492件中 41 - 50件表示
  • 佐渡弥彦米山国定公園

    佐渡弥彦米山国定公園から見た佐渡島佐渡島

    佐渡の海岸線を中心とする佐渡地域、信仰の山として知られる弥彦山を中心とする弥彦地域、そして米山及び裾野に発達した福浦八景を中心とした米山地域の3ヶ所からなる。佐渡弥彦米山国定公園 フレッシュアイペディアより)

  • シントウトガリネズミ

    シントウトガリネズミから見た佐渡島佐渡島

    日本固有種であり、本州の紀伊半島、京都府以北の山地、佐渡島、四国の山地に生息する。シントウトガリネズミ フレッシュアイペディアより)

  • ダイミョウセセリ

    ダイミョウセセリから見た佐渡島佐渡島

    日本では北海道渡島半島から長崎県にかけて(離島では佐渡、隠岐、対馬、五島列島)の林地に分布する。渡島半島では日本海側で見られ、八雲町での記録が北限。関東など一部地域では平地でも見られるが、それ以外の地域では平地ではあまり見られない。ダイミョウセセリ フレッシュアイペディアより)

  • ミズイロオナガシジミ

    ミズイロオナガシジミから見た佐渡島佐渡島

    日本では北海道、本州、四国、九州(離島では佐渡、隠岐、対馬)に分布し、本州の雑木林周辺ではミドリシジミ亜族の中でもっともよく見られる普通種だが、北海道、四国、九州では分布がやや限定される。ミズイロオナガシジミ フレッシュアイペディアより)

  • モモジロコウモリ

    モモジロコウモリから見た佐渡島佐渡島

    日本(北海道、本州、四国、九州、対馬、佐渡島、徳之島)、サハリン、シベリア東部に分布する。モモジロコウモリ フレッシュアイペディアより)

  • 東御方

    東御方から見た佐渡島佐渡島

    順徳天皇の宮人。父は権中納言藤原範光。承久3年(1221年)順徳上皇の佐渡配流に供奉し、佐渡に渡った。善統親王、彦成王を産む。寛喜元年(1229年)8月、病により帰京した。生没年不詳。東御方 フレッシュアイペディアより)

  • 金剛山 (佐渡島)

    金剛山 (佐渡島)から見た佐渡島佐渡島

    標高962.2m。地形図に名称が掲載されている山としては金北山、妙見山に次いで佐渡島で3番目に高い山である。金剛山 (佐渡島) フレッシュアイペディアより)

  • 見越山

    見越山から見た佐渡島佐渡島

    数箇所に小規模なお花畑があり、カライトソウ、ニッコウキスゲ、タカネナデシコの群落が見られる。赤い粗面岩の露出が多く、眺望に優れる。医王山や宝達山、槍・穂高連峰を始め、条件が極めて優れた日には大門山の背後に佐渡島を望むことができる。見越山 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋久野

    高橋久野から見た佐渡島佐渡島

    1871年(明治4年)新潟県佐渡の素封家に生まれる、高橋復二郎と結婚する。夫婦で、上京し久野は明治女学校、東京女子師範学校で学ぶ。明治女学校に在学中に、一番町教会(富士見町教会)の日曜学校および礼拝に出席し植村正久の指導を受けた。高橋久野 フレッシュアイペディアより)

  • ハギマシコ

    ハギマシコから見た佐渡島佐渡島

    日本では亜種ハギマシコ (Leucosticte arctoa brunneonucha) が主に冬季、越冬のため冬鳥として飛来するが、本州中部以北で見られ、西日本には少ない。夏季に北海道や東北地方の高山帯に残る個体もおり、北海道の日高山脈や利尻島のほか、大雪山では巣材を運ぶ個体や巣立ち直後の幼鳥に給餌する観察例があり、繁殖している可能性があるが、巣や卵は確認されていない。北海道で冬鳥または留鳥とされるほか、南千島、本州、見島(山口県)で冬鳥、舳倉島(石川県)では旅鳥、佐渡島(新潟県)、九州、対馬(長崎県)、伊豆諸島の八丈島(東京都)ではまれな旅鳥として記録されている。ハギマシコ フレッシュアイペディアより)

492件中 41 - 50件表示