7月8日、東京都の杉並区が国に求めていた「区民選択方式」の上告が最高裁判所で却下され敗訴が確定した。これを受けて、区は住基ネットへの全面参加を明らかにし、2009年(平成21年)1月5日から業務を開始した。これにより、東京都国立市と福島県の矢祭町の2自治体のみが不参加となった。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た矢祭町

    かつて接続していなかった自治体も順次接続しているが、2015年(平成27年)3月30日に福島県東白川郡矢祭町が接続したのを最後に、全自治体の接続が完了した。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た竹中省吾

    2006年(平成18年)11月30日、前記の大阪訴訟の控訴審判決として大阪高等裁判所は、住基ネットは個人情報保護対策に欠陥があり、拒否する人への運用はプライバシー権を著しく侵害し憲法13条に違反する、として箕面市、守口市、吹田市に原告の住民票コードの削除を命じる原告勝訴判決を言い渡した。なお、同訴訟の裁判長を務めた竹中省吾判事(当時)は、同年12月3日、自宅で首吊り自殺をしているところを発見された。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た園田寿

    2006年(平成18年)12月28日から2007年(平成19年)3月30日までの間、「平成18年度箕面市一般会計」予備費の充当により、江澤義典関西大学教授、秋田仁志弁護士、園田寿弁護士・甲南大学法科大学院教授、黒田充自治体情報政策研究所代表による住民基本台帳ネットワークシステム検討専門員が設置され、原告の住民票コードの削除方法、原告以外の住民からの削除要求への対応が2007年(平成19年)3月31日までをめどに調査された。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た上田清司

    完全に接続していない市区町村は違法状態であり、それら職務に従事する職員にも地方公務員法違反ではないかとの疑義もある。また、横浜方式の接続も一方的に始めたものであり、上記の未接続自治体と同様に違法状態であることには変わりはない。現に、札幌市も市民選択制度を取ろうとしたが違法状態を作り出すことになるとして断念しているし、住基ネット反対をマニフェストに掲げ当選した、埼玉県の上田清司知事、神奈川県の松沢成文知事も当選後に方針を翻している。その他、埼玉県志木市、北海道ニセコ町など同様に断念しているケースは多い。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た阪上善秀

    2006年(平成18年)4月に「住基ネット凍結」を主張していた元衆議院議員の阪上善秀が兵庫県宝塚市の市長に当選したことから、当時、同市も近く住基ネットを切断するのではないかと言う見方があった。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た藤沢純一

    うち箕面市は2006年(平成18年)12月7日に箕面市議会で、上告を断念したと藤沢純一市長が表明し、12月15日0時、箕面市に対して判決が確定した。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た涌井紀夫

    2008年(平成20年)3月6日、最高裁判所第一小法廷(涌井紀夫裁判長)は、住基ネットを管理、利用等する行為は、日本国憲法第13条に違反しないとして、大阪訴訟の高裁判決を破棄するとともに、石川訴訟他3件の上告を棄却したが、その理由の要旨は以下のとおりである。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た衆議院議員

    2006年(平成18年)4月に「住基ネット凍結」を主張していた元衆議院議員の阪上善秀が兵庫県宝塚市の市長に当選したことから、当時、同市も近く住基ネットを切断するのではないかと言う見方があった。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

168件中 11 - 20件表示