367件中 21 - 30件表示
  • マイマイカブリ

    マイマイカブリから見た佐渡島佐渡島

    日本の北海道、本州、四国、九州、離島では粟島、佐渡島、伊豆大島、隠岐諸島、五島列島、対馬、屋久島に分布する。世界の他地域には分布していない日本の固有種であるが、台湾には農業害虫となるカタツムリの駆除のために導入されたものが定着しているという。マイマイカブリ フレッシュアイペディアより)

  • ホエールウォッチング

    ホエールウォッチングから見た佐渡島佐渡島

    両種とも北海道の沿岸部の大部分や三陸沖、佐渡島・富山湾以北の日本海で比較的多く観察可能、この他ツチクジラは相模湾や伊豆大島に冬季頻繁に現れ、ミンククジラは小笠原諸島を除く日本近海の全ての海域で確認されている。日本海には定住するミンククジラの個体群が存在するとされ、対馬や平戸などの九州北部や山口県沖、若狭湾や輪島市沖などでよく観察されている。ミンククジラは、最も南では与那国島でも確認されている。釧路沖と仙台湾で行われている調査捕鯨の結果、同海域及び太平洋岸のミンククジラ資源は減少傾向にある。ホエールウォッチング フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡鉄道

    佐渡鉄道から見た佐渡島佐渡島

    明治期の佐渡島は道路も十分に整備されておらず陸上輸送が貧弱であったため、同じ島内での物流であっても海路での輸送が中心であった。そのため、この時期に起こった私設・民営鉄道敷設ブームに乗っていずれも東京府在住の発案者より2通りのルートで別々に佐渡島内を横断する鉄道の敷設許可願いが鉄道局に出されたものの、いずれも却下される。明治30年(1897年)6月8日付の地元紙『佐渡新聞』は、この敷設許可願いが却下されたことについて「佐渡人は舌を出しているならん」と地元に鉄道建設を求める気運は無く、島外の者の動きに冷ややかな視線を浴びせていることを伝えている。佐渡鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 喜多文子

    喜多文子から見た佐渡島佐渡島

    医師司馬凌海の二女として東京下谷に生まれる。凌海が1879年に死去し、一家で佐渡に帰郷する際に、家元林家の分家の女流棋士で方円社に所属する林佐野の養女となる。佐野から囲碁を学び、11歳頃から方円社に通う。この頃、入段するまでは修行の為として、丸坊主、男児服で通したという。また佐野を通じての後援者に伊藤博文、犬養毅、頭山満、古島一雄などがいた。1891年15歳で初段となる。三段となった1895年、旧福岡藩藩主黒田長知の家に出入りしていた縁で、能楽師で喜多流14代家元の喜多六平太に嫁ぐ。その後の13年間は囲碁から遠ざかり、喜多流を陰で支えることに専念した。喜多文子 フレッシュアイペディアより)

  • 五頭山

    五頭山から見た佐渡島佐渡島

    眺望がよいのは、五峰のうち特に五ノ峰と一ノ峰で、広大な越後平野の先に弥彦山、角田山を、空気が澄んでいれば佐渡島、粟島まで見わたせる。また、背後には飯豊連峰の全貌を望むことができる。五頭山 フレッシュアイペディアより)

  • 国府川

    国府川から見た佐渡島佐渡島

    新潟県佐渡市上新穂にある国見山の南側に源を発し、佐渡島の中央部に位置する国仲平野に流れる。そこから西に転じ、佐渡市四日町と佐渡市八幡の境界から真野湾に注ぐ。佐渡島最長の川で、流域では稲作など農業が盛んである。流域面積175.6km²、流路延長19km。国府川 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡歴史伝説館

    佐渡歴史伝説館から見た佐渡島佐渡島

    佐渡歴史伝説館(さどれきしでんせつかん)は、佐渡島にゆかりのある歴史上人物や伝説を等身大ロボットなどで紹介する体感型ミュージアムである。所在地は新潟県佐渡市真野655番地、運営は株式会社佐渡歴史伝説館。佐渡歴史伝説館 フレッシュアイペディアより)

  • 足尾台風

    足尾台風から見た佐渡島佐渡島

    この当時、この台風とは別に、もう一つの台風がフィリピン・ルソン島の東方に9月21日発生し、毎時10kmほどで進行して9月26日には琉球の南東はるか沖を北上。そして9月28日、足尾台風が東日本地域を縦断して日本海へ抜けた後の15時に中心が潮岬の東方に上陸。大王崎の西方、彦根付近、福井の東方、金沢の西方を経て能登半島を横断し、23時には佐渡島の北方に抜けている。9月28日朝の天気図では、二つの台風がほぼ横並びになっており、東側にあった足尾台風は、本州通過時の進行速度が毎時60kmから80kmに達し、かなり速いものであった。筑波山をはじめ、台風経路の東側の各地で猛烈な暴風となったのも、この高速の影響が大きいと考えられる。足尾台風 フレッシュアイペディアより)

  • 一条能氏

    一条能氏から見た佐渡島佐渡島

    承久3年(1221年)6月の後鳥羽上皇と鎌倉幕府の対立による承久の乱では、叔父の信能・尊長らは上皇方の首謀者となっている。能氏は『尊卑分脈』に承久の乱で梟首されたとあり、上皇方であったともされるが、『吾妻鏡』には順徳院の佐渡配流に同行し、病のため途中で京に戻ったという記録が見られる。『承久記』慈光本では弟の能継が乱後に斬首されたとあり、能氏との混同が見られる。一条能氏 フレッシュアイペディアより)

  • 糸魚川シーサイドバレースキー場

    糸魚川シーサイドバレースキー場から見た佐渡島佐渡島

    ゲレンデ山頂からは日本海が一望でき、天気が良ければ遠く佐渡島まで見る事ができる。海が見えるスキー場としても有名。またゲレンデ前方には日本百名山のひとつでもある雨飾山が見える。糸魚川シーサイドバレースキー場 フレッシュアイペディアより)

367件中 21 - 30件表示