367件中 11 - 20件表示
  • スダジイ

    スダジイから見た佐渡島佐渡島

    本種の分布の中心は温帯から亜熱帯であり、北限は最寒月の平均気温が2℃となる等高線とほぼ一致する。緯度における北限は佐渡島、南限は波照間島である。特に、奄美群島以南に生育する集団を亜種オキナワジイ (ssp. lutchuensis) と分類することがあり(後述の近縁種と亜種)、この場合基亜種スダジイ (ssp. sieboldii) の南限はトカラ列島である。スダジイ フレッシュアイペディアより)

  • 日本海タワー

    日本海タワーから見た佐渡島佐渡島

    新潟市中心部・新潟島の中央北部の丘陵地に位置しており、市内はもちろん、晴れた日には日本海、佐渡島、弥彦山などを望むことが出来る。展望室には喫茶スペースも設けられており、全面ガラス張りで約25分で360度回転する(回転速度は微調整できる)。同区の万代シテイに所在するレインボータワーが展望台の営業を行っていた当時は、搭乗客はタワーの昇降1往復ごとに完全入れ替え制となっていたが、当タワーの展望室には時間制限などは特に設けられておらず、一度入館すれば営業時間終了まで眺望を楽しめる。日本海タワー フレッシュアイペディアより)

  • 砂かけ婆

    砂かけ婆から見た佐渡島佐渡島

    昭和・平成以降には、水木しげるによる漫画『ゲゲゲの鬼太郎』で鬼太郎と共に戦う正義の妖怪としての活躍により一躍、全国的に有名な妖怪となり、同漫画をはじめとする水木の妖怪画にある、和服の老婆姿が一般的なイメージとなっている。妖怪研究家・京極夏彦によれば、この妖怪画は佐渡島の郷土芸能・鬼太鼓の面がモデルとされる。砂かけ婆 フレッシュアイペディアより)

  • ハタネズミ

    ハタネズミから見た佐渡島佐渡島

    本州、九州、佐渡島、能登島に分布する。造林地や高山のハイマツ帯、河川敷や田畑などの地表から地中約50cmの間に、網目状の巣穴を掘り生活している。イネ科、キク科を中心とする草を食べる。秋になると巣穴に食料を貯える。冬は雪の下に巣穴を掘ることもある。時々大発生し、イネ、サツマイモやニンジンなどの根菜、造林地などの樹木、果樹に大きな被害を及ぼすことがある。捕食者はイタチ、トビ、ヘビなどである。ハタネズミ フレッシュアイペディアより)

  • 広域関東圏

    広域関東圏から見た佐渡島佐渡島

    越後方言:新潟県(佐渡島、阿賀野川以北の阿賀北地域及び東蒲原郡阿賀町を除く)広域関東圏 フレッシュアイペディアより)

  • 君の名は

    君の名はから見た佐渡島佐渡島

    撮影地:北海道、浅虫温泉(青森県)、佐渡島(新潟県)、水上温泉(群馬県)、熱川温泉(静岡県)、白浜温泉(和歌山県)君の名は フレッシュアイペディアより)

  • 西日本方言

    西日本方言から見た佐渡島佐渡島

    西日本方言(にしにほんほうげん)または西部方言(せいぶほうげん)とは、九州を除く西日本で話される日本語の方言の総称である。東条操の定義によれば、新潟県佐渡島・富山県から中国地方・四国地方までで、愛知県・岐阜県を含まない。東日本方言・九州方言とともに日本語の本土方言を形成する。九州方言を西日本方言に含める学者もいる(奥村三雄など)。西日本方言 フレッシュアイペディアより)

  • 化け狸

    化け狸から見た佐渡島佐渡島

    新潟県の佐渡島や四国にはタヌキの伝説が多く、中でも佐渡の団三郎狸、阿波国(徳島県)の金長や六右衛門、香川県の屋島の禿狸のように、特別な能力を持つタヌキたちには名前がつけられ、祭祀の対象にもなっている。これらの土地以外でも、タヌキが名物として扱われているケースが少なくない。化け狸 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟地震

    新潟地震から見た佐渡島佐渡島

    地震発生から約15分後には津波の第一波が来襲、新潟市では高さ4mに達し、その他にも佐渡島や粟島・島根県隠岐島でも冠水被害が出るなどした。押し波から始まって、佐渡島両津港では3m、塩谷間で4m、直江津で1?2m、岩船港付近4m。砂浜への駆け上がり現象で 6mを観測した地点も報告されている。第一波の波高が最も高かった地点もあるが、第三波が最も高かったとの目撃情報もある。また地震から数時間経過した後に最大波高を観測している。震幅の周期は20分程度のものと、50分程度の物が重複していた。津波による浸水被害は、信濃川右岸の山ノ下地区など信濃川流域を中心に広範囲に亘り、特に栗ノ木川周辺など一部の冠水は1ヶ月にも及ぶ。新潟地震 フレッシュアイペディアより)

  • 長岡市

    長岡市から見た佐渡島佐渡島

    寺泊港と佐渡島赤泊地区の赤泊港とを結ぶ「両泊(りょうどまり、りょうはく)航路」があり、佐渡汽船が高速船「あいびす」による定期旅客航路を運航している。東京湾岸から佐渡島へ向かう場合、長岡駅 - 両泊航路経由が最短ルートとなる。長岡市 フレッシュアイペディアより)

367件中 11 - 20件表示