259件中 61 - 70件表示
  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見たドーハ

    2006年2月からは坂詰和久に師事。2006年アジア競技大会(ドーハ)に原江里菜、宮里美香と出場し女子団体銀メダルを獲得。また、大学女子の個人戦、2006年朝日杯争奪日本女子学生ゴルフ選手権でも優勝するなど、JGAナショナルメンバーに在籍した5年間を通じて安定した強さを示した。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た

    2008年3月8日のダイキンオーキッド2日目の朝、那覇市内のホテルで起床後に歯磨きでうがいをしていたところ、前週に歯科矯正のために抜歯した右あごの2番目の前歯跡に嵌めていた仮歯(テンポラリー・クラウン)がポロっと外れ落ち、三貴は鏡に映る歯抜けになった自身を凝視し唖然となった。プレー中にギャラリーの、テレビ中継で視聴者の大爆笑を浴びるシーンが頭を駆け巡り、パニック状態となった三貴は、猛烈な勢いで同泊の関係者各者を叩き起こし、森本真祐キャディ、マネージャーなどと大騒ぎしてホテル周辺の歯科医の所在を調べまくり、ただちに朝食も摂らずにタクシーで20分飛ばして、開院前の那覇市内の歯科医院の戸を叩いて歯科医に頼み込み、急いで取れた仮歯を嵌める応急処置を受けた。診療後、ふたたびタクシーを30分強飛ばして試合会場の琉球ゴルフ倶楽部に向い、大会2日目のスタート時間である9時48分に必死の思いでコースに到着し、何とか試合に間に合ってスタートすることができた。ところが、今度はプレー中にゴルフシューズのスパイクがポロッと外れて飛び、やむなく替わりのシューズを取ってきてもらう間、足許不充分なままプレーを続行するはめになった。このような、前歯とスパイクが歯抜けの上に朝食抜きという、精神的にも物理的にも相当ハードなラウンドとなったにもかかわらず、スコアは3アンダーの69で暫定順位を上げるという好成績を残し、ホールアウト後のTBS系放送のインタビューにおいては、一連のアクシデントには一切触れずに仮歯を嵌めなおした笑顔で視聴者に向けて手を振って愛嬌を振りまくなど、大物ぶりを見せつけた。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見たビリヤード

    親しいプロ仲間や東北福祉大学の仲間と、カラオケやボウリング、ビリヤードに興じるのが好きで、かなりの腕前である。ボウリングのアベレージは160ピンほどで、上記のテレビ収録においてもその腕前を披露した。カラオケにおいては、Jポップ特にバラードナンバーを得意とし、オハコ(18番)は倖田來未の各曲である。多いときは週に5回は通うと言及している。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た全国高等学校選抜大会

    武田高等学校に進むと、JGA女子ナショナルチーム(日本代表)入りし、2001年から2002年にかけ全国高等学校ゴルフ選手権春季大会で2連覇してその名を広めたが、高校3年時の不調により日本代表から外される。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン

    2006年 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 46位T ローアマチュア佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た日韓女子プロゴルフ対抗戦

    2007年京楽カップ第8回日韓女子プロゴルフ対抗戦においては、大会史上初めてプレーオフに突入した。プレーオフ第1陣の横峯さくら・李宣和、第2陣の諸見里しのぶ・全美貞とも引き分け、第3陣の古閑美保が張晶に競り勝って日本チームが優勝したが、この際の第4陣は三貴が出る予定であった。三貴は、日韓戦の優勝自体には喜びながらも、本当は自身が出て勝負を決めたかったという感情があったと言及している。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た埼玉西武ライオンズ

    2008年5月2日、クリスタルガイザーレディスは大会初日にあたり、開催地千葉市若葉区の京葉カントリークラブ至近にある千葉マリンスタジアムで行われる日本プロ野球の千葉ロッテ×西武ライオンズ戦のワンデースポンサーとなった。 これにともない、クリスタルガイザーは大会PRのため、同試合始球式にクリスタルガイザーレディス出場選手を広報派遣することとした。この始球式要員には、佐伯三貴と諸見里しのぶが抜擢され、初日クリスタルガイザーレディス同組でラウンドした2人は、ホールアウト後間もない16時30分に京葉カントリークラブを出発、千葉マリンスタジアムにおける18時からの始球式イベントに参加した。 2人は両チームの代表に対して花束を贈呈したあと、そろってマウンドへ向い、大松尚逸、今江敏晃の両名をキャッチャーにして投球。諸見里の投球は、やや右にそれるボール球となったが、三貴の球はノーバウンドのストライクボールとなった。始球式終了後は、2人とも試合終了まで観戦し、三貴は「プロ野球選手のパワーを貰って帰りたい」と言及した。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た白血病

    2007年9月18日、ミヤギテレビ杯ダンロップオープン前日に、白血病や重度の気管支障害などの児童が入院する宮城県立こども病院を、高橋美保子、小川あい、原江里菜、有村智恵、和田委世子とともに慰問した。同月20日には、訪問の返礼として子供たちから三貴の同月22日に迎える23歳へのバースデーケーキと祝福メッセージが届き、三貴は周囲にかまわず感涙した。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見たヤマハレディースオープン葛城

    2008年4月11日、スタジオアリス女子オープン初日4番ホールにおいて激しい左手首痛を感じ、9ホール終了後に、アマチュア時代の競技会を含めて人生で初めて途中棄権した。前週に強風下で行われたヤマハレディースオープン葛城において、パンチショットを多用し腱鞘炎を悪化させたのが原因とされている。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た女性

    佐伯 三貴(さいき みき、1984年9月22日 - )は、日本の女子プロゴルファー、日本女子プロゴルフ協会正会員(79期)。広島県東広島市西条町(旧賀茂郡西条町)出身、東北福祉大学総合福祉学部卒業(社会福祉学士)。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

259件中 61 - 70件表示

「佐伯三貴」のニューストピックワード