120件中 31 - 40件表示
  • 的場昭弘

    的場昭弘から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    『国家の危機』(共著:佐藤優、KKベストセラーズ、2011年)的場昭弘 フレッシュアイペディアより)

  • クーリエ・ジャポン

    クーリエ・ジャポンから見た佐藤優 (外交官) 佐藤優 (外交官)

    「グローバル化時代の明日を読む記事を厳選!」として、経済やビジネス、流行などについて。07年5月から、森巣博、ポール・クルーグマン、佐藤優、山形浩生の連載が加わった。クーリエ・ジャポン フレッシュアイペディアより)

  • ゴーマニズム宣言スペシャル・天皇論

    ゴーマニズム宣言スペシャル・天皇論から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    皇位・皇統の継承については、古代における雄略天皇や武烈天皇を例を挙げ、人格・徳治主義は別問題だと触れる一方、南北朝の評価については、儒教に立脚した王道・徳治主義、それも朱子学を旨としていた南朝を正統としている。南朝正統論に関しては小林と沖縄論を巡って対立する佐藤優と立場を同じくする。ゴーマニズム宣言スペシャル・天皇論 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎正弘

    宮崎正弘から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    猛毒国家に囲まれた日本 ロシア・中国・北朝鮮 佐藤優共著. 海竜社, 2010.3.宮崎正弘 フレッシュアイペディアより)

  • 創 (雑誌)

    創 (雑誌)から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    佐藤優:ナショナリズムという病理創 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・マクグラス

    アリスター・マクグラスから見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    佐藤優は、日本語で読めるおそらく唯一の神学の包括的文献としてマクグラスの『キリスト教神学入門』を挙げ、この本の利点は外国語、古典語の障壁を感じることなく神学の基礎知識を習得できることだとしつつ、同時にこれはイングランド国教会の立場が正しいと思う方向に誘導されるよう構成された国教会の弁証的、論争的な本だとも指摘している。アリスター・マクグラス フレッシュアイペディアより)

  • マンガ 嫌韓流

    マンガ 嫌韓流から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    佐藤優は「思想の質とその影響力は、まったく別の問題だ。功利主義者の筆者は、この種の知的水準があまり高くないにもかかわらず、現実に無視できない影響を与える思想(例えば、漫画家が行う歴史や政治思想の読み解き)がもつ危険性について、有識者はもう少し敏感になるべきと思う」と書いた。後日、この漫画家とは小林よしのりのことかと問われた佐藤は「違います。『マンガ嫌韓流』(晋遊舎)を描いた山野車輪さんのことです。」と語った。マンガ 嫌韓流 フレッシュアイペディアより)

  • ヨセフ・ルクル・フロマートカ

    ヨセフ・ルクル・フロマートカから見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    ヨセフ・ルクル・フロマートカ(、1889年6月8日 - 1969年12月26日))は、チェコのプロテスタント神学者。日本では元外交官の佐藤優が自著で紹介したり、翻訳を出したりしている。日本ではロマドカの名称でも知られる。ヨセフ・ルクル・フロマートカ フレッシュアイペディアより)

  • 偏向報道

    偏向報道から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    また、元外交官の佐藤優も「暴動」表記は中国共産党・政府側の立場に基づく表現と指摘し、中立的な観点から「騒擾」や「事件」と表記すべきとしている。そのうえで、多くの新聞が当初「暴動」と報じた点を問題視しており、当初から「騒乱」と表記した『朝日新聞』に対しては「民族紛争に関する報道では、こういう細部への配慮が重要」と評価している。一方で、「暴動」と表記し続ける『産経新聞』に対して「なぜ中国当局と同じ『暴動』という表現を用いるのか?」と疑問を呈している。偏向報道 フレッシュアイペディアより)

  • ライブドア事件

    ライブドア事件から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    ライブドアの株式市場の私物化、政治や経済までを牛耳ろうとする同社や堀江貴文の姿勢に対する政財界の危機感が理由にあげられている。また、東京地検元特捜部長の大鶴基成の、「額に汗して働く人、リストラされ働けない人、違反すれば儲かると分かっていても法律を遵守している企業の人たちが憤慨するような事案を万難を排しても摘発したい」という発言にみられるような国民感情を代弁したかったということもあげられている。このため、ライブドア事件の捜査は規制緩和が進んだ新自由主義の行き過ぎを是正するための国策捜査だったのではないかという指摘もある。佐藤優は、国策捜査は「時代のけじめ」をつけるためにおこなわれると述べているが、実際、日本が銀行の不良債権問題に起因した長期不況にあえいでいたころ、堀江は規制緩和と過剰流動性という金余りを享受していた。しかし、竹中平蔵が金融担当大臣に就任してからは銀行の不良債権問題は解決に向かい、それにつれ景気は回復し、日本銀行は2006年3月9日、過剰流動性を生んだ量的緩和の解除を決めた。そのような時代の転換点に強制捜査がおこなわれたという。ライブドア事件 フレッシュアイペディアより)

120件中 31 - 40件表示

「佐藤優」のニューストピックワード