168件中 31 - 40件表示
  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た判事

    2006年(平成18年)11月30日、前記の大阪訴訟の控訴審判決として大阪高等裁判所は、住基ネットは個人情報保護対策に欠陥があり、拒否する人への運用はプライバシー権を著しく侵害し憲法13条に違反する、として箕面市、守口市、吹田市に原告の住民票コードの削除を命じる原告勝訴判決を言い渡した。なお、同訴訟の裁判長を務めた竹中省吾判事(当時)は、同年12月3日、自宅で首吊り自殺をしているところを発見された。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た磁気ディスク

    2008年(平成20年)2月14日、最高裁判所判決を待たずに、原告の住民票を磁気ディスクから、書面による住民票に「改製」し、住民票コードを削除を実施したと発表した。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た日本共産党

    2007年(平成19年)6月12日開催の箕面市議会総務常任委員会において日本共産党議員から、先の記者会見での選択制導入報道と5月29日実施の議会各会派への説明内容との齟齬及び会見内容の真否についての質問に対し、藤沢は「否定も肯定もしない」、「議員はどういう報道になれば納得するのか」と答弁した。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た住民基本台帳ネットワーク

    2008年(平成20年)2月18日、住民基本台帳ネットワークシステム検討専門員から、紙改製は違法であり、判決の履行に当たらない。答申に基づき、職権消除手法による住民基本台帳ネットワークから原告の本人確認情報の削除を実施しろとの意見書が藤沢純一に出されたと発表された。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た恐喝罪

    兵庫県加古川市において、同市の複数の職員が、住民基本台帳に記載された住民情報を探偵業者に漏洩していたことが2013年(平成25年)に明らかになった。漏洩した住民情報が、恐喝未遂事件に悪用されていたことも判明している。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た専用線

    住基ネットの回線は専用回線であるとされている。具体的には専用線ではなく、IP-VPNが今のところ用いられている。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た個人情報保護法

    東京都杉並区は、山田宏区長(当時)が個人情報保護法成立後に横浜方式の市民選択制度を求めていたが実現しなかったため、法の下の平等に反する等として2004年(平成16年)8月24日に国及び東京都に対して訴えを起こした(プライバシー侵害については、神奈川県藤沢市、東京都目黒区などの個人情報保護審査会でも選択制の導入などを求める答申が出された)。2008年(平成20年)7月8日、東京都の杉並区が国に求めていた「区民選択方式」の上告が最高裁判所で却下され敗訴が確定した。これを受けて、区は住基ネットへの全面参加を明らかにし、2009年(平成21年)1月5日から業務を開始した。これにより、東京都国立市と福島県の矢祭町の2自治体のみが不参加となった。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た懲戒処分

    また、行政機関個人情報保護法8条2項2号、3号によれば、行政機関の裁量により利用目的を変更して個人情報を保有することが許容されているし、行政機関は、法令に定める事務等の遂行に必要な限度で、かつ、相当の理由のあるときは、利用目的以外の目的のために保有個人情報を利用し又は提供することができるとしているが、住基法30条の34等の本人確認情報の保護規定は行政機関個人情報保護法に優先して適用されるし、システム上、住基カード内に記録された住民票コード等の本人確認情報が行政サービスを提供した行政機関のコンピュータに残る仕組みになっておらず、データマッチングは懲戒処分、刑事罰の対象となり、現行法上、本人確認情報の提供が認められている行政事務において取り扱われる個人情報を一元的に管理することができる機関又は主体は存在しないことなどにも照らせば住基ネットにより、個々の住民の多くのプライバシー情報が住民票コードを付されてデータマッチングされ、本人の予期しないときに予期しない範囲で行政機関に保有され、利用される具体的な危険が生じているとはいえない。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た京都市

    2008年(平成20年)12月、京都府京都市在住の当時17歳の女子高生が、19歳の姉に成り済まして住基カードを取得し、同市祇園のクラブで、ホステスとして働いていたことが、翌2009年(平成21年)12月になって判明。京都府警は、この女子高生を有印私文書偽造・同行使などの容疑で逮捕したが、同市では「年齢の近い同姓の人物が、必要書類を揃えて申請に来た場合、防ぎようが無い」としており、新たな問題点として浮上している。しかし一方で、総務省は「本人確認を徹底する以外に無い」としており、特に対策は取らないとしている。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た横浜市

    神奈川県横浜市は、以前、将来は段階的に住基ネットに参加することを前提にする市民選択制度をとっていた。この接続方法を報道などでは「横浜方式」と呼んでいる。横浜市は、2006年(平成18年)5月10日に、住基ネットの総合的な安全性が確認できたとして2006年(平成18年)7月から全ての住民の本人確認情報を住基ネットに送信する全面参加に移行することを発表した。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

168件中 31 - 40件表示