前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示
  • 原江里菜

    原江里菜から見た佐伯三貴佐伯三貴

    2006年3月の高校卒業後は大学進学の道を選び、在学中いつでもプロゴルフツアーへの参加を認めるという校風に共鳴して、東北福祉大学総合福祉学部社会福祉学科に進んだ。ゴルフ強豪校として知られる同学のゴルフ部に在籍しながら、同年度にも全国女子大学ゴルフ対抗戦や日本女子学生ゴルフ選手権で優勝、アジア大会(ドーハ)に佐伯三貴、宮里美香と出場し女子団体銀メダルを獲得するなど、JGAナショナルメンバーに連続して在籍した4年間を通じて安定した強さを示した。原江里菜 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯行生

    佐伯行生から見た佐伯三貴佐伯三貴

    佐伯 行生(さいき ゆきお、1950年3月2日-)は、日本のトップアマゴルファー。 広島県東広島市西条町出身、在住。 瀬戸内高等学校卒業。 身長173cm、体重76kg。 ホームコースは、広島東映カントリークラブ。公認ハンディキャップは、0。師弟関係は、北中敬昭、田中金蔵。 家族は、義母、妻、長男、長女、次男。 長女は、プロゴルファーの佐伯三貴、次男は学生アマゴルフ界で活躍する佐伯幸憲。 義父は、かつての広島アマゴルフ界の盟主であった田中金蔵。佐伯行生 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子プロゴルフ協会TPD非会員登録制度

    日本女子プロゴルフ協会TPD非会員登録制度から見た佐伯三貴佐伯三貴

    当制度導入による効果は覿面であり、宮里藍、藤田幸希、佐伯三貴、張娜、裵宰希、三塚優子、キム・ソヒ、原江里菜などをはじめ、多数の学生選手や、アジア・オセアニア圏を中心とする外国人ゴルファーの参入・活性化を具現し、日本女子ゴルフツアーの人気挽回に貢献、選手層の若年化や国際化に貢献した。その後、毎年常時50名以上のLPGA非会員登録者が在籍している。日本女子プロゴルフ協会TPD非会員登録制度 フレッシュアイペディアより)

  • オフィス・ゲンキ

    オフィス・ゲンキから見た佐伯三貴佐伯三貴

    所属アーティストは、松山千春、宇山基道、プロゴルファーの佐伯三貴などで、業務のほとんどは松山のコンサートやイベントなどの興行マネジメントに向けられている。オフィス・ゲンキ フレッシュアイペディアより)

  • 高橋美保子 (ゴルファー)

    高橋美保子 (ゴルファー)から見た佐伯三貴佐伯三貴

    2002年9月29日、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンにおいて2勝目をあげた際には、知己が多数応援に駆けつけた。高校時代以来の想い出がつまる準地元での優勝だけに、初優勝の際にも見せなかった涙の優勝インタビューとなった。 大会後には、優勝賞金の一部を、同大会が支援し白血病や重度の気管支障害などの児童の治療を行う宮城県立こども病院設立基金の一部として寄付、設立以後も高橋が中心となって宮城県ゆかりのプロゴルファーに声を掛け、折にふれて同院を慰問に訪れている。 2007年9月18日のミヤギテレビ杯ダンロップオープン前日には、同院を、仙台育英高校同学の小川あい、東北高校出身の有村智恵・和田委世子、東北福祉大学在学の佐伯三貴、東北高校出身で東北福祉大学在学の原江里菜らとともに慰問した。高橋美保子 (ゴルファー) フレッシュアイペディアより)

  • 女子ワールドカップ (ゴルフ)

    女子ワールドカップ (ゴルフ)から見た佐伯三貴佐伯三貴

    実例としては2008年度の日本代表権者は判定時ロレックスランキング日本最上位の上田桃子であったが上田が出場辞退し2007年度の全英リコーオープン日本人最高位であった佐伯三貴を新代表権者に指名、佐伯がパートナーとして第3回出場実績をもつ諸見里しのぶに参加を説得しチーム編成を行った。女子ワールドカップ (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見た佐伯三貴佐伯三貴

    2008年も前年同様女子ワールドカップに出場し、佐伯三貴とのコンビで3位入賞を果たす。日本国内のツアーではアクサレディスゴルフトーナメントで優勝。またダイキン工業と3年間の所属契約を締結する。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 宇治仁人

    宇治仁人から見た佐伯三貴佐伯三貴

    スポーツウェアにミューゼ・ドゥ・ウジの要素を持ち込み、従来のゴルフウェアに見られないラペルデザインが特徴。 プロゴルファーの佐伯三貴がツアートーナメントで着用している。宇治仁人 フレッシュアイペディアより)

  • スタジオアリス女子オープン

    スタジオアリス女子オープンから見た佐伯三貴佐伯三貴

    第7回(2012年): 佐伯三貴(-7)スタジオアリス女子オープン フレッシュアイペディアより)

  • Kochi黒潮カントリークラブ

    Kochi黒潮カントリークラブから見た佐伯三貴佐伯三貴

    黒潮ジュニア選手権では、現在女子プロゴルファーの佐伯三貴(第1回大会)やマスターズに出場し、ローアマを獲得した松山英樹(第7回、第8回、第9回、第10回大会)などが優勝している。Kochi黒潮カントリークラブ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示

「佐伯三貴」のニューストピックワード