168件中 51 - 60件表示
  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た2009年

    総務省はこの批判に応え、2009年(平成21年)1月、一度取得すれば、転出入の際に内容と住所表記を書き換えることによって全国で通用するよう、法令を改める方針を決め、2012年(平成24年)7月9日より、転入届を提出した日の90日以内に所定の窓口に提出し、住所表記を書き換えることで、従前の住基カードを引き続き使用できるようになった。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た文書偽造罪

    2008年(平成20年)12月、京都府京都市在住の当時17歳の女子高生が、19歳の姉に成り済まして住基カードを取得し、同市祇園のクラブで、ホステスとして働いていたことが、翌2009年(平成21年)12月になって判明。京都府警は、この女子高生を有印私文書偽造・同行使などの容疑で逮捕したが、同市では「年齢の近い同姓の人物が、必要書類を揃えて申請に来た場合、防ぎようが無い」としており、新たな問題点として浮上している。しかし一方で、総務省は「本人確認を徹底する以外に無い」としており、特に対策は取らないとしている。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た住民基本台帳カード

    住民基本台帳ネットワークシステム(じゅうみんきほんだいちょうネットワークシステム)、通称住基ネット(じゅうきネット)とは、日本において、地方公共団体と行政機関で個々の日本国民を特定する情報を共有・利用することを目的として構築され稼働したシステム。市区町村の住民基本台帳に記録されている者(=日本国民)に11桁の住民票コードが割り当てられる。準備期間の間に総務省によるe-Japan重点計画の一環と位置付けられて稼働開始した。住民基本台帳カードの交付率は約5%。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た住民票

    日本国旅券申請や国民年金・厚生年金の請求、各種検定試験の申し込みに住民票の写しの添付が不要となる(年間約460万件の添付が省略されている。平成20年度(2008年度)実績。総務省公表値)。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た原告

    2006年(平成18年)12月11日、名古屋高等裁判所金沢支部は、正当な理由による公共の福祉による制限として許されると判示し、2005年(平成17年)5月30日の金沢地方裁判所の判決を取り消し、原告の請求を棄却した。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た長野県

    住基ネットは既存のインターネットと同一の技術で構成されていながらも、かなりの精度で孤立したネットワークとなっているが、導入に前後して思想・信条の枠を超えてセキュリティやプライバシーの不安が取りざたされた。長野県はネットワークへの侵入実験を実施し、田中康夫知事(当時)は侵入可能であると公表した。実際には住基ネット内部に侵入することはできず、住基ネットに接続された庁舎内ネットワークに侵入したに過ぎなかったことが後日発表された資料により明らかとなった。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た本人確認

    身分証明書としての利用。 住民基本台帳カードは、氏名のみが印字されたAバージョンと、顔写真と氏名・生年月日・性別・住所を印字したBバージョンがあり、希望のカードを選択することができた。顔写真付きの住民基本台帳カード(Bバージョン)は、市町村長が交付する公的な身分証明書として使え、運転免許証や健康保険証などがなくても本人確認が行えた。このことから、高齢者が運転免許証を返上すると、特典として無料で交付される自治体もあった。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た控訴

    2004年(平成16年)2月27日、プライバシー侵害として慰謝料を求めていた裁判で、大阪地方裁判所は原告敗訴判決を行った(原告の一部は控訴している)。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た運転免許証

    居住地以外でも、住民票の写しの交付を受けることができる(住民基本台帳カード・運転免許証・日本国旅券など、官公庁が発行した証明写真付きの証明書が必要)。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た大阪高等裁判所

    2006年(平成18年)11月30日、前記の大阪訴訟の控訴審判決として大阪高等裁判所は、住基ネットは個人情報保護対策に欠陥があり、拒否する人への運用はプライバシー権を著しく侵害し憲法13条に違反する、として箕面市、守口市、吹田市に原告の住民票コードの削除を命じる原告勝訴判決を言い渡した。なお、同訴訟の裁判長を務めた竹中省吾判事(当時)は、同年12月3日、自宅で首吊り自殺をしているところを発見された。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

168件中 51 - 60件表示