前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
120件中 1 - 10件表示
  • 宮崎学

    宮崎学から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    2006年より、佐藤優、魚住昭らとメディア勉強会「フォーラム神保町」を運営。佐藤優とは『国家の崩壊』を共著で出版。佐藤が直接経験したソ連崩壊について聞き出している。宮崎学 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男事件

    鈴木宗男事件から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    日本共産党参議院議員の筆坂秀世は2回目の国会追求をする際に「共産党に国会で質問してもらいたい事柄に関する外務省の秘密書類が、質問当日の朝、議員会館に届けられた」と証言している。事実、佐々木代議士は、「国後島緊急避難所兼宿泊施設(メモ)」という外務省の秘密内部文書を質問に使用した。さらにこの点については、鈴木本人や共に逮捕された佐藤優(元・外務省国際情報局分析第一課主任分析官 現在は作家として活動)も、共著の中で筆坂をゲストという形で招いて対談し、米国との同盟関係を強めていた小泉政権の下で、ロシアとの独自のパイプを持って外交にイニシアティブを発揮していた鈴木を失脚させたい外務省が、鈴木の利権問題をとらえて、日本共産党の質問に乗った疑惑があることに言及し、これを非難している。鈴木宗男事件 フレッシュアイペディアより)

  • 米原万里

    米原万里から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    1966年4月、明星学園高等学校入学、1969年3月に卒業。同年4月、榊原舞踊学園民族舞踊科入学。1971年3月に同校を中退し、同年4月、東京外国語大学外国語学部ロシア語学科に入学、この頃に日本共産党入党。1975年3月に同大を卒業し、同年4月、汐文社に入社。1976年3月、同社を退社し、同年4月、東京大学大学院人文科学研究科露語露文学専攻修士課程に進学。1978年3月、同修士課程修了。が、死亡時『しんぶん赤旗』訃報欄には、党歴無記載ではあるが掲載された。後年(2002年5月13日)、逮捕直前の佐藤優に米原は「私は共産党に査問されたことがある。あのときは殺されるんじゃないかとほんとうに怖かったわ。共産党も外務省も組織は一緒よ」と語っている。また、日本共産党から離れた後も「今の社会の仕組みや矛盾を説明するのに、カール・マルクスほどぴったりな人はいないわよ。絶対的とは言わないけれど、今読むことのできる思想家の中では、あれほど普遍的に世の中の仕組みや矛盾をきちんと説明できる思想家は他にいない」とたびたび語っていた。米原万里 フレッシュアイペディアより)

  • 新潮ドキュメント賞

    新潮ドキュメント賞から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    佐藤優 『自壊する帝国』(新潮社)新潮ドキュメント賞 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男

    鈴木宗男から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    佐藤優同様、親イスラエルの姿勢を見せている。2009年のイスラエルによるガザ侵攻に際しては、3度にわたって質問主意書を提出した。ガザ地区を実効支配するハマースをテロ組織とする見解から、パレスチナへの1000万ドルの緊急人道支援は「我が国はテロ支援をし、テロに担する国であるというアピールをすることに等しく、我が国の国益を損なうことに繋がるのではないか」(2回目)と質問している。政府は麻生太郎首相の名で、ハマースを「テロリスト等一団体と認識している」こと、人道支援は「国際機関を通じて実施するものであり、御指摘は当たらない」とする回答を出した。「武力紛争が起きた原因はハマス側にあるとするイスラエル政府の右認識は、政府の認識と同じものか」(3回目)に対しては、「個別具体的原因を特定することは困難」と政府側は答弁した。鈴木宗男 フレッシュアイペディアより)

  • 小林よしのりの関連人物

    小林よしのりの関連人物から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    佐藤優(起訴休職外務事務官・文筆家)※ 詳しくはこちらを参照小林よしのりの関連人物 フレッシュアイペディアより)

  • 村上正邦

    村上正邦から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    ニュース番組のインタビュー取材等の形でテレビにも出演している。2006年4月30日、テレビ朝日系列のニュース番組「スーパーJチャンネル」に出演。堀江貴文保釈のニュースの中で、同様に逮捕・東京拘置所拘置経験者である鈴木宗男・佐藤優とともに奈良県吉野を訪れ、後醍醐天皇陵を参拝して再起を誓った後、鼎談する様子が放送された。また山田洋行事件で逮捕された守屋武昌にも逮捕後に差し入れをするなどして人脈を広げている。これにより、逮捕・起訴されて刑事被告人と自分と同じ境遇を受けた鈴木宗男・佐藤優・守屋武昌ら様々な分野で政官界の舞台裏を知りうる主要人物と人脈ネットワークを構築している。村上正邦 フレッシュアイペディアより)

  • 大川周明

    大川周明から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    佐藤優による解説刊行。(小学館 2006年)大川周明 フレッシュアイペディアより)

  • 杉原千畝

    杉原千畝から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    1991年(平成3年)10月には、鈴木宗男・外務政務次官(当時)が幸子夫人を招き、杉原副領事の人道的かつ勇気ある判断を高く評価し、杉原副領事の行動を日本人として誇りに思っているとし、併せて、半世紀にわたり外務省と杉原副領事の家族との間で意思の疎通を欠いていた無礼を謝罪した。しかし、当時まだ外務省に在職していた佐藤優は、『国家の罠』(2005)において、その名誉回復すら「当時の外務省幹部の反対を押し切」 ってなされたものであったとし、千畝の不服従に対する外務省関係者の執拗な敵意の存在を証言している。杉原千畝 フレッシュアイペディアより)

  • 石川知裕

    石川知裕から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    小沢事務所の調査をしていた『週刊新潮』は、2009年4月2日号で、石川が大久保と秘書時代に、違法な献金や自身のソープランド代までもを請求していたとする自称元後援者かつ元私設秘書の言動を、その証拠と主張する写真と共に掲載した。ちなみに、この自称元後援者は、自身に対し、石川が詐欺を働いたという主張を行い、そのためにそれらの資料と共に今までの小沢事務所から要求のあった違法献金に資料などを公開し訴えるとしたが、その後訴訟がおこったという事実はない。弁護人は敏腕で人権派として有名な安田好弘。石川の相談にのっている佐藤優は、安田を弁護人とし起用したことについて、「安田好弘さんのような人権派の弁護士、こういった人をつけている」と述べた上で、小沢は本当に石川を守ろうとしていると評価した。石川知裕 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
120件中 1 - 10件表示

「佐藤優」のニューストピックワード