492件中 51 - 60件表示
  • 9月12日 (旧暦)

    9月12日 (旧暦)から見た佐渡島佐渡島

    文永8年(ユリウス暦1271年10月17日) - 日蓮が佐渡島に流される9月12日 (旧暦) フレッシュアイペディアより)

  • 加治木くも合戦

    加治木くも合戦から見た佐渡島佐渡島

    クモ合戦の風習は子供たちの遊技としてフィリピン、タイ、マレーシア、中国、韓国にもあるとされているが、定かなのはフィリピンのものである。日本においては九州、四国、中国地方を中心として南西諸島から房総半島や佐渡島に至る海岸沿いに伝えられてきた。鹿児島県においても古くからクモ合戦が行われていたと考えられている。しかしながら日本国内各地におけるクモ合戦の風習は第二次世界大戦以降急速に衰退した。加治木くも合戦 フレッシュアイペディアより)

  • アカタテハ

    アカタテハから見た佐渡島佐渡島

    インドからオーストラリア、日本(北海道、礼文島、利尻島、本州、佐渡島、八丈島、三宅島、父島、母島、隠岐島、四国、九州、対馬、壱岐島、甑島、種子島、屋久島、トカラ列島、奄美大島、徳之島、沖縄本島、宮古島、石垣島、西表島、与那国島)まで広く分布する。森林の周辺の日当たりが良い場所に生息し、農村や都市部でもよく見られる。アカタテハ フレッシュアイペディアより)

  • 一条能氏

    一条能氏から見た佐渡島佐渡島

    承久3年(1221年)6月の後鳥羽上皇と鎌倉幕府の対立による承久の乱では、叔父の信能・尊長らは上皇方の首謀者となっている。能氏は『尊卑分脈』に承久の乱で梟首されたとあり、上皇方であったともされるが、『吾妻鏡』には順徳院の佐渡配流に同行し、病のため途中で京に戻ったという記録が見られる。『承久記』慈光本では弟の能継が乱後に斬首されたとあり、能氏との混同が見られる。一条能氏 フレッシュアイペディアより)

  • 狸憑き

    狸憑きから見た佐渡島佐渡島

    狸憑き(たぬきつき)は、タヌキの霊が人に憑依するという日本のシャーマニズム。四国や佐渡島の他、青森県や岩手県などに伝えられている。狸憑き フレッシュアイペディアより)

  • イトヒキアジ

    イトヒキアジから見た佐渡島佐渡島

    全世界の熱帯・亜熱帯海域に広く分布し、幼魚は温帯域にも出現する。日本近海では、日本海側は佐渡島、太平洋側は茨城県まで見られる。幼魚は水面近くを泳ぎ、内湾でも見られるが、成魚は水深60-100mの海底付近に生息する。食性は肉食性で、小魚や甲殻類等の小動物を捕食する。イトヒキアジ フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県道542号上越糸魚川自転車道線

    新潟県道542号上越糸魚川自転車道線から見た佐渡島佐渡島

    ほぼ全線が北陸本線の旧区間で、1969年(昭和44年)に複線化された際に廃止された旧線を自転車道に転用したものである。国道8号の郷津交差点付近を起点に、ほぼ海岸と国道8号に沿って走っており、起伏が少なく、日本海と佐渡島、能登半島を望むことができる風光明媚な自転車道として知られる。新潟県道542号上越糸魚川自転車道線 フレッシュアイペディアより)

  • オサムシ

    オサムシから見た佐渡島佐渡島

    なお、カタツムリ食のオサムシ類は成虫の形態に食性に応じた適応が顕著に見られることが多い。この適応には頭部と胸部が細長くなって獲物の殻の入り口から深くまで首を突っ込み、奥に引っ込んだ肉や内臓を食べやすくした形質(セダカオサムシ族やマイマイカブリなど)と、大顎とこれを動かす筋肉を収めた頭部が巨大化して獲物の殻を噛み砕きながら肉や内臓を摂食する形質(マイマイカブリの佐渡島産亜種であるサドマイマイカブリなど)に二極分化している傾向がある。なお、世界的に金属光沢に富んだ美麗種にはカタツムリ食の種が多い傾向があるが、その理由は定かではない。日本産のオサムシでも、北海道に生息するオシマルリオサムシやオオルリオサムシが、こうしたカタツムリ食の美麗種である。オサムシ フレッシュアイペディアより)

  • 観世流

    観世流から見た佐渡島佐渡島

    世阿弥は1422年ごろの出家と前後して、大夫を長男観世元雅(?〜1432年)に譲った。元雅は世阿弥が『夢跡一紙』で「子ながらもたぐひなき達人」と評したほどの名手で、『隅田川』『弱法師』『歌占』『盛久』など能作においても優れていた。しかし義持の没後、世阿弥の甥音阿弥(観世元重)を後援する足利義教が将軍に就任すると、仙洞御所での演能の中止(1429年)や醍醐寺清滝宮の楽頭職を音阿弥と交代させられるなどさまざまな圧迫が世阿弥・元雅親子に加えられ(国史大辞典)、1432年に元雅が客死した翌年には音阿弥が観世大夫を襲う(現在では音阿弥を三世とする)。晩年の世阿弥は『拾玉得花』を女婿金春禅竹に相伝し、聞書『申楽談義』を残すなどなお意欲的に活動したが、1434年、義教の命によって佐渡に配流され、ここに観世座は完全に音阿弥の掌握するところとなった。観世流 フレッシュアイペディアより)

  • タイリクハクセキレイ

    タイリクハクセキレイから見た佐渡島佐渡島

    今のところ、本州や佐渡島などの大きな島においては両種の共存が見られるが、小さな島においては既に種の置換が起きているとも指摘されている。たとえば粟島など、かつてセグロセキレイの繁殖が認められた離島にて既にハクセキレイによる旧固有種の淘汰・置換が起きていることが観察されている(粟島では、これにかかった期間は十数年程度であった)。タイリクハクセキレイ フレッシュアイペディアより)

492件中 51 - 60件表示

「佐渡のできごと」のニューストピックワード