367件中 71 - 80件表示
  • 古座川の一枚岩

    古座川の一枚岩から見た佐渡島佐渡島

    一枚の岩盤としては佐渡島の大野亀(高さ約167m)や屋久島の千尋の滝(高さ約200m、幅約400m)などとともに日本最大級とされる。古座川の一枚岩 フレッシュアイペディアより)

  • 離島戦隊サドガシマン

    離島戦隊サドガシマンから見た佐渡島佐渡島

    3頭身の戦隊キャラが3人で「佐渡の自然を守るため、そして何より、全国に佐渡を自慢するため」というのがその使命。後からライバルキャラ「ズルガシマン」も加わった。離島戦隊サドガシマン フレッシュアイペディアより)

  • 関源吉

    関源吉から見た佐渡島佐渡島

    1870年(明治3年)に東京に戻り、この頃秀甫が根岸に教場を開いていたのに付いて、高橋杵三郎、大沢銀次郎に指導を受ける。しかしほどなく秀甫は遊歴に出て江戸を離れ教場も解散したため、源吉も17歳ながら信州、上州の遊歴に出る。翌年帰京するが、1875年に伊豆で療養中に、沼津にいる中村正平の許に滞在していた秀甫を訪ね、秀甫に二子でジゴとした。1877年には大阪で泉秀節に先で打ったが先二となり、吉原文之助に先番逆コミ5目で敗れ、阿部亀次郎先相先から先番逆コミ2目に打込まれる。九州にも足を伸ばし、1881年末に東京に戻り、翌1月に方円社に初段をもって入社。次いで二段、4月には三段に進んだ。しかし脳病に冒されて対局を禁じられ、1883年に方円社を退社。上州を経て新潟に滞在し、新潟市櫻井浅二郎二段、五泉町伊藤源次郎(のち三段)、長岡関文八初段、佐渡島田中得太郎初段と交流した。関源吉 フレッシュアイペディアより)

  • 続縄文時代

    続縄文時代から見た佐渡島佐渡島

    続縄文時代には、北海道北部が大陸・樺太方面から、北海道南西部が本州からの文化と産物の流入の窓口になっていた。北方産とみられる琥珀製の玉類が北海道から東北地方北部にまで分布し、佐渡島産とみられる碧玉製の管玉が石狩川河口付近までみられる。逆に続縄文文化が北海道の外に拡大する動きもあり、樺太南部や東北地方北部、千島列島に広がっていた。続縄文時代 フレッシュアイペディアより)

  • サワガニ

    サワガニから見た佐渡島佐渡島

    日本固有種で、青森県からトカラ列島(中之島)までの分布とされている。本土周辺の島嶼では、佐渡島、男女群島、壱岐諸島、種子島、隠岐諸島、五島列島、屋久島なども生息が報告されている。稚ガニとして孵化することから長距離の移動能力に欠ける為、地域集団毎に遺伝子レベルでの分化が認められる。また、21世紀初頭の時点では移入種と見られる個体が北海道にも分布するとの情報がネット上に散見されるが、信頼のおける専門家(博物館・大学・水産研究所・学会等)による野生個体の確認は一切報告されていない。 どうやら国立環境研究所が以前行った市民調査(既に終了)による結果が裏付けのないままネット公開され,ウィキペディアを通じて拡散したことが原因らしく、サワガニを見たことのない北海道民が川に広く分布するモクズガニをサワガニと誤認し、20年以上にわたり報告し続けてきたこと(北海道全土に分布することになっている)による可能性が高い。サワガニ フレッシュアイペディアより)

  • 常葉隆興

    常葉隆興から見た佐渡島佐渡島

    1918年に父が死去。叔父の金太郎によってキリスト教信仰に導かれ、同年1918年、日本基督教会の指導者植村正久牧師より富士見町教会にて洗礼を受ける。叔父の金太郎は1905年に植村正久より洗礼を受け、1916年に日本基督教会伝道局巡回教師嘱託として佐渡島で伝道活動した人物で、戦闘的デモクラットと呼ばれた郷土史家であった。常葉隆興 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥獣保護区

    鳥獣保護区から見た佐渡島佐渡島

    小佐渡東部鳥獣保護区 - 新潟県、昭和57年3月31日指定鳥獣保護区 フレッシュアイペディアより)

  • BSN新潟放送局

    BSN新潟放送局から見た佐渡島佐渡島

    当送信所は、新潟市中央区山二ッ5丁目10番地に置かれ、下越地方や佐渡島の広範囲に電波を発射している。BSN新潟放送局 フレッシュアイペディアより)

  • ダイミョウセセリ

    ダイミョウセセリから見た佐渡島佐渡島

    日本では北海道渡島半島から長崎県にかけて(離島では佐渡、隠岐、対馬、五島列島)の林地に分布する。渡島半島では日本海側で見られ、八雲町での記録が北限。関東など一部地域では平地でも見られるが、それ以外の地域では平地ではあまり見られない。ダイミョウセセリ フレッシュアイペディアより)

  • ふるさとチャイム

    ふるさとチャイムから見た佐渡島佐渡島

    なお、停車駅周辺地域の楽曲を用いているが、停車駅の所在する都市というよりは、その周辺(時に当該駅より数十キロも離れた箇所)にある代表的な観光地絡みの楽曲が多い(熊谷駅→秩父市の「秩父音頭」、高崎駅→桐生市の「八木節」、新潟駅→佐渡の「佐渡おけさ」など)。また、大宮駅等のように新民謡を入れたものも多く、さらに北上駅と越後湯沢駅以外の全ての駅は、その土地の民謡や音頭(または唱歌・童謡)を採用したため、当時最新鋭であった新幹線のイメージに合わない点もあり、この意味で無理もあったとされる。その中でも、「北上夜曲」(北上駅)と「湯沢旅情」(越後湯沢駅)は例外的に流行歌が採用された珍しいケースであった。ふるさとチャイム フレッシュアイペディアより)

367件中 71 - 80件表示