367件中 61 - 70件表示
  • 見上入道

    見上入道から見た佐渡島佐渡島

    見上入道(みあげにゅうどう)とは、佐渡島(新潟県佐渡市)に伝わる妖怪。見越し入道に類するもの。見上入道 フレッシュアイペディアより)

  • 大かむろ

    大かむろから見た佐渡島佐渡島

    徳島県や佐渡島に現れ、巨大な顔で人間を脅かすとされる。たとえば家の外で物音がしたので、家人が障子を開けてみると、いきなり大きな顔が現れる、といった風である。大かむろ フレッシュアイペディアより)

  • 赤い蝋燭と人魚

    赤い蝋燭と人魚から見た佐渡島佐渡島

    この伝説は、袴形村にまだ住吉神社があったころに起きた、ある水難事故が元になっていると言われている。袴形の神社は小高い丘の上の松林の中にあり、佐渡島を臨む鳥居の南側には常夜灯が一列に並んで、悪天候でも献灯が絶えなかった。この献灯の光を頼って、佐渡島から渡ってくる不思議な女がいた。雁子浜の若者が女と恋仲となって、毎晩抜け出すようになった。若者には許嫁がおり、その母が二人の恋路を咎めたため、若者はひと夜献灯を休んでしまった。そのため女は遭難して溺れ、袴形の崖下に打ち上げられ、若者も女の後を追って身を投げた。同情した村人達は二人を弔って、常夜灯のそばに比翼塚を作り、小さな地蔵尊像を安置した。いつしか献灯は行われなくなり人も絶え、丘の上の住吉神社は寂れて、明治41年に崩山の地に移された。 赤い蝋燭と人魚 フレッシュアイペディアより)

  • ミズイロオナガシジミ

    ミズイロオナガシジミから見た佐渡島佐渡島

    日本では北海道、本州、四国、九州(離島では佐渡、隠岐、対馬)に分布し、本州の雑木林周辺ではミドリシジミ亜族の中でもっともよく見られる普通種だが、北海道、四国、九州では分布がやや限定される。ミズイロオナガシジミ フレッシュアイペディアより)

  • 八雲御抄

    八雲御抄から見た佐渡島佐渡島

    承久の乱以前から書き始められ一度まとめられた(草稿本)が、乱後に配流先の佐渡で書き続けられ、都の藤原定家に送付された(精撰本または再撰本)。本書は、先行する歌論書・歌学書をとりまとめ、独自の体系に編成した大著で、次の6部からなる。八雲御抄 フレッシュアイペディアより)

  • 下越地方

    下越地方から見た佐渡島佐渡島

    佐渡島:佐渡汽船が新潟港 - 両津港でカーフェリーやジェットフォイルを毎日運航している。下越地方 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟交通クハ45形電車

    新潟交通クハ45形電車から見た佐渡島佐渡島

    廃車後はクハ45が佐渡島(両津市。現、佐渡市)に渡り、両津港で加茂湖遊覧船待合室として活用されたが、遊覧船が廃止されたため閉鎖され、その後2009年8月に解体された。同車の保存当時は海岸に面していることに加え、メンテナンスを受けている様子が全く無く、ウインドシルが脱落したままになっているなど保存状態はかなり悪く、また車体に関する解説表示も無いことから、静態保存というより放置に近い状態だった。新潟交通クハ45形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本雅幸

    坂本雅幸から見た佐渡島佐渡島

    2002年、高校3年生の秋、小さい頃から一心に思い続けてきた、プロの演奏家になる夢に自分を近づけるため、世界中の舞台で活躍する日本の代表的な太鼓集団「鼓童」の研修生に応募、審査に合格。岡山県立津山東高等学校を卒業後、2003年春より新潟県・佐渡島にある鼓童文化財団研修所に入所、2年間にわたる研修生活では太鼓の稽古をはじめ、笛や舞踊、そのほか国内外の民族芸能の文化と技能を学ぶこととなった。2005年、狭き門である鼓童の採用審査を通過、レギュラー奏者への登竜門といえる1年(程度)の準メンバーの座を獲得。坂本雅幸 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮華峰寺

    蓮華峰寺から見た佐渡島佐渡島

    創建の時期や事情については明らかでないが、寺伝では大同元年(806年)、佐渡が京都の海上の鬼門にあたることから、王城鎮護の霊場として空海によって開かれたという。開山の年を大同2年(807年)とする記録もある。また、800年代中期に天台僧によって開かれたとする異説もある。蓮華峰寺 フレッシュアイペディアより)

  • 狸憑き

    狸憑きから見た佐渡島佐渡島

    狸憑き(たぬきつき)は、タヌキの霊が人に憑依するという日本のシャーマニズム。四国や佐渡島の他、青森県や岩手県などに伝えられている。狸憑き フレッシュアイペディアより)

367件中 61 - 70件表示