1 2 次へ
13件中 11 - 13件表示
  • 小田急50000形電車

    小田急50000形電車から見た住江織物住江織物

    座席は回転式リクライニングシートを採用、HiSE車ではシートピッチが970mmだったものを、1・10号車の展望席では1,150mm、1・10号車の一般客室では1,010mm、中間車では1,050mmに拡大した。また、リクライニングをさせると座面後部が沈み込む「アンクルチルトリクライニング機構」が採用された。座席の表地は明るいオレンジ色を基調とし、シートカバーもオレンジ色で "VSE" と刺繍が入ったものとした。2人がけの中間部には肘掛は設置されていない。座席背面はブルーグレーのモケットとし、ハードメイプルの格納式テーブルを設置した。8号車の一般客室には車椅子対応座席を設けた。なお、座席は岡村製作所と天龍工業の共同制作で、座席表地は住江織物が開発したものを採用した。展望室以外の座席については、窓側に5度の角度をつけて固定される構造とし、通路側の座席に座った場合でも窓からの景色が楽しめるように配慮された。小田急50000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 芙蓉グループ

    芙蓉グループから見た住江織物住江織物

    住江織物 - 高島屋や旧高島屋飯田とは同根の間柄で、各社共に株式を持ち合っている(うち高島屋は同社の筆頭株主(2006年10月現在))。芙蓉グループ フレッシュアイペディアより)

  • 住江製作所・フライングフェザー

    住江製作所・フライングフェザーから見た住江織物住江織物

    住江製作所は、大手織物メーカーの住江織物が太平洋戦争中に設立した子会社である。後に住江木工が設立の上同社より独立し現在の住江工業になった。なお住江織物との資本関係は独立の際に断たれており、住江工業は現在は親会社が存在しない。住江製作所・フライングフェザー フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
13件中 11 - 13件表示

「住江織物」のニューストピックワード