109件中 41 - 50件表示
  • 佐渡島

    佐渡島から見た国民クイズ

    加藤伸吉(画)と杉元伶一(物語)『国民クイズ佐渡島 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡島

    佐渡島から見た浄瑠璃

    また、京都から流罪された文人・政治家などが都の文化を伝えた影響からかさまざまな伝統芸能が受け継がれている。有名なのは能である。江戸時代には200を超える能舞台があり、現在も32余りの能舞台が残っている。人口当たりの能舞台数は、江戸時代も現在も全国一となっている。これらの能舞台は、今も、春から秋にかけ薪能などイベントや祭りで利用されており、各地区の希望する子供達が大人から指導を受けて演じている。これは能の大成者である世阿弥が配流された影響であるといわれている。古浄瑠璃、文弥人形、のろま人形、説教人形、獅子舞なども代々受け継がれ、現存している。佐渡島 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡島

    佐渡島から見た汽水湖

    国仲平野は、島の平野としては広く、多くの川で潤い、水稲栽培が行われている。国仲平野の西側に真野湾、東側に両津湾がある。国仲平野を流れる国府川は真野湾に注ぐ。国仲平野の東端にあり、新潟県で最大の湖である加茂湖(汽水湖)と真野湾の二ヶ所でカキの養殖が行われている。佐渡島 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡島

    佐渡島から見たウンシュウミカン

    大佐渡山地の北側海岸は、山が海に迫る景勝地で、断崖絶壁そして無数の岩礁が約50kmにわたって連なり、中でも尖閣湾が有名である。小佐渡山地は、大佐渡山地に見られる荒々しさがなく、自生のみかんや茶も見られる穏やかな丘陵地帯となっている。佐渡島 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡島

    佐渡島から見た佐渡奉行

    関ヶ原の戦いの後、佐渡は徳川家の支配地となった。1601年(慶長6年)には佐渡金山が発見された。佐渡では、それ以前の戦国時代中期頃から、鶴子銀山等で銀が採掘されていたが、佐渡金山の金の産出量は群を抜いて多く、そのため、江戸幕府は、藩を置かずに佐渡を天領として、佐渡奉行所を相川に置き、幕府自ら直接統治を行った。明治維新では戦火を免れた。佐渡島 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡島

    佐渡島から見た両津市

    かつては、両津市、相川町、佐和田町、金井町、新穂村、畑野町、真野町、小木町、羽茂町、赤泊村が存在していたが、2004年(平成16年)、島内全ての地方公共団体が平成の大合併をし、現在は佐渡市1市のみとなっている。佐渡島 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡島

    佐渡島から見た両津湾

    国仲平野は、島の平野としては広く、多くの川で潤い、水稲栽培が行われている。国仲平野の西側に真野湾、東側に両津湾がある。国仲平野を流れる国府川は真野湾に注ぐ。国仲平野の東端にあり、新潟県で最大の湖である加茂湖(汽水湖)と真野湾の二ヶ所でカキの養殖が行われている。佐渡島 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡島

    佐渡島から見たカツオ

    暖流と寒流の接点にあるため、植生に極めて富んでおり、島内で北海道・沖縄両地方特有の植物が同居する、非常に珍しい植生地域である。また、暖流にのって現れるシイラ、カツオ、アオリイカ、寒流にのって現れるブリなどの多様な水産物にも恵まれている。佐渡島 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡島

    佐渡島から見たサドモグラ

    サドモグラ(佐渡の固有種)佐渡島 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡島

    佐渡島から見たアオリイカ

    暖流と寒流の接点にあるため、植生に極めて富んでおり、島内で北海道・沖縄両地方特有の植物が同居する、非常に珍しい植生地域である。また、暖流にのって現れるシイラ、カツオ、アオリイカ、寒流にのって現れるブリなどの多様な水産物にも恵まれている。佐渡島 フレッシュアイペディアより)

109件中 41 - 50件表示