259件中 11 - 20件表示
  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た小栗旬小栗 旬

    三貴は高飛車にも相手に小栗旬レベルを要求、「チーム鬼嫁」が必死にアレンジを試みる佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た嵐 (グループ)

    しかし、ミーハーな面もあり、TBSの「2007 史上最大 スポーツ大感謝祭」でのメンバーと共演した際の感想を、「萌えぇ〜」と語っている。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た今江敏晃

    2008年5月2日、クリスタルガイザーレディスは大会初日にあたり、開催地千葉市若葉区の京葉カントリークラブ至近にある千葉マリンスタジアムで行われる日本プロ野球の千葉ロッテ×西武ライオンズ戦のワンデースポンサーとなった。 これにともない、クリスタルガイザーは大会PRのため、同試合始球式にクリスタルガイザーレディス出場選手を広報派遣することとした。この始球式要員には、佐伯三貴と諸見里しのぶが抜擢され、初日クリスタルガイザーレディス同組でラウンドした2人は、ホールアウト後間もない16時30分に京葉カントリークラブを出発、千葉マリンスタジアムにおける18時からの始球式イベントに参加した。 2人は両チームの代表に対して花束を贈呈したあと、そろってマウンドへ向い、大松尚逸、今江敏晃の両名をキャッチャーにして投球。諸見里の投球は、やや右にそれるボール球となったが、三貴の球はノーバウンドのストライクボールとなった。始球式終了後は、2人とも試合終了まで観戦し、三貴は「プロ野球選手のパワーを貰って帰りたい」と言及した。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た近藤智弘

    近藤智弘のキャディをつとめていたプロキャディの森本真祐は、男子ツアーの試合数が減少して出場機会が乏しくなり、逆に女子ツアーの人気が向上し試合数が増加したのを見て、旧知の坂詰和久に帯同のしがいのある有望な女子選手の存在を確認したところ、坂詰は自身の指導下にある三貴を薦し、森本は三貴のデビュー戦である2007年アコーディア・ゴルフレディスに帯同した。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た松山千春松山 千春

    田中金蔵夫妻・佐伯行生夫妻は、フォークシンガーの松山千春と30年来余の交友関係があり、其の縁で松山は子供の時から三貴をよく知っていた。その為で佐伯三貴がプロ転向した際には松山が経営するオフィス・ゲンキに所属することとなった。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た宮里藍

    ツアー登録後112日目にあたる4戦目、2007年4月22日のフジサンケイレディスにおいて、2003年ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンの宮里藍の登録後146日目を上回る、ツアー制度施行後史上最速での初優勝を飾った。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た福嶋晃子

    セント・アンドリュースのデザイン制作にも参画したチャールズ・ヒュー・アリソンの設計による名門コース・広野ゴルフ倶楽部などが至近にある兵庫県三木市の志染駅周辺には、有名割烹が立ち並ぶが、そのなかのひとつ『割烹くりやま』は、三貴の叔父が経営する店舗である。 この縁で、三貴は、兵庫県を訪れた際には積極的に他プロ等を誘って、同店を訪れ料理に舌提を打つ。 原江里菜、福嶋晃子、佐々木慶子、諸見里しのぶ、江連忠、山口裕子、土田麻依子など、多くのプロゴルファー、プロコーチ、プロキャディが同店に招待されている。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た横峯さくら

    2007年京楽カップ第8回日韓女子プロゴルフ対抗戦においては、大会史上初めてプレーオフに突入した。プレーオフ第1陣の横峯さくら・李宣和、第2陣の諸見里しのぶ・全美貞とも引き分け、第3陣の古閑美保が張晶に競り勝って日本チームが優勝したが、この際の第4陣は三貴が出る予定であった。三貴は、日韓戦の優勝自体には喜びながらも、本当は自身が出て勝負を決めたかったという感情があったと言及している。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た倖田來未倖田 來未

    親しいプロ仲間や東北福祉大学の仲間と、カラオケやボウリング、ビリヤードに興じるのが好きで、かなりの腕前である。ボウリングのアベレージは160ピンほどで、上記のテレビ収録においてもその腕前を披露した。カラオケにおいては、Jポップ特にバラードナンバーを得意とし、オハコ(18番)は倖田來未の各曲である。多いときは週に5回は通うと言及している。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た津田恒実

    また、松山が元広島東洋カープ投手の津田恒実のために作詞作曲した歌で、三貴自身、「切なく悲しくなりつつも暖かい気持ちになれる素敵な曲」として『君へ』を愛聴、また、2008年の発表曲『我家』を気に入っていることに言及している。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

259件中 11 - 20件表示

「佐伯三貴」のニューストピックワード