492件中 61 - 70件表示
  • 喜多文子

    喜多文子から見た佐渡島佐渡島

    医師司馬凌海の二女として東京下谷に生まれる。凌海が1879年に死去し、一家で佐渡に帰郷する際に、家元林家の分家の女流棋士で方円社に所属する林佐野の養女となる。佐野から囲碁を学び、11歳頃から方円社に通う。この頃、入段するまでは修行の為として、丸坊主、男児服で通したという。また佐野を通じての後援者に伊藤博文、犬養毅、頭山満、古島一雄などがいた。1891年15歳で初段となる。三段となった1895年、旧福岡藩藩主黒田長知の赤坂の屋敷に出入りしていた縁で、能楽師で喜多流14代家元の喜多六平太に嫁ぐ。その後の13年間は囲碁から遠ざかり、喜多流を陰で支えることに専念した。喜多文子 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡地方

    佐渡地方から見た佐渡島佐渡島

    佐渡地方(さどちほう)は、佐渡国、佐渡島、佐渡市を指す名称で、新潟県の4つの地方名の一つ。佐渡地方 フレッシュアイペディアより)

  • ビー玉望遠鏡

    ビー玉望遠鏡から見た佐渡島佐渡島

    とある田舎町の学校のプールを借りてミュージック・ビデオの撮影を行った。同シングル初回限定盤DVDに収録されたほか、7thアルバム『ADDRESS』(2006年6月28日)の初回限定盤DVDにも収録されている。このほか、2004年5月29日の佐渡島でのライブ&ドキュメンタリーを収録。ビー玉望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 相川火力発電所

    相川火力発電所から見た佐渡島佐渡島

    佐渡島内に電力を供給する内燃力発電方式の火力発電所。1992年6月に1号機が運転を開始、2号機までが建設され、2011年12月には3号機が増設された。相川火力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 西谷能雄

    西谷能雄から見た佐渡島佐渡島

    西谷 能雄(にしたに よしお、1913年9月8日 - 1995年4月29日)は、出版社・未來社の創業者。北海道札幌市生まれ、新潟県佐渡島出身。西谷能雄 フレッシュアイペディアより)

  • 五頭山

    五頭山から見た佐渡島佐渡島

    眺望がよいのは、五峰のうち特に五ノ峰と一ノ峰で、広大な越後平野の先に弥彦山、角田山を、空気が澄んでいれば佐渡島、粟島まで見わたせる。また、背後には飯豊連峰の全貌を望むことができる。五頭山 フレッシュアイペディアより)

  • 甲斐国の仏教

    甲斐国の仏教から見た佐渡島佐渡島

    日蓮宗を開いた日蓮(1222年 - 1282年)は安房国長狭郡東条郷(千葉県鴨川市)の生まれで、生家に近い清澄寺で出家し、比叡山をはじめ京都・奈良の諸大寺や高野山で学んだ。日蓮は法華経を重視し、鎌倉で布教活動を行い、既成教団や浄土宗を批判し、文応元年(1260年)には執権・北条時頼に主著『立正安国論』を献じた。日蓮の主張は容れられず弾圧され、文永8年(1271年)には日蓮は伊豆・佐渡へ流罪となり、文永11年(1274年)には許されて鎌倉へ戻る。甲斐国の仏教 フレッシュアイペディアより)

  • ふるさとチャイム

    ふるさとチャイムから見た佐渡島佐渡島

    なお、停車駅周辺地域の楽曲を用いているが、停車駅の所在する都市というよりは、その周辺(時に当該駅より数十キロも離れた箇所)にある代表的な観光地絡みの楽曲が多い(熊谷駅→秩父市の「秩父音頭」、高崎駅→桐生市の「八木節」、新潟駅→佐渡の「佐渡おけさ」など)。また、大宮駅等のように新民謡を入れたものも多く、さらに北上駅と越後湯沢駅以外のすべての駅は、その土地の民謡や音頭(または唱歌・童謡)を採用したため、当時最新鋭であった新幹線のイメージに合わない点もあり、この意味で無理もあったとされる。その中でも、「北上夜曲」(北上駅)と「湯沢旅情」(越後湯沢駅)は例外的に流行歌が採用された珍しいケースであった。ふるさとチャイム フレッシュアイペディアより)

  • エナガ

    エナガから見た佐渡島佐渡島

    A. c. magnus (, 1907) - チョウセンエナガ、韓国中部と南部、対馬、隠岐諸島、佐渡島に分布し、、亜種エナガとの形態の相違はほとんどない。エナガ フレッシュアイペディアより)

  • 坂井製粉製麺

    坂井製粉製麺から見た佐渡島佐渡島

    柿のポリフェノール入り生ラーメン - 佐渡島の柿を使用している。坂井製粉製麺 フレッシュアイペディアより)

492件中 61 - 70件表示

「佐渡のできごと」のニューストピックワード