367件中 51 - 60件表示
  • ハネナシコロギス

    ハネナシコロギスから見た佐渡島佐渡島

    北海道、本州(佐渡島、隠岐、対馬を含む)、四国、九州、南西諸島(トカラ列島以南)。ハネナシコロギス フレッシュアイペディアより)

  • ビー玉望遠鏡

    ビー玉望遠鏡から見た佐渡島佐渡島

    とある田舎町の学校のプールを借りてミュージック・ビデオの撮影を行った。同シングル初回限定盤DVDに収録されたほか、7thアルバム『ADDRESS』(2006年6月28日)の初回限定盤DVDにも収録されている。このほか、2004年5月29日の佐渡島でのライブ&ドキュメンタリーを収録。ビー玉望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 臼負い婆

    臼負い婆から見た佐渡島佐渡島

    臼負い婆(うすおいばば)は、新潟県佐渡島の怪談集『佐渡怪談藻汐草』にある日本の妖怪。臼負い婆 フレッシュアイペディアより)

  • 平成10年8月新潟豪雨

    平成10年8月新潟豪雨から見た佐渡島佐渡島

    4日未明から新潟県下越地方や佐渡地方を中心に非常に激しい雨が降り、安田町の宝珠山では4日の24時間降水量270ミリを観測した。また新潟市では24時間降水量265ミリを観測、1886年(明治19年)の観測開始以来第1位の記録となった。このほか新潟市では排水機場のポンプが故障したこともあり、市内各所で浸水被害が相次いだ。この豪雨による浸水被害の約8割は新潟市内で発生している。市内主要道路も広範囲に渡り冠水し、都市機能は完全に麻痺した。また越後線の小針駅 - 寺尾駅間で線路路盤の一部が流出し、災害の後もしばらくの間徐行運転を余儀なくされた。平成10年8月新潟豪雨 フレッシュアイペディアより)

  • 大須銀山

    大須銀山から見た佐渡島佐渡島

    大須銀山(おおすぎんざん)とは、江戸時代に新潟県佐渡市(旧真野町)に存在した銀山。佐渡島に坑道掘りの技術が石見銀山から伝えられたのが16世紀末であること、既に1604年の文献に記載されていることを勘案すれば、江戸初期にはかなり有力な銀山であったことが推測される。なお、掘削を終了した年次(おそらく江戸年間)は不明。朝と晩に三貫目の量の銀を産出したことから大須三貫目とも呼ばれた。大須銀山 フレッシュアイペディアより)

  • NHK赤塚ラジオ放送所

    NHK赤塚ラジオ放送所から見た佐渡島佐渡島

    当放送所は、新潟市西区中権寺に置かれ、下越地方や佐渡地方の広範囲に電波を発射している。NHK赤塚ラジオ放送所 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡始顕本尊

    佐渡始顕本尊から見た佐渡島佐渡島

    日蓮大聖人が佐渡在島中の文永10年(1273年)7月8日に図顕したとされる曼荼羅本尊。古来より身延山久遠寺の所蔵であったが、明治8年(1875年)の火災によって消失した。佐渡始顕本尊 フレッシュアイペディアより)

  • 微塵流

    微塵流から見た佐渡島佐渡島

    佐渡島に近年まで伝承者が存在した。微塵流 フレッシュアイペディアより)

  • ねむろ (輸送艦)

    ねむろ (輸送艦)から見た佐渡島佐渡島

    1980年6月27日、新潟県佐渡島の北方約110km地点を航行中、ソ連空軍のTu-16爆撃機が異常接近。接近しすぎたTu-16が目の前で墜落するということがあった。後に同艦が乗組員3人の遺体を収容している。ねむろ (輸送艦) フレッシュアイペディアより)

  • 越後七不思議

    越後七不思議から見た佐渡島佐渡島

    原木は新潟市秋葉区古田にあり、樹齢約320年、高さ16m、幹周り203cmの巨木で県指定天然記念物。明治初期、庄内藩家老職の酒井調良が苗木を山形県庄内地方に持ち帰り産地化したものが庄内柿であり、昭和初期になって佐渡郡羽茂村(のちの羽茂町、現在の佐渡市)の農会技術員が庄内柿の穂木を佐渡島に持ち帰り産地化したものがおけさ柿である。越後七不思議 フレッシュアイペディアより)

367件中 51 - 60件表示