492件中 81 - 90件表示
  • 九学会連合

    九学会連合から見た佐渡島佐渡島

    九学会連合による共同調査は、前期には離島などの特定地域で行われ、後期にはテーマ別に全国規模で行われた 。共同研究の地域とテーマ(と報告書刊行年)は、対馬(1954)、能登(1955)、奄美(1959)、佐渡(1964)、下北(1967)、利根川(1971)、沖縄(1976)、奄美(1980)、風土(1985)、沿岸文化(1989)、均質化(1994)だった。日本言語学会からの参加者は、前期には各地の方言記述・言語地理学的調査などを行い、後期には一定地域のまたは全国の方言分布調査を行った。成果は方言学の発展に寄与した。九学会連合 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県道194号辰巳中興線

    新潟県道194号辰巳中興線から見た佐渡島佐渡島

    新潟県道194号辰巳中興線(にいがたけんどう194ごう たつみなかおきせん)は、新潟県佐渡市内(佐渡島内)の一般県道。新潟県道194号辰巳中興線 フレッシュアイペディアより)

  • 尾留川正平

    尾留川正平から見た佐渡島佐渡島

    1976年(昭和51年)4月、立正大学教授に着任し、後進の育成に努めた。立正大学の正規の教員としては2年弱勤めただけであるが、それまでに30年近く非常勤講師として立正大学の地理教育に携わっていた。1977年(昭和52年)の秋には嘔吐しながらも伊豆と佐渡島での巡検に同行し、佐渡から戻ってすぐ青野壽郎の勧めで桜井病院に入院、慶應義塾大学病院へ転院して、12月31日に退院、自宅療養に入った。病床でも原稿を執筆するために統計数値を計算していたという。尾留川正平 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡小木地震

    佐渡小木地震から見た佐渡島佐渡島

    佐渡小木地震(さどおぎじしん)とは、1802年12月9日(享和2年11月15日)に佐渡島小木付近で発生したマグニチュード M6.5から7.0と推定される地震で、享和佐渡地震とも呼ばれる。震源は佐渡島南方海域の東経138.35° 北緯37.8°付近と考えられている。津波発生の記録はない。佐渡小木地震 フレッシュアイペディアより)

  • 関源吉

    関源吉から見た佐渡島佐渡島

    1870年(明治3年)に東京に戻り、この頃秀甫が根岸に教場を開いていたのに付いて、高橋杵三郎、大沢銀次郎に指導を受ける。しかしほどなく秀甫は遊歴に出て江戸を離れ教場も解散したため、源吉も17歳ながら信州、上州の遊歴に出る。翌年帰京するが、1875年に伊豆で療養中に、沼津にいる中村正平の許に滞在していた秀甫を訪ね、秀甫に二子でジゴとした。1877年には大阪で泉秀節に先で打ったが先二となり、吉原文之助に先番逆コミ5目で敗れ、阿部亀次郎先相先から先番逆コミ2目に打込まれる。九州にも足を伸ばし、1881年末に東京に戻り、翌1月に方円社に初段をもって入社。次いで二段、4月には三段に進んだ。しかし脳病に冒されて対局を禁じられ、1883年に方円社を退社。上州を経て新潟に滞在し、新潟市櫻井浅二郎二段、五泉町伊藤源次郎(のち三段)、長岡関文八初段、佐渡島田中得太郎初段と交流した。関源吉 フレッシュアイペディアより)

  • 日陣

    日陣から見た佐渡ヶ島佐渡島

    日陣(にちじん、延元4年/暦応2年4月21日(1339年5月30日) - 応永26年5月21日(1419年6月14日))は、法華宗陣門流の門祖(派祖)である。宗門の高祖(宗祖)日蓮有縁の地佐渡ヶ島(佐渡国)の東岸、北陸道の越後国瀬波郡加治庄荒川郷(現在の新潟県胎内市)にて生誕。父は佐々木高貞、母は今出川兼季の娘妙菊で、俗姓は栗原氏とされる。日陣 フレッシュアイペディアより)

  • 中山信安

    中山信安から見た佐渡島佐渡島

    相模国で生まれる。漢学を東条琴台に、蘭学を緒方洪庵に学び、開国論を唱えた。神奈川奉行所定番役、新徴組支配定役、御蔵奉行、鉱山取締、佐渡奉行所組頭などを務めた。戊辰戦争が始まると、奉行が退去した後に迅雷隊を組織。会津藩士などの来島に対しその駐屯を拒否した。新政府に対して統治者の派遣を要請し、中山が佐渡県権判事の辞令を受けた。慶応4年7月3日(1868年8月20日)御雇・佐渡国取締となる。明治元年11月(1868年-1869年)越後府権大参事・奥平謙輔が佐渡に渡り、中山は金塊などを引き渡した。明治2年2月13日(1869年3月25日)佐渡取締を免ぜられた。中山信安 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県道216号大瀁直江津線

    新潟県道216号大瀁直江津線から見た佐渡島佐渡島

    佐渡汽船 - 小木航路(直江津港ターミナル(上越市港町1丁目) - 佐渡島・小木港ターミナル(佐渡市小木町))を運行する海運会社。当県道の終点付近に、同航路の「直江津港ターミナル」が存在する。なお、同航路は国道350号に指定されている。新潟県道216号大瀁直江津線 フレッシュアイペディアより)

  • 大須銀山

    大須銀山から見た佐渡島佐渡島

    大須銀山(おおすぎんざん)とは、江戸時代に佐渡島(新潟県佐渡市)に存在した銀山。佐渡島に坑道掘りの技術が石見銀山から伝えられたのが16世紀末であること、既に1604年の文献に記載されていることを勘案すれば、江戸初期にはかなり有力な銀山であったことが推測される。なお、掘削を終了した年次(おそらく江戸年間)は不明。朝と晩に三貫目の量の銀を産出したことから大須三貫目とも呼ばれた。大須銀山 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝楽舎

    大滝楽舎から見た佐渡島佐渡島

    大滝楽舎(おおたきがくしゃ、Otaki Gakusha)は、新潟県・佐渡市羽茂大崎にある郷土文化資料館である。地域おこしの一環としてボランティア市民団体南佐渡移住者お世話本部が運営しており、佐渡島内外の地域コミュニティとしても機能している。大滝楽舎 フレッシュアイペディアより)

492件中 81 - 90件表示

「佐渡のできごと」のニューストピックワード